10月は「食品ロス削減月間」です

食べ残しや売れ残り、期限が近いなどの様々な理由で、食べられるのに捨てられてしまう「食品ロス」。
日本の食品ロス量は、年間600万トン、毎日大型トラック(10トン車)約1,640台分の食品を廃棄しています。
食品ロスは、食品メーカーやスーパーマーケットで発生していると思いがちですが、
食品ロス量の半分は家庭から発生しています。

○家庭からの食品ロスの要因は、主に3つあります。
・料理を作りすぎたりして残る「食べ残し」
・野菜の皮や茎など食べられるところまで切って捨ててしまう「過剰除去」
・未開封のまま食べずに捨ててしまう「直接廃棄」

すこし意識したり、工夫するだけで、食品ロスを減らすことができます。

○家庭で食品ロスを減らすコツ
・買い物時は「必要な分だけ買う
・料理の際は「食べきれる量を作る」、
・食事の際は「おいしく食べきる」ことが基本です。

○賞味期限と消費期限の違いについて

・賞味期限・・・おいしく食べられる期限のことで、この期限を過ぎたからといって、すぐに食べられなくなるわけではありません。

・消費期限・・・過ぎたら食べない方がよい期限のことです。

これらの期限は各食品の開封前の期限が表示されています。

一度開封した食品は、期限に関わらず、早めに食べきりましょう。

食品ロスには、皆様一人一人の「もったいない」を意識して行動していただくことが大切です。

食品ロス減らすために、できることから始めてみましょう。

foodloss

 

■問合せ

町民生活課町民生活係

電話 0135-67-7094