水道料金等の改定について(素案)に係るパブリックコメントの募集について

岩内町水道事業では、水道料金等の改定について、町民のみなさまのご意見を募集しております。
詳しくは、下記をご覧ください。

◆意見募集期間  10月15日(金)~11月14日(日)

◆提出方法    次の事項を明記のうえ、閲覧場所に設置の回収箱に投函いただくか、

郵送、FAX、電子メールまたは直接ご持参ください。(様式自由)
①氏名(団体の場合は団体名と代表者名) ②住所 ③連絡先(電話番号)  ④意見
※閲覧場所 ・役場1階ロビー ・文化センター図書室 ・老人福祉センター ・人材開発センター
[ ご意見はこちらの用紙から ]

◆問合せ・提出先
〒045-8555 岩内町字高台134番地1
岩内町役場 上下水道部 経営管理課 経理係・業務係
電話  0135-67-7093(直通) FAX 0135-67-7103
メール suido@town.iwanai.lg.jp

 

↓ 料金改定の素案はこちらです。

 

【料金改定の必要性】

当町の水道料金は、消費税及び地方消費税の対応を除き、昭和52年度の引き下げを最後に今日まで据え置いてきました。
しかしながら、近年、資金の減少が顕著に表れてきており、令和4年度以降、資金不足が恒常化する見通しであることから、40年ぶりに「料金改定」が必要と考えております。
資金不足の主な原因としては、人口減少に伴う給水収益の減収に歯止めがかからない中、昭和48年度から昭和51年度に整備された「主要水道施設」の大部分が耐用年数を迎え、更新経費が急増してきたことによるものです。特に老朽化した配水管路は、漏水の可能性が高く、加えて、災害発生時には断水の恐れが伴うなど、住民生活に大きな影響を与える可能性もあるため、計画的に対処していかなければなりません。
この度の料金の改定は、ライフラインである水道を「安心」・「安全」に未来に繋げていくため、一定の負担増をお願いしようとするものでありますが、事業者側としても経常経費の縮減や収納対策の強化など、従来からの自助努力を継続していくとともに、知恵を絞り、より効率的な経営が図られるよう最善を尽くしてまいります。

【料金改定の概要】

40数年ぶりの料金改定であることから、住民生活に与える影響や事業資金の状況を踏まえ、料金体系や基本水量などの基本形態を維持しつつ、審議会で示された
給水収益全体の「25%」のベースアップを基本に議論を進めております。

■ 実施時期(案)   令和4年4月(5月検針分から)

■ 平均改定率     全体:24.9%  (基本料金 + メーター使用料:24.6パーセント) (超過料金:25.3%)

■ 料金算定期間    5年間

参照 : 現行の料金表と新料金表(案)の比較 → 料金表比較 [ こちらをクリックしてください ]

 

【これまでの議論の経過(概略)】

令和元年10月、「岩内町水道事業経営戦略」を策定し、「料金改定」の必要性を議会や住民の皆様へお知らせいたしました。
その後、直ちに「料金改定」に向けて議論をスタートする予定でしたが、新型コロナウイルス感染症の影響により、約1年間、本格的な議論を先送りせざるを得ませんでした。
依然、コロナ禍の状況ではありますが、これ以上審議を先送りすることは避けなければならないことから、令和3年1月20日、町議会議員、有識者、各種団体代表者、水道使用者の区分から、10名の構成による「岩内町上下水道料金等審議会」を立ち上げ、以後、現在まで6回の審議を重ねてまいりました。
料金の改定にあたっては、経営状況を詳しく分析し、中長期的な収支見込を十分に精査するとともに、使用者側の視点も含めた幅広い見地から議論をしてまいりました。

【主な料金改定の内容】

1.改定率を抑えるため、料金改定を段階的に実施します。 (第3・4回審議会にて審議)

近年の必要資金(年間72,000千円程度)を得るためとしては、30%を超える非常に高い改定率が必要であり、10年間の
中長期的な視点に立ち、次の3つの案を議論いたしました。いずれも、今後の経営努力を前提に、年度末資金残高が30,000千
円程度保有できるものとした財政予測に基づいております。

料金算定期間         改定率Ⅰ   改定率Ⅱ   改定率Ⅲ
令和4年度~ 令和8年度    30%    25%    20%
令和9年度~令和13年度    20%    15%    20%

今回の料金改定は改定率Ⅱをベースとし、算定期間を5年として実施します。
(令和9年度~令和13年度については、審議の過程で試算しておりますが、今後の経営状況等により変わりますので、

次回の料金改定時に改めて審議いたします。)

※議案、資料、開催結果はご覧になりたいところをクリックしてください
第3回議案
第3回 資料①
第3回 資料②
第3回 資料③
第3回 開催結果
第4回議案
第4回 資料①
第4回 資料②
第4回 開催結果

 

2.水道料金とは別に現行同様、メーター使用料を設けます。 (第4回審議会にて審議)

水道メーターに係る料金を明確に区分することや、支払方法の選択肢(分割・一括)を維持するために、メーター使用料を現行どおり設定いたします。

(この手法を維持することにより、料金改定率は約2%程度圧縮となります。)

第4回議案
第4回 資料①
第4回 資料②
第4回 開催結果

3.「用途別」料金体系を継続し、各用途間の負担割合の変更はしません。 (第4回審議会にて審議)

用途別の料金体系(家事用、業務用などの用途によって設定する料金体系)を継続します。
また、今回は、特定の用途の負担を多くしたり少なくしたりせず、従来と同じ負担割合とします。

第4回議案
第4回 資料①
第4回 資料②
第4回 開催結果

4.逓減型の超過料金(業務用・団体用・工業用)を継続します。 (第4回審議会にて審議)

水道創設当初に商工業振興のため導入された、逓減型の超過料金(使用水量が多くなるほど単価が下がる料金体系)を、コロナ禍の影響を考慮し、

今回は継続します。

第4回議案
第4回 資料①
第4回 資料②
第4回 開催結果

5.「基本水量」及び「基本料金と超過料金の構成比」を現行どおりとします。 (第5・6回にて審議)

当面は、安定的な事業資金の確保と、負担の公平性を最優先し、急激な変更によって新たに発生する利用者間の格差を避けるため
基本水量を10㎥とし、基本料金(メーター使用料を含む)と超過料金の構成比も現行どおり配分します。

第5回議案
第5回 資料①
第5回 資料②ー1
第5回 資料②ー2
第5回 資料②ー3
第5回 資料③
第5回 資料④
第5回 資料⑤
第5回 資料⑥
第5回 開催結果
第6回議案
第6回 開催結果

【上下水道料金等審議会の情報公開について】

これまで、6回の審議会を開催し、様々な議論をいたしました。
なお、審議会での資料等は岩内町ホームページに各審議会ごとに掲載しておりますので、ご覧願います。

また、役場上下水道部(経営管理課)においても随時配布いたします。
(URL:https://www.town.iwanai.hokkaido.jp/Page_id=58965)

【料金表の比較】

現行の料金表と新料金表(案)の比較 → 料金表比較 [ こちらをクリックしてください ]

資料① 全道 水道料金比較表

資料② 推移グラフ