9月10日は下水道の日

毎年、9月10日は下水道の日です!

岩内町では「きれいな街・豊かな自然を次の世代につなげたい」と願う多くの方々の要望を受け、平
成12年から下水道事業の工事が始まりました。

その後、多くの方々の尽力と多額の資金投入により下水道に接続できる区域を徐々に拡大していき、
令和2年度末には町内人口の約70%の方が下水道に接続できるようになりました。

また、下水道への接続率は52.1%となっております。(この率は、先行して事業開始している全
道の他の市町村と比べると、残念ながらあまり高くありません)

この度、「下水道の日」に合わせ、下水道の大切さ、下水道に対する理解を深めていただくため、

共下水道PRパネル展示コーナーを1階4番窓口前に設置いたしました。(設置期間:9月10日~9月24日)

このパネル展を契機に下水道に興味をお持ちいただき、接続をご検討いただけると幸いです。

 

~以下、下水道コラム~

下水道の接続については、工事が必要となるためお金がかかります。
そうなると、今も普通に暮らせている以上、お金をかけてまで接続するメリットなんてあるのでしょ
うか?そう思う方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、接続することにメリットは存在するのです。
例えば、トイレが現在「汲み取り式」や「簡易水洗」である方については、トイレについては完全に
水洗化となるため、綺麗で清潔になり、嫌な臭いも少なくなります。そうなると、ただ用を足すための
トイレではなく、癒しの空間としての意味を持つこととなります。

メリットはそれだけではなく、「自分が住む町」の今後の自然環境が守られることとなります。
皆さんは、生活排水などが垂れ流された川や海などを見たことはあるでしょうか。(いわゆるドブ川)
景観も悪く、悪臭を放っており、近隣に住む人は勿論、旅で訪れた人が見たらどう思うでしょうか。
きっと、
「汚い町だな」
そう思う方がいらっしゃるでしょう。自分の町をそう思われてしまうのはいい気分ではないですよね。
接続により自然環境が守られ、「自分の住む町」「自分の育った町」をきれいに後世に残すことができ
ます。

下水道接続によって、「かけがえのないもの」が守られるかもしれません。

 

 

パネル展の内容や公共下水道については、経営管理課(業務係)までお気軽にお問い合わせください。