固定資産税・都市計画税

 

固定資産税

納める人土地、家屋、償却資産を、1月1日現在に所有している人
納める額課税標準額×1.4%
*免税点 課税標準額が土地30万円、家屋20万円、償却資産150万円未満は課税されません

都市計画税

納める人用途地域内の土地、家屋を、1月1日現在に所有している人
納める額課税標準額×0.3%
*固定資産税と合わせて納めて頂いています

納期

●平成31年度から納期が変更となります

現在、最後の納期は3月末となっており、年度末と重なっていることから、税金を納め忘れている方へ連絡するなどの「整理期間」がとても短くなっています。そこで「整理期間」を作り、税金の未納を減らし税の公平性を保つよう、平成31年度より納期が10期(6月~3月)から4期(5月・7月・9月・11月)へ変更となります。納期が少なくなることにより、11月までで納め終りとなりますが、1期あたりの税額が今までよりも増加することとなりますので、納税の計画を立てて、お支払いいただくようお願いいたします。

平成30年度まで平成31年度から
第1期6月16日~6月30日5月1日~5月31日
第2期7月16日~7月31日7月1日~7月31日
第3期8月16日~8月31日9月1日~9月30日
第4期9月16日~9月30日11月1日~11月30日
第5期10月16日~10月31日
第6期11月16日~11月30日
第7期12月16日~12月31日
第8期翌年1月16日~1月31日
第9期翌年2月16日~2月末日
第10期翌年3月16日~3月31日

※役場が休みの場合、休日の次の日が納期となります。

納税の口座振替

毎月、金融機関へ納めに行く手間や納め忘れをなくすため、便利な口座振替をご利用ください。

振替納付日は各納付月の26日です。
※金融機関が休みの場合、休日の次の日が納付日となります。

・申し込み  納税通知書、預金通帳、預金通帳の使用印鑑を持参すると、総務部税務課または取扱金融機関で申し込みできます。

・取扱金融機関
北洋銀行本店・各支店
北海道銀行 岩内支店
北海道信用金庫岩内支店・高台出張所
きょうわ農業協同組合 岩内支所
岩内郡漁業協同組合
ゆうちょ銀行

諸証明

固定資産評価証明書土地、家屋の内容と評価額

1件 200円

固定資産公課証明書土地、家屋、償却資産の内容、評価額、課税標準額、税額

1件 600円

住宅用家屋証明書新増築、取得の事由、登記申請者

1件 1,300円

図面の複写の交付地番現況図の複写

200円
(B4版1枚当たり)

*手数料は証明事項が増すごとに手数料が割り増しとなりますので、事前にお問い合わせください。

郵送による申請

必要なもの1)申請書(必要事項が満たされていれば様式は自由です)
2)郵便小為替  手数料相当額分
3)返信用封筒
4)返信用切手
5)本人確認書類(運転免許証や健康保険証などのコピー)
6)本人及び同居の親族以外の場合は委任状が必要となります
必要事項1)町長宛に申請する旨の文書を記載してください
2)申請される方の住所、氏名、捺印、連絡先の電話番号
3)必要な証明書の種類、内容、数量
4)使用目的
送付先〒045-8555 岩内町字高台134番地1
  岩内町役場 総務部税務課 

固定資産の閲覧、縦覧

区   分閲  覧縦  覧
目   的自分の資産の価格等の内容を確認できる自分の資産価格を他の資産価格と比較ができる
期   間4月1日~翌年3月31日4月1日~5月31日
閲覧、縦覧 のできる方所有者、借地・借家人所有者、納税代理人
確認事項等所有資産の評価、賦課の具体的な内容固定資産税制度、評価、賦課の一般的な内容

家屋を取り壊した場合

家屋を取り壊したときは、税務課へ家屋の滅失届を提出してください。
(登記されている家屋の場合は、法務局に滅失登記をしてください。取り壊した翌年度から家屋の固定資産税がかからなくなります。)