相談事例集(FAQ)


Warning: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead in /home/1206001916/town-iwanai-hokkaido-jp/public_html/work/tunenkoyo/wp-content/plugins/wordpress-faq-manager/faq-manager.php on line 637

Warning: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead in /home/1206001916/town-iwanai-hokkaido-jp/public_html/work/tunenkoyo/wp-content/plugins/wordpress-faq-manager/faq-manager.php on line 638

Warning: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead in /home/1206001916/town-iwanai-hokkaido-jp/public_html/work/tunenkoyo/wp-content/plugins/wordpress-faq-manager/faq-manager.php on line 637

Warning: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead in /home/1206001916/town-iwanai-hokkaido-jp/public_html/work/tunenkoyo/wp-content/plugins/wordpress-faq-manager/faq-manager.php on line 638

Warning: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead in /home/1206001916/town-iwanai-hokkaido-jp/public_html/work/tunenkoyo/wp-content/plugins/wordpress-faq-manager/faq-manager.php on line 637

Warning: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead in /home/1206001916/town-iwanai-hokkaido-jp/public_html/work/tunenkoyo/wp-content/plugins/wordpress-faq-manager/faq-manager.php on line 638

Warning: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead in /home/1206001916/town-iwanai-hokkaido-jp/public_html/work/tunenkoyo/wp-content/plugins/wordpress-faq-manager/faq-manager.php on line 637

Warning: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead in /home/1206001916/town-iwanai-hokkaido-jp/public_html/work/tunenkoyo/wp-content/plugins/wordpress-faq-manager/faq-manager.php on line 638

Warning: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead in /home/1206001916/town-iwanai-hokkaido-jp/public_html/work/tunenkoyo/wp-content/plugins/wordpress-faq-manager/faq-manager.php on line 637

Warning: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead in /home/1206001916/town-iwanai-hokkaido-jp/public_html/work/tunenkoyo/wp-content/plugins/wordpress-faq-manager/faq-manager.php on line 638

Warning: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead in /home/1206001916/town-iwanai-hokkaido-jp/public_html/work/tunenkoyo/wp-content/plugins/wordpress-faq-manager/faq-manager.php on line 637

Warning: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead in /home/1206001916/town-iwanai-hokkaido-jp/public_html/work/tunenkoyo/wp-content/plugins/wordpress-faq-manager/faq-manager.php on line 638

Warning: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead in /home/1206001916/town-iwanai-hokkaido-jp/public_html/work/tunenkoyo/wp-content/plugins/wordpress-faq-manager/faq-manager.php on line 637

Warning: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead in /home/1206001916/town-iwanai-hokkaido-jp/public_html/work/tunenkoyo/wp-content/plugins/wordpress-faq-manager/faq-manager.php on line 638

Warning: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead in /home/1206001916/town-iwanai-hokkaido-jp/public_html/work/tunenkoyo/wp-content/plugins/wordpress-faq-manager/faq-manager.php on line 637

Warning: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead in /home/1206001916/town-iwanai-hokkaido-jp/public_html/work/tunenkoyo/wp-content/plugins/wordpress-faq-manager/faq-manager.php on line 638

Warning: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead in /home/1206001916/town-iwanai-hokkaido-jp/public_html/work/tunenkoyo/wp-content/plugins/wordpress-faq-manager/faq-manager.php on line 637

Warning: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead in /home/1206001916/town-iwanai-hokkaido-jp/public_html/work/tunenkoyo/wp-content/plugins/wordpress-faq-manager/faq-manager.php on line 638

Warning: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead in /home/1206001916/town-iwanai-hokkaido-jp/public_html/work/tunenkoyo/wp-content/plugins/wordpress-faq-manager/faq-manager.php on line 637

Warning: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead in /home/1206001916/town-iwanai-hokkaido-jp/public_html/work/tunenkoyo/wp-content/plugins/wordpress-faq-manager/faq-manager.php on line 638

Warning: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead in /home/1206001916/town-iwanai-hokkaido-jp/public_html/work/tunenkoyo/wp-content/plugins/wordpress-faq-manager/faq-manager.php on line 637

Warning: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead in /home/1206001916/town-iwanai-hokkaido-jp/public_html/work/tunenkoyo/wp-content/plugins/wordpress-faq-manager/faq-manager.php on line 638

Warning: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead in /home/1206001916/town-iwanai-hokkaido-jp/public_html/work/tunenkoyo/wp-content/plugins/wordpress-faq-manager/faq-manager.php on line 637

Warning: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead in /home/1206001916/town-iwanai-hokkaido-jp/public_html/work/tunenkoyo/wp-content/plugins/wordpress-faq-manager/faq-manager.php on line 638

Warning: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead in /home/1206001916/town-iwanai-hokkaido-jp/public_html/work/tunenkoyo/wp-content/plugins/wordpress-faq-manager/faq-manager.php on line 637

Warning: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead in /home/1206001916/town-iwanai-hokkaido-jp/public_html/work/tunenkoyo/wp-content/plugins/wordpress-faq-manager/faq-manager.php on line 638

Warning: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead in /home/1206001916/town-iwanai-hokkaido-jp/public_html/work/tunenkoyo/wp-content/plugins/wordpress-faq-manager/faq-manager.php on line 637

Warning: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead in /home/1206001916/town-iwanai-hokkaido-jp/public_html/work/tunenkoyo/wp-content/plugins/wordpress-faq-manager/faq-manager.php on line 638

Warning: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead in /home/1206001916/town-iwanai-hokkaido-jp/public_html/work/tunenkoyo/wp-content/plugins/wordpress-faq-manager/faq-manager.php on line 637

Warning: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead in /home/1206001916/town-iwanai-hokkaido-jp/public_html/work/tunenkoyo/wp-content/plugins/wordpress-faq-manager/faq-manager.php on line 638

Warning: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead in /home/1206001916/town-iwanai-hokkaido-jp/public_html/work/tunenkoyo/wp-content/plugins/wordpress-faq-manager/faq-manager.php on line 637

Warning: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead in /home/1206001916/town-iwanai-hokkaido-jp/public_html/work/tunenkoyo/wp-content/plugins/wordpress-faq-manager/faq-manager.php on line 638

Warning: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead in /home/1206001916/town-iwanai-hokkaido-jp/public_html/work/tunenkoyo/wp-content/plugins/wordpress-faq-manager/faq-manager.php on line 637

Warning: preg_replace(): The /e modifier is no longer supported, use preg_replace_callback instead in /home/1206001916/town-iwanai-hokkaido-jp/public_html/work/tunenkoyo/wp-content/plugins/wordpress-faq-manager/faq-manager.php on line 638

社会保険について

病院で治療を受けたが注射と薬代で15万円近くかかってしまった。高額医療費の請求をしたいので教えてほしい。

高額医療費の請求は、一度自己負担して、限度額を超えた分をあとで払い戻してもらう制度。この場合、一時的でも持ち出すお金が多くなる。今後も、治療代等がこのような金額になるような場合は、「限度額適用認定」の申請をした方が良い。限度額適用認定とは、限度額までの支払でいい。

現在傷病手当を受けているが今月末で退職した場合、退職後も受けることは出来るか知りたい

退職後の傷病手当は、資格喪失日の前日までに継続して1年以上の被保険者期間がある人が、資格喪失時に傷病手当を受けているか、季節雇用の場合1年以上の被保険者期間がないため退職後の傷病手当は受けられない。

現在72歳なのだが雇用保険は掛けてもらえるのか知りたい

季節雇用の場合は、年齢に関係なく4カ月以上雇用の見込みの場合は雇用保険に入らなければいけないことになっている。

今月の社会保険料が先月より多く引かれているのは保険料の改定でしょうか?

保険料の改定は、健康保険3月、厚生年金9月となっているので、8月に保険料が変更されているとすれば、昇級した賃金の支払い月から3カ月の平均賃金が、従来の標準報酬月額より2等級以上の上昇があった場合7月から変更になり8月の給与から7月分の保険料となる。

作業中に足首を捻り労災保険の休業補償給付を受けたが退職したら休業補償給付は受けられるか教えてほしい

休業補償給付の請求の場合、事業主の証明印を押印しているが、退職をしていても医師の証明欄に労務不能の証明があれば休業補償給付の請求ができる。

先月分の給料に午後11時までの賃金が入っていなかったので、計算の仕方を教えて欲しい

休日出勤の場合は、始業時間から午後10時までは35%増、午後10時からは深夜残業になるので25%増になる。つまり、時間外も含めて始業時間から午後10時までは35%増で計算し、午後10時以降は60%増の計算になる。また、休日の振替というものもあるので、平日に休んでいるのであれば、休日を振替し、平日の計算の場合の時間外は25%増、深夜労働25%増で時間外と深夜労働が重なった場合は、50%増の計算になる。

今年の5月9日から勤務していたが、持病が出たため退職したら任意継続は出来るか教えてほしい

任意継続の要件として資格喪失日の前日まで継続して2カ月以上の被保険者期間が必要とされているので、6月に退職した場合は継続することが出来ない。

5月から勤務しているのに社会保険の手続きをしてくれないのはなぜか知りたい

4カ月以内の季節的勤務で雇用された場合、社会保険の被保険者になれないので、雇い入れの際にどのような雇用契約だったのかを確認する必要がある。また、当初から4カ月を超えて雇用される予定であったのなら、当然、社会保険に加入しなければならない。

5月1日から臨時的に働いていたが、連休明けに任意継続の保険料を納めたあとに、5月1日から雇用すると言われた。納めてしまった保険料は返金されるのか教えてほしい。

資格取得と保険料の納付の確認後に返金の手続きに必要な請求申請書が送られてくる。

現場に向かっている途中で追突されたが、労災保険の対象になるか教えてほしい

災害(交通事故)が第三者の行為によって生じたものは、「第三者行為災害」といい、第三者行為災害届を提出する事によって労災保険給付の請求ができる。しかし、自動車事故の場合、同一事由によるものについては、労災保険給付と自賠責保険等による保険金支払いとの間で、損害に対する二重の補填とならないよう支給調整が行われ、労災保険給付と自賠責保険等のどちらを先に受けるかについては、被災労働者が自由に選ぶことができる。

退職時に任意継続をしなかったが今からでも入れるか教えてほしい

健康保険任意継続は退職後20日以内に手続をすれば加入できる。ただ、保険料は勤務時に控除されていた健康保険料の倍額になるため、国民健康保険の保険料と比較して決めた方が良い。

期間満了前に自己都合で退職。6ヵ月の受給資格はあるが、給付制限中に一般で働いた場合、一時給付金はどうなるのか教えてほしい。

特例一時金は、退職した日の翌日から6ヵ月間が受給期限であり、受給期限を経過すると支給されない。
今回の場合は、給付制限中であり、働いているので特例一時金を受給することはできない。
しかし、受給要件を満たさず一般を退職し、前(季節雇用)の離職日から6ヵ月以内であれば受給期限の残日数により特例一時金の全部又は一部を受給することができる。

今月期間満了で離職するが、会社から任意継続するか聞かれたが任意継続保険とはどういうものか教えてほしい

任意継続とは、健康保険を継続することができる制度で、保険料は、現在控除されている保険料の倍額になる。継続するかどうかは、国民健康保険に切り替えた場合の保険料額と比較してから決めた方が良い。

9月1日~11日まで理由を言わず病気のために休んでいたが今からでも傷病手当の請求はできるのか教えてほしい。

傷病手当金の請求の際には、医者の「労務不能証明」が必要になるので、9月1日から11日迄の労務不能証明があれば請求できる。

国民健康保険加入の手続きで、喪失日を確認できる書類がないと言われた。

喪失日を確認する書類としては

  1. 退職証明書(退職した会社が発行したもの)
  2. 資格喪失確認通知書(日本年金機構が発行したもの)
  3. 離職票(ハローワークが発行)

などがある。離職票が届いていないのであれば、会社に「退職証明書」を発行してもらうのが早い。

既に6月分の任意継続の保険料を支払ったが6月5日に就職したため支払った保険料は戻ってくるのか教えてほしい。

任意継続の保険証を返納する際に「任意継続被保険者資格喪失申出書」を提出しなければならないので、この申出書を提出することにより、重複していた場合には、後日「還付請求書」が送られてくる。送られてきたら必要事項を記入し、返還請求すると保険料は返還される。

3月31日に退職し、3月分の給与明細書を見たら、社会保険料が2か月分引かれていたがどういうことか教えてほしい

前月分の社会保険を当月給料から控除する基本的な控除の仕方であるが、3月31日が休みになっているので本来ならば退職日は、3月30日で、喪失日は、3月31日となり、3月分の社会保険料は控除しない。1日の違いで保険料を個人が負担するかしないかという事になる。会社としては30日退職にした方が負担額も少なくなるので、会社は、従業員のことを考えて、あえて3月31日の退職、4月1日喪失にしたのではないだろうか。1日の違いで1カ月の厚生年金の期間が違ってくる。

会社から通年雇用助成金の対象労働者にしたいといわれたが、内容を教えてほしい

通年雇用助成金とは、季節労働者を通年雇用し、常用労働者にさせていく制度で、会社にとっては対象とした労働者に支払った賃金に対しての助成が有り、3年間は対象となる。
対象労働者にとっては、冬期間における失業がなくなり通年労働が保証される。但し通年雇用になり退職する場合は、失業給付は季節の一時金ではなくなる。

家族出産育児一時金差額申請はどのようにしたらよいか教えてほしい。

申請用紙に必要事項を記入し、出産確認証明をもらった後に健康保険協会に郵送すると良い。

11月に期間満了するが、来年度も作業員として働くのは無理だと退職時に伝えた方が良いのでしょうか?

事業所から、来年度も頼むと言われたら、ハッキリと自分の考えを伝えれば良い。敢えて言う必要も無いが、自分の考えを伝えるのは自由。

昨年5月より休業補償給付を受けているが、いつ頃まで受けることができるでしょうか?

休業補償給付については、「診療担当者の証明」欄の傷病の経過31欄に労務不労期間が証明されている間は可能であるが、診療日数があまり少ない場合は、労基署で調査した上で日数を決定する場合がある。基本的には、医師の労務不能証明がある間は、受給することが可能。

子供を病院に連れて行きたいが退職後はどうしたらよいのか教えてほしい

退職後は保険証の種類が変わるのでその旨を病院側に知らせておき、病院側から指示があると思うが、保険証の種類が決まったら病院側に知らせると良い。

健康保険の被扶養者にしている妻が働く場合の認定基準について教えてほしい

認定基準は、対象者の年収が①60歳未満は130万円未満、②60歳以上または障害者は180万円未満。60歳未満の妻であれば月額108,300円以下でなければならない事になっている。また所得税の被扶養者は、103万円以下になっているので、両方をクリアするのであれば月額85,833円以下にしなければならない。

自己都合で退職したが社会保険料を控除した場合不足額が生じる可能性があるのか教えてほしい。

社会保険料の場合、資格喪失日の属する月の保険料は控除できないが資格取得日と資格喪失日が同じ月の場合、1カ月として計算される。

4月3日付けで資格取得をしたが健康保健所がないため、病院へ行きたいがどうすれば良いか教えてほしい。

4月から5月上旬までは、資格取得の繁忙期になるので3週間ほどかかる場合があります。病院へ行くためには会社側に手続き中である事の証明書を作成してもらうか、一時的に10割の支払をし、保険証が来たら病院へ持参して7割を返金してもらう。今後、健康保険の資格取得をする際に「健康保険被保険者資格証明書交付申請書」も一緒に提出してもらい「健康保険被保険者資格証明書」をもらいましょう。

今まで期間満了で退職した際、任意継続をしていたが、今回は任意継続をしても意味がないと言われたが理由を教えてほしい。

年齢を聞いたところ1月に75歳になるので手続をしても任意継続の保険証が届く前に75歳の後期高齢者の健康保険になってしまう。
12月分の保険料をただ払うだけになって継続しても意味がないということではないか?

現在休業補償給付を受けて休んでいて社会保険を掛けてもらっているが、退職の場合任意継続した場合の保険料はどれくらいになるか教えてほしい。

任意継続の保険料は、現在控除されている保険料の金額の倍である。
国民健康保険の金額を確認してどちらにするか判断するのが良い。

11月末日までの契約で5日間の有給休暇が残っているが11月中に使い切ることはできるのか教えてほしい。

季節労働者の場合、採用後6ヵ月後に10日間の有給休暇の権利が発生する。
しかし、4月1日に採用され、工事等の追い込み時期である10月から10日間の有休休暇を消化するのは難しいため、採用後有給休暇を与えるよう指導されている。
相談の内容からいくと、有給休暇は早めに与えられているようで有給休暇の5日間については取得可能であるが、時期的なものもあるので、事業主と話し合いをした方が良いのではないか。11月までの雇用期間であるが有給休暇消化後(12月に入って)に退職することも可能である。

出産育児一時金直接支払い制度を利用して妻が出産した。産院から貰った明細を見たら42万円未満だった

出産費用が42万円未満の場合は、出産育児一時金差額請求により差額の請求ができる。その際に、添付書類としては「出産育児一時金直接支払い制度利用確認書」「明細書及び領収書」等をコピーしたものを申請書と一緒に提出が必要。

主人が作業現場で朝礼中に倒れ、救急搬送された。病院より「限度額適用認定申請」の手続をするように言われたが、これは何なのか教えてほしい

以前は医療費等を窓口で支払い、その後高額医療費の申請をして医療費の自己負担限度額以上の医療費について返金の手続をしていたが、支払いが一時的にも高額になる場合があるので「限度額適用認定申請」をすることによって、自己負担限度額だけを病院の窓口で支払えば良いことになり、医療費負担の軽減をする制度である。

1 2

健康保険について

病院で治療を受けたが注射と薬代で15万円近くかかってしまった。高額医療費の請求をしたいので教えてほしい。

高額医療費の請求は、一度自己負担して、限度額を超えた分をあとで払い戻してもらう制度。この場合、一時的でも持ち出すお金が多くなる。今後も、治療代等がこのような金額になるような場合は、「限度額適用認定」の申請をした方が良い。限度額適用認定とは、限度額までの支払でいい。

現在傷病手当を受けているが今月末で退職した場合、退職後も受けることは出来るか知りたい

退職後の傷病手当は、資格喪失日の前日までに継続して1年以上の被保険者期間がある人が、資格喪失時に傷病手当を受けているか、季節雇用の場合1年以上の被保険者期間がないため退職後の傷病手当は受けられない。

現在72歳なのだが雇用保険は掛けてもらえるのか知りたい

季節雇用の場合は、年齢に関係なく4カ月以上雇用の見込みの場合は雇用保険に入らなければいけないことになっている。

今月の社会保険料が先月より多く引かれているのは保険料の改定でしょうか?

保険料の改定は、健康保険3月、厚生年金9月となっているので、8月に保険料が変更されているとすれば、昇級した賃金の支払い月から3カ月の平均賃金が、従来の標準報酬月額より2等級以上の上昇があった場合7月から変更になり8月の給与から7月分の保険料となる。

作業中に足首を捻り労災保険の休業補償給付を受けたが退職したら休業補償給付は受けられるか教えてほしい

休業補償給付の請求の場合、事業主の証明印を押印しているが、退職をしていても医師の証明欄に労務不能の証明があれば休業補償給付の請求ができる。

先月分の給料に午後11時までの賃金が入っていなかったので、計算の仕方を教えて欲しい

休日出勤の場合は、始業時間から午後10時までは35%増、午後10時からは深夜残業になるので25%増になる。つまり、時間外も含めて始業時間から午後10時までは35%増で計算し、午後10時以降は60%増の計算になる。また、休日の振替というものもあるので、平日に休んでいるのであれば、休日を振替し、平日の計算の場合の時間外は25%増、深夜労働25%増で時間外と深夜労働が重なった場合は、50%増の計算になる。

今年の5月9日から勤務していたが、持病が出たため退職したら任意継続は出来るか教えてほしい

任意継続の要件として資格喪失日の前日まで継続して2カ月以上の被保険者期間が必要とされているので、6月に退職した場合は継続することが出来ない。

5月から勤務しているのに社会保険の手続きをしてくれないのはなぜか知りたい

4カ月以内の季節的勤務で雇用された場合、社会保険の被保険者になれないので、雇い入れの際にどのような雇用契約だったのかを確認する必要がある。また、当初から4カ月を超えて雇用される予定であったのなら、当然、社会保険に加入しなければならない。

5月1日から臨時的に働いていたが、連休明けに任意継続の保険料を納めたあとに、5月1日から雇用すると言われた。納めてしまった保険料は返金されるのか教えてほしい。

資格取得と保険料の納付の確認後に返金の手続きに必要な請求申請書が送られてくる。

現場に向かっている途中で追突されたが、労災保険の対象になるか教えてほしい

災害(交通事故)が第三者の行為によって生じたものは、「第三者行為災害」といい、第三者行為災害届を提出する事によって労災保険給付の請求ができる。しかし、自動車事故の場合、同一事由によるものについては、労災保険給付と自賠責保険等による保険金支払いとの間で、損害に対する二重の補填とならないよう支給調整が行われ、労災保険給付と自賠責保険等のどちらを先に受けるかについては、被災労働者が自由に選ぶことができる。

退職時に任意継続をしなかったが今からでも入れるか教えてほしい

健康保険任意継続は退職後20日以内に手続をすれば加入できる。ただ、保険料は勤務時に控除されていた健康保険料の倍額になるため、国民健康保険の保険料と比較して決めた方が良い。

期間満了前に自己都合で退職。6ヵ月の受給資格はあるが、給付制限中に一般で働いた場合、一時給付金はどうなるのか教えてほしい。

特例一時金は、退職した日の翌日から6ヵ月間が受給期限であり、受給期限を経過すると支給されない。
今回の場合は、給付制限中であり、働いているので特例一時金を受給することはできない。
しかし、受給要件を満たさず一般を退職し、前(季節雇用)の離職日から6ヵ月以内であれば受給期限の残日数により特例一時金の全部又は一部を受給することができる。

今月期間満了で離職するが、会社から任意継続するか聞かれたが任意継続保険とはどういうものか教えてほしい

任意継続とは、健康保険を継続することができる制度で、保険料は、現在控除されている保険料の倍額になる。継続するかどうかは、国民健康保険に切り替えた場合の保険料額と比較してから決めた方が良い。

9月1日~11日まで理由を言わず病気のために休んでいたが今からでも傷病手当の請求はできるのか教えてほしい。

傷病手当金の請求の際には、医者の「労務不能証明」が必要になるので、9月1日から11日迄の労務不能証明があれば請求できる。

国民健康保険加入の手続きで、喪失日を確認できる書類がないと言われた。

喪失日を確認する書類としては

  1. 退職証明書(退職した会社が発行したもの)
  2. 資格喪失確認通知書(日本年金機構が発行したもの)
  3. 離職票(ハローワークが発行)

などがある。離職票が届いていないのであれば、会社に「退職証明書」を発行してもらうのが早い。

既に6月分の任意継続の保険料を支払ったが6月5日に就職したため支払った保険料は戻ってくるのか教えてほしい。

任意継続の保険証を返納する際に「任意継続被保険者資格喪失申出書」を提出しなければならないので、この申出書を提出することにより、重複していた場合には、後日「還付請求書」が送られてくる。送られてきたら必要事項を記入し、返還請求すると保険料は返還される。

3月31日に退職し、3月分の給与明細書を見たら、社会保険料が2か月分引かれていたがどういうことか教えてほしい

前月分の社会保険を当月給料から控除する基本的な控除の仕方であるが、3月31日が休みになっているので本来ならば退職日は、3月30日で、喪失日は、3月31日となり、3月分の社会保険料は控除しない。1日の違いで保険料を個人が負担するかしないかという事になる。会社としては30日退職にした方が負担額も少なくなるので、会社は、従業員のことを考えて、あえて3月31日の退職、4月1日喪失にしたのではないだろうか。1日の違いで1カ月の厚生年金の期間が違ってくる。

会社から通年雇用助成金の対象労働者にしたいといわれたが、内容を教えてほしい

通年雇用助成金とは、季節労働者を通年雇用し、常用労働者にさせていく制度で、会社にとっては対象とした労働者に支払った賃金に対しての助成が有り、3年間は対象となる。
対象労働者にとっては、冬期間における失業がなくなり通年労働が保証される。但し通年雇用になり退職する場合は、失業給付は季節の一時金ではなくなる。

家族出産育児一時金差額申請はどのようにしたらよいか教えてほしい。

申請用紙に必要事項を記入し、出産確認証明をもらった後に健康保険協会に郵送すると良い。

11月に期間満了するが、来年度も作業員として働くのは無理だと退職時に伝えた方が良いのでしょうか?

事業所から、来年度も頼むと言われたら、ハッキリと自分の考えを伝えれば良い。敢えて言う必要も無いが、自分の考えを伝えるのは自由。

昨年5月より休業補償給付を受けているが、いつ頃まで受けることができるでしょうか?

休業補償給付については、「診療担当者の証明」欄の傷病の経過31欄に労務不労期間が証明されている間は可能であるが、診療日数があまり少ない場合は、労基署で調査した上で日数を決定する場合がある。基本的には、医師の労務不能証明がある間は、受給することが可能。

子供を病院に連れて行きたいが退職後はどうしたらよいのか教えてほしい

退職後は保険証の種類が変わるのでその旨を病院側に知らせておき、病院側から指示があると思うが、保険証の種類が決まったら病院側に知らせると良い。

健康保険の被扶養者にしている妻が働く場合の認定基準について教えてほしい

認定基準は、対象者の年収が①60歳未満は130万円未満、②60歳以上または障害者は180万円未満。60歳未満の妻であれば月額108,300円以下でなければならない事になっている。また所得税の被扶養者は、103万円以下になっているので、両方をクリアするのであれば月額85,833円以下にしなければならない。

自己都合で退職したが社会保険料を控除した場合不足額が生じる可能性があるのか教えてほしい。

社会保険料の場合、資格喪失日の属する月の保険料は控除できないが資格取得日と資格喪失日が同じ月の場合、1カ月として計算される。

4月3日付けで資格取得をしたが健康保健所がないため、病院へ行きたいがどうすれば良いか教えてほしい。

4月から5月上旬までは、資格取得の繁忙期になるので3週間ほどかかる場合があります。病院へ行くためには会社側に手続き中である事の証明書を作成してもらうか、一時的に10割の支払をし、保険証が来たら病院へ持参して7割を返金してもらう。今後、健康保険の資格取得をする際に「健康保険被保険者資格証明書交付申請書」も一緒に提出してもらい「健康保険被保険者資格証明書」をもらいましょう。

今まで期間満了で退職した際、任意継続をしていたが、今回は任意継続をしても意味がないと言われたが理由を教えてほしい。

年齢を聞いたところ1月に75歳になるので手続をしても任意継続の保険証が届く前に75歳の後期高齢者の健康保険になってしまう。
12月分の保険料をただ払うだけになって継続しても意味がないということではないか?

現在休業補償給付を受けて休んでいて社会保険を掛けてもらっているが、退職の場合任意継続した場合の保険料はどれくらいになるか教えてほしい。

任意継続の保険料は、現在控除されている保険料の金額の倍である。
国民健康保険の金額を確認してどちらにするか判断するのが良い。

11月末日までの契約で5日間の有給休暇が残っているが11月中に使い切ることはできるのか教えてほしい。

季節労働者の場合、採用後6ヵ月後に10日間の有給休暇の権利が発生する。
しかし、4月1日に採用され、工事等の追い込み時期である10月から10日間の有休休暇を消化するのは難しいため、採用後有給休暇を与えるよう指導されている。
相談の内容からいくと、有給休暇は早めに与えられているようで有給休暇の5日間については取得可能であるが、時期的なものもあるので、事業主と話し合いをした方が良いのではないか。11月までの雇用期間であるが有給休暇消化後(12月に入って)に退職することも可能である。

出産育児一時金直接支払い制度を利用して妻が出産した。産院から貰った明細を見たら42万円未満だった

出産費用が42万円未満の場合は、出産育児一時金差額請求により差額の請求ができる。その際に、添付書類としては「出産育児一時金直接支払い制度利用確認書」「明細書及び領収書」等をコピーしたものを申請書と一緒に提出が必要。

主人が作業現場で朝礼中に倒れ、救急搬送された。病院より「限度額適用認定申請」の手続をするように言われたが、これは何なのか教えてほしい

以前は医療費等を窓口で支払い、その後高額医療費の申請をして医療費の自己負担限度額以上の医療費について返金の手続をしていたが、支払いが一時的にも高額になる場合があるので「限度額適用認定申請」をすることによって、自己負担限度額だけを病院の窓口で支払えば良いことになり、医療費負担の軽減をする制度である。

1 2

任意継続保険料について

3月31日に退職し、3月分の給与明細書を見たら、社会保険料が2か月分引かれていたがどういうことか教えてほしい

前月分の社会保険を当月給料から控除する基本的な控除の仕方であるが、3月31日が休みになっているので本来ならば退職日は、3月30日で、喪失日は、3月31日となり、3月分の社会保険料は控除しない。1日の違いで保険料を個人が負担するかしないかという事になる。会社としては30日退職にした方が負担額も少なくなるので、会社は、従業員のことを考えて、あえて3月31日の退職、4月1日喪失にしたのではないだろうか。1日の違いで1カ月の厚生年金の期間が違ってくる。

健康保険任意継続の保険料はどのくらいになるのか教えてほしい

健康保険任意継続の保険料は、現在給与より控除されている金額の倍額になる。国民健康保険料の金額を聞いて国民健康保険の方が高ければ1年間任意継続をして、その後、国民健康保険に切り替える方もいる。

4月5日から働いているのだが会社からもらった被保険者証の資格取得日が4月1日になっていた

資格取得日が間違いなく違うのであれば、会社にその旨を伝えて訂正してもらう方が良い。11月か12月に離職票をもらうときにも影響があるためすぐにでも訂正をすすめる。

4月1日より働き出したが被保険者証の資格取得をみたら5月1日になっていた

季節雇用の場合は4カ月以上の雇用が見込める時に資格取得をしなければならないことになっており、会社としては4月は臨時扱いとし、5月になってから4カ月以上の雇用が見込めると判断したので5月1日より資格取得をしたのかもしれないが、4月下旬から5月にかけて継続性がある場合には、4月に遡って資格取得をするよう指導されているので会社に確認をし、早急に訂正があればしてもらう。離職票をもらう際に、1カ月で受給資格がある、ないと影響が出る場合もある。

現在、傷病手当金を受給しているが、5月31日付けで退職することになっているがその後傷病手当金はどうなるのか教えてほしい

資格喪失日の前日までに継続して1年以上の被保険者期間がある人が、資格喪失時に傷病手当金を受けていれば、1年6カ月の受給期間が満了するまで引き続き受け続けることができる。

会社から社会保険に加入する旨の話があったが月の保険料はどれくらいになるのか教えてほしい

目安ではあるが、40歳までは支給額の13.443%、40歳以上65歳未満は14.218%が保険料になる。しかし社会保険に加入することにより、配偶者が3号被保険者となるので国民年金保険料を納付しなくてもよくなる。また、私病により休んだ場合は、4日目から傷病手当金の請求もできる。

現在建設会社のパート事務員として働いているが、7月1日より社会保険に加入するといわれたが夫の扶養となっているのためどうしたら良いか教えてほしい

パート従業員の社会保険の加入要件として①労働条件と②勤務日数で判断するところがあり、一般従業員の4分の3以上という目安がある。①で一般従業員の週平均労働時間が40時間であれば、週30時間以上は該当し、②で一般従業員の1カ月の労働日数の4分の3以上であれば該当する。①と②の要件を満たさなければ加入できないことになるので。労働条件について会社と話し合ってみてはどうか。

会社より社会保険に加入するので年金手帳を提出するように言われたが手帳を紛失してしまった場合はどうしたら良いか教えてほしい

年金手帳を紛失した場合は、再発行できるので申請の際に再発行手続きをしてもらうように会社に伝える必要がある。新規適用時に大事なのは基礎年金番号を確認する事なので番号を調べておくこと。基礎年金番号がわからない場合、氏名と生年月日で日本年金機構で調べてくれるので、会社に事情等を話しておく必要がある。

体調不良のため7月31日で退職する旨を会社に伝えたが、失業給付はどのようになるのか教えてほしい

退職理由が体調不良という自己都合のため3カ月間の給付制限が入るが、事情により短縮される場合もある。また、失業給付の受給要件として「働く意志と能力」が前提となっているので、体調不良といってもどの程度なのか分からないが、働く能力がないと判断されることもある。その場合は、延長申請することもできるので休職の申込をした際に詳しく説明し、相談した方が良い。

川沿いの法面の草刈りのため現場確認に行ったところ雑草で足を滑らせ尻餅をつき腰を強打した。1日休んだが痛みが取れないが労災に該当するか教えてほしい

労災事故は、業務の起因性と遂行性から判断されるもので、話の内容では労災に該当すると思われるので、会社に経過等を説明し、労災の手続をしてもらうこと。

9月30日で病気のため自己都合退職をするが9月分の社会保険料はどうなるのか教えてほしい

30日に退職の場合、翌日が失効日とされるので9月分の給料からは8月分と9月分の2カ月分の保険料が引かれる。

主人が作業現場で朝礼中に倒れ、救急搬送された。病院より「限度額適用認定申請」の手続をするように言われたが、これは何なのか教えてほしい

以前は医療費等を窓口で支払い、その後高額医療費の申請をして医療費の自己負担限度額以上の医療費について返金の手続をしていたが、支払いが一時的にも高額になる場合があるので「限度額適用認定申請」をすることによって、自己負担限度額だけを病院の窓口で支払えば良いことになり、医療費負担の軽減をする制度である。

出産育児一時金直接支払い制度を利用して妻が出産した。産院から貰った明細を見たら42万円未満だった

出産費用が42万円未満の場合は、出産育児一時金差額請求により差額の請求ができる。その際に、添付書類としては「出産育児一時金直接支払い制度利用確認書」「明細書及び領収書」等をコピーしたものを申請書と一緒に提出が必要。

社会保険適用事業所に勤務していたが自己都合で退職したので夫の被扶養者になれるか教えてほしい

ご主人の会社に離職票の写しと60歳以下であれば年金手帳(基礎年金番号)の写しを提出。年間所得が130万円以下であれば被扶養者になることはできる。

季節雇用で3カ月の離職票があるが、12月から3カ月だけ雇用保険を掛けることはできるのか教えてほしい

季節雇用で雇用保険を掛ける場合は、4カ月以上の雇用見込みが有り、季節に影響を受ける職種でなければ季節雇用として雇い入れすることはできない。北海道の場合は、雪のため冬の間は建設工業等ができないので季節雇用は認められている。11月及び12月から雇用される場合は、期間を定めた期間雇用又は期間の定めのない通年雇用という「一般」という資格でなければ雇用保険を掛ける事はできない。よって季節雇用で12月から2月又は3月までの雇用保険を掛けることはできない。

昨年12月、作業現場で高所から落下した。痛みはあったがそのまま作業をし、後日健康保険を使い病院で検査をしたら打撲と診断されたが痛みが取れず再度違う病院に受診したら骨の一部にひびが入っていた。労災保険は使われないか教えてほしい

労災保険扱いは可能であるが、病院での検査から労災扱いに変更しなければならないのと2カ所の病院での検査結果が違うため作業現場での怪我であることの証明が必要。本来ならば、落下した時点で病院へ行くべきだった。

4月より建設会社に季節雇用されるが、健康保険の被扶養者に25歳と21歳の子供を入れることができるか教えてほしい

健康保険の被扶養者にする場合は、同一世帯で対象者の年収が130万円未満で、かつ被保険者の年収の2分の1未満であることが要件となっているので、役場で所得証明を取り所得の確認をすることで被扶養者にすることは可能。

社会保険に加入したが、今月末で期間満了で退職する。健康保険・年金はどのようにしたら良いか教えてほしい

社会保険資格喪失は、国民健康保険にするか、任意継続するのかどちらかに加入しなければならない。任意継続の場合は、控除されていた健康保険料の倍額になるので役場で国民健康保険の金額を聞いて決定してはどうか。
年金については、国民年金に加入しなければならないので役場でその手続をすること。

離婚により別居していた子供と同居することになったが被扶養者の申請に必要な書類を教えてほしい

扶養関係及び扶養開始日を確認する意味で、世帯全員の住民票又は戸籍抄本、学生ということなので在学証明書又は学生証のコピーが必要。

別居生活をしている母が仕事を辞めたので自分の健康保険被扶養者にすることはできるか教えてほしい

別居している対象者の場合は、年収が130万円(60歳以上・障害者は180万円)未満で、しかもその額が被保険者からの仕送り額より少なくなければならない。また、失業給付等も年収の対象となるので仕送り金額を確認できる書類等が必要になる。結果として、所得金額が確認できる書類を用意したうえで判断するしかない。

今年4月からの給料から雇用保険が引かれていないのはどうゆうことか教えてほしい

65歳前より継続で雇用され、年度中に65歳になる場合雇用保険が控除されないことになっており、退職した場合も一時金の給付になる。

労災により休業給付金を受けているが、改善が見られないのと会社に迷惑をかけたくないと思い7月末で退職しようと思っているのだが退職後の休業給付金はどのようになるのか教えてほしい

在職中に休業給付支給請求書を提出する場合は、事業主の証明が必要になるが退職後は、請求者の名前のみで支給の請求ができる。今まで会社が請求手続をしていたことを個人ですることになる。尚、医師の証明欄に継続中の労務不能証明がされている間は、支給を受けることができる。

16歳の息子が建設作業員として働いているが、雇用保険は掛けてもらえるのだろうか

雇用保険については、掛ける事ができる。
年少者(18歳未満)なので労働契約、賃金請求権、年齢証明書の備え付け、年少者同意書、労働時間・休日労働に関する規定、深夜労働の禁止、危険有害業務の禁止、坑内労働の禁止、その他就業制限の業務範囲があるので事業主と作業内容について確認すること。

1月から休業補償給付を受けているがいつまでもらえるのか知りたい

傷病等の治療を受け、医師が就労不能の証明をしてくれる間は受給することができる。ただ、療養の状況欄で「治癒」と掲載された場合は、その時点で終了する。この「治癒」とは、元に戻ったということではなく、傷病の状態が固定し、これ以上治療の施しができない場合に記載される。

内縁の妻を健康保険の被扶養者にすることはできるのか知りたい

内縁の妻を被扶養者にするのは可能であるが、民生委員等の証明や所得の証明など必要である。

同一月に資格取得と資格喪失をした場合の保険料について教えてほしい

本来、退職日の属する月の保険料は引かれないものだが、資格取得と同一月の資格喪失の場合は保険料を引くこととなっている

11月末日までの契約で5日間の有給休暇が残っているが11月中に使い切ることはできるのか教えてほしい。

季節労働者の場合、採用後6ヵ月後に10日間の有給休暇の権利が発生する。
しかし、4月1日に採用され、工事等の追い込み時期である10月から10日間の有休休暇を消化するのは難しいため、採用後有給休暇を与えるよう指導されている。
相談の内容からいくと、有給休暇は早めに与えられているようで有給休暇の5日間については取得可能であるが、時期的なものもあるので、事業主と話し合いをした方が良いのではないか。11月までの雇用期間であるが有給休暇消化後(12月に入って)に退職することも可能である。

現在休業補償給付を受けて休んでいて社会保険を掛けてもらっているが、退職の場合任意継続した場合の保険料はどれくらいになるか教えてほしい。

任意継続の保険料は、現在控除されている保険料の金額の倍である。
国民健康保険の金額を確認してどちらにするか判断するのが良い。

今まで期間満了で退職した際、任意継続をしていたが、今回は任意継続をしても意味がないと言われたが理由を教えてほしい。

年齢を聞いたところ1月に75歳になるので手続をしても任意継続の保険証が届く前に75歳の後期高齢者の健康保険になってしまう。
12月分の保険料をただ払うだけになって継続しても意味がないということではないか?

期間満了前に自己都合で退職。6ヵ月の受給資格はあるが、給付制限中に一般で働いた場合、一時給付金はどうなるのか教えてほしい。

特例一時金は、退職した日の翌日から6ヵ月間が受給期限であり、受給期限を経過すると支給されない。
今回の場合は、給付制限中であり、働いているので特例一時金を受給することはできない。
しかし、受給要件を満たさず一般を退職し、前(季節雇用)の離職日から6ヵ月以内であれば受給期限の残日数により特例一時金の全部又は一部を受給することができる。

退職時に任意継続をしなかったが今からでも入れるか教えてほしい

健康保険任意継続は退職後20日以内に手続をすれば加入できる。ただ、保険料は勤務時に控除されていた健康保険料の倍額になるため、国民健康保険の保険料と比較して決めた方が良い。

現場に向かっている途中で追突されたが、労災保険の対象になるか教えてほしい

災害(交通事故)が第三者の行為によって生じたものは、「第三者行為災害」といい、第三者行為災害届を提出する事によって労災保険給付の請求ができる。しかし、自動車事故の場合、同一事由によるものについては、労災保険給付と自賠責保険等による保険金支払いとの間で、損害に対する二重の補填とならないよう支給調整が行われ、労災保険給付と自賠責保険等のどちらを先に受けるかについては、被災労働者が自由に選ぶことができる。

昨年5月より休業補償給付を受けているが、いつ頃まで受けることができるでしょうか?

休業補償給付については、「診療担当者の証明」欄の傷病の経過31欄に労務不労期間が証明されている間は可能であるが、診療日数があまり少ない場合は、労基署で調査した上で日数を決定する場合がある。基本的には、医師の労務不能証明がある間は、受給することが可能。

家族出産育児一時金差額申請はどのようにしたらよいか教えてほしい。

申請用紙に必要事項を記入し、出産確認証明をもらった後に健康保険協会に郵送すると良い。

11月に期間満了するが、来年度も作業員として働くのは無理だと退職時に伝えた方が良いのでしょうか?

事業所から、来年度も頼むと言われたら、ハッキリと自分の考えを伝えれば良い。敢えて言う必要も無いが、自分の考えを伝えるのは自由。

5月1日から臨時的に働いていたが、連休明けに任意継続の保険料を納めたあとに、5月1日から雇用すると言われた。納めてしまった保険料は返金されるのか教えてほしい。

資格取得と保険料の納付の確認後に返金の手続きに必要な請求申請書が送られてくる。

既に6月分の任意継続の保険料を支払ったが6月5日に就職したため支払った保険料は戻ってくるのか教えてほしい。

任意継続の保険証を返納する際に「任意継続被保険者資格喪失申出書」を提出しなければならないので、この申出書を提出することにより、重複していた場合には、後日「還付請求書」が送られてくる。送られてきたら必要事項を記入し、返還請求すると保険料は返還される。

健康保険の被扶養者にしている妻が働く場合の認定基準について教えてほしい

認定基準は、対象者の年収が①60歳未満は130万円未満、②60歳以上または障害者は180万円未満。60歳未満の妻であれば月額108,300円以下でなければならない事になっている。また所得税の被扶養者は、103万円以下になっているので、両方をクリアするのであれば月額85,833円以下にしなければならない。

子供を病院に連れて行きたいが退職後はどうしたらよいのか教えてほしい

退職後は保険証の種類が変わるのでその旨を病院側に知らせておき、病院側から指示があると思うが、保険証の種類が決まったら病院側に知らせると良い。

国民健康保険加入の手続きで、喪失日を確認できる書類がないと言われた。

喪失日を確認する書類としては

  1. 退職証明書(退職した会社が発行したもの)
  2. 資格喪失確認通知書(日本年金機構が発行したもの)
  3. 離職票(ハローワークが発行)

などがある。離職票が届いていないのであれば、会社に「退職証明書」を発行してもらうのが早い。

病院で治療を受けたが注射と薬代で15万円近くかかってしまった。高額医療費の請求をしたいので教えてほしい。

高額医療費の請求は、一度自己負担して、限度額を超えた分をあとで払い戻してもらう制度。この場合、一時的でも持ち出すお金が多くなる。今後も、治療代等がこのような金額になるような場合は、「限度額適用認定」の申請をした方が良い。限度額適用認定とは、限度額までの支払でいい。

5月から勤務しているのに社会保険の手続きをしてくれないのはなぜか知りたい

4カ月以内の季節的勤務で雇用された場合、社会保険の被保険者になれないので、雇い入れの際にどのような雇用契約だったのかを確認する必要がある。また、当初から4カ月を超えて雇用される予定であったのなら、当然、社会保険に加入しなければならない。

今年の5月9日から勤務していたが、持病が出たため退職したら任意継続は出来るか教えてほしい

任意継続の要件として資格喪失日の前日まで継続して2カ月以上の被保険者期間が必要とされているので、6月に退職した場合は継続することが出来ない。

先月分の給料に午後11時までの賃金が入っていなかったので、計算の仕方を教えて欲しい

休日出勤の場合は、始業時間から午後10時までは35%増、午後10時からは深夜残業になるので25%増になる。つまり、時間外も含めて始業時間から午後10時までは35%増で計算し、午後10時以降は60%増の計算になる。また、休日の振替というものもあるので、平日に休んでいるのであれば、休日を振替し、平日の計算の場合の時間外は25%増、深夜労働25%増で時間外と深夜労働が重なった場合は、50%増の計算になる。

作業中に足首を捻り労災保険の休業補償給付を受けたが退職したら休業補償給付は受けられるか教えてほしい

休業補償給付の請求の場合、事業主の証明印を押印しているが、退職をしていても医師の証明欄に労務不能の証明があれば休業補償給付の請求ができる。

今月の社会保険料が先月より多く引かれているのは保険料の改定でしょうか?

保険料の改定は、健康保険3月、厚生年金9月となっているので、8月に保険料が変更されているとすれば、昇級した賃金の支払い月から3カ月の平均賃金が、従来の標準報酬月額より2等級以上の上昇があった場合7月から変更になり8月の給与から7月分の保険料となる。

現在72歳なのだが雇用保険は掛けてもらえるのか知りたい

季節雇用の場合は、年齢に関係なく4カ月以上雇用の見込みの場合は雇用保険に入らなければいけないことになっている。

現在傷病手当を受けているが今月末で退職した場合、退職後も受けることは出来るか知りたい

退職後の傷病手当は、資格喪失日の前日までに継続して1年以上の被保険者期間がある人が、資格喪失時に傷病手当を受けているか、季節雇用の場合1年以上の被保険者期間がないため退職後の傷病手当は受けられない。

今月期間満了で離職するが、会社から任意継続するか聞かれたが任意継続保険とはどういうものか教えてほしい

任意継続とは、健康保険を継続することができる制度で、保険料は、現在控除されている保険料の倍額になる。継続するかどうかは、国民健康保険に切り替えた場合の保険料額と比較してから決めた方が良い。

9月1日~11日まで理由を言わず病気のために休んでいたが今からでも傷病手当の請求はできるのか教えてほしい。

傷病手当金の請求の際には、医者の「労務不能証明」が必要になるので、9月1日から11日迄の労務不能証明があれば請求できる。

会社から通年雇用助成金の対象労働者にしたいといわれたが、内容を教えてほしい

通年雇用助成金とは、季節労働者を通年雇用し、常用労働者にさせていく制度で、会社にとっては対象とした労働者に支払った賃金に対しての助成が有り、3年間は対象となる。
対象労働者にとっては、冬期間における失業がなくなり通年労働が保証される。但し通年雇用になり退職する場合は、失業給付は季節の一時金ではなくなる。

自己都合で退職したが社会保険料を控除した場合不足額が生じる可能性があるのか教えてほしい。

社会保険料の場合、資格喪失日の属する月の保険料は控除できないが資格取得日と資格喪失日が同じ月の場合、1カ月として計算される。

4月3日付けで資格取得をしたが健康保健所がないため、病院へ行きたいがどうすれば良いか教えてほしい。

4月から5月上旬までは、資格取得の繁忙期になるので3週間ほどかかる場合があります。病院へ行くためには会社側に手続き中である事の証明書を作成してもらうか、一時的に10割の支払をし、保険証が来たら病院へ持参して7割を返金してもらう。今後、健康保険の資格取得をする際に「健康保険被保険者資格証明書交付申請書」も一緒に提出してもらい「健康保険被保険者資格証明書」をもらいましょう。

国民健康保険について

病院で治療を受けたが注射と薬代で15万円近くかかってしまった。高額医療費の請求をしたいので教えてほしい。

高額医療費の請求は、一度自己負担して、限度額を超えた分をあとで払い戻してもらう制度。この場合、一時的でも持ち出すお金が多くなる。今後も、治療代等がこのような金額になるような場合は、「限度額適用認定」の申請をした方が良い。限度額適用認定とは、限度額までの支払でいい。

現在傷病手当を受けているが今月末で退職した場合、退職後も受けることは出来るか知りたい

退職後の傷病手当は、資格喪失日の前日までに継続して1年以上の被保険者期間がある人が、資格喪失時に傷病手当を受けているか、季節雇用の場合1年以上の被保険者期間がないため退職後の傷病手当は受けられない。

現在72歳なのだが雇用保険は掛けてもらえるのか知りたい

季節雇用の場合は、年齢に関係なく4カ月以上雇用の見込みの場合は雇用保険に入らなければいけないことになっている。

今月の社会保険料が先月より多く引かれているのは保険料の改定でしょうか?

保険料の改定は、健康保険3月、厚生年金9月となっているので、8月に保険料が変更されているとすれば、昇級した賃金の支払い月から3カ月の平均賃金が、従来の標準報酬月額より2等級以上の上昇があった場合7月から変更になり8月の給与から7月分の保険料となる。

作業中に足首を捻り労災保険の休業補償給付を受けたが退職したら休業補償給付は受けられるか教えてほしい

休業補償給付の請求の場合、事業主の証明印を押印しているが、退職をしていても医師の証明欄に労務不能の証明があれば休業補償給付の請求ができる。

先月分の給料に午後11時までの賃金が入っていなかったので、計算の仕方を教えて欲しい

休日出勤の場合は、始業時間から午後10時までは35%増、午後10時からは深夜残業になるので25%増になる。つまり、時間外も含めて始業時間から午後10時までは35%増で計算し、午後10時以降は60%増の計算になる。また、休日の振替というものもあるので、平日に休んでいるのであれば、休日を振替し、平日の計算の場合の時間外は25%増、深夜労働25%増で時間外と深夜労働が重なった場合は、50%増の計算になる。

今年の5月9日から勤務していたが、持病が出たため退職したら任意継続は出来るか教えてほしい

任意継続の要件として資格喪失日の前日まで継続して2カ月以上の被保険者期間が必要とされているので、6月に退職した場合は継続することが出来ない。

5月から勤務しているのに社会保険の手続きをしてくれないのはなぜか知りたい

4カ月以内の季節的勤務で雇用された場合、社会保険の被保険者になれないので、雇い入れの際にどのような雇用契約だったのかを確認する必要がある。また、当初から4カ月を超えて雇用される予定であったのなら、当然、社会保険に加入しなければならない。

5月1日から臨時的に働いていたが、連休明けに任意継続の保険料を納めたあとに、5月1日から雇用すると言われた。納めてしまった保険料は返金されるのか教えてほしい。

資格取得と保険料の納付の確認後に返金の手続きに必要な請求申請書が送られてくる。

現場に向かっている途中で追突されたが、労災保険の対象になるか教えてほしい

災害(交通事故)が第三者の行為によって生じたものは、「第三者行為災害」といい、第三者行為災害届を提出する事によって労災保険給付の請求ができる。しかし、自動車事故の場合、同一事由によるものについては、労災保険給付と自賠責保険等による保険金支払いとの間で、損害に対する二重の補填とならないよう支給調整が行われ、労災保険給付と自賠責保険等のどちらを先に受けるかについては、被災労働者が自由に選ぶことができる。

退職時に任意継続をしなかったが今からでも入れるか教えてほしい

健康保険任意継続は退職後20日以内に手続をすれば加入できる。ただ、保険料は勤務時に控除されていた健康保険料の倍額になるため、国民健康保険の保険料と比較して決めた方が良い。

期間満了前に自己都合で退職。6ヵ月の受給資格はあるが、給付制限中に一般で働いた場合、一時給付金はどうなるのか教えてほしい。

特例一時金は、退職した日の翌日から6ヵ月間が受給期限であり、受給期限を経過すると支給されない。
今回の場合は、給付制限中であり、働いているので特例一時金を受給することはできない。
しかし、受給要件を満たさず一般を退職し、前(季節雇用)の離職日から6ヵ月以内であれば受給期限の残日数により特例一時金の全部又は一部を受給することができる。

今月期間満了で離職するが、会社から任意継続するか聞かれたが任意継続保険とはどういうものか教えてほしい

任意継続とは、健康保険を継続することができる制度で、保険料は、現在控除されている保険料の倍額になる。継続するかどうかは、国民健康保険に切り替えた場合の保険料額と比較してから決めた方が良い。

9月1日~11日まで理由を言わず病気のために休んでいたが今からでも傷病手当の請求はできるのか教えてほしい。

傷病手当金の請求の際には、医者の「労務不能証明」が必要になるので、9月1日から11日迄の労務不能証明があれば請求できる。

国民健康保険加入の手続きで、喪失日を確認できる書類がないと言われた。

喪失日を確認する書類としては

  1. 退職証明書(退職した会社が発行したもの)
  2. 資格喪失確認通知書(日本年金機構が発行したもの)
  3. 離職票(ハローワークが発行)

などがある。離職票が届いていないのであれば、会社に「退職証明書」を発行してもらうのが早い。

既に6月分の任意継続の保険料を支払ったが6月5日に就職したため支払った保険料は戻ってくるのか教えてほしい。

任意継続の保険証を返納する際に「任意継続被保険者資格喪失申出書」を提出しなければならないので、この申出書を提出することにより、重複していた場合には、後日「還付請求書」が送られてくる。送られてきたら必要事項を記入し、返還請求すると保険料は返還される。

3月31日に退職し、3月分の給与明細書を見たら、社会保険料が2か月分引かれていたがどういうことか教えてほしい

前月分の社会保険を当月給料から控除する基本的な控除の仕方であるが、3月31日が休みになっているので本来ならば退職日は、3月30日で、喪失日は、3月31日となり、3月分の社会保険料は控除しない。1日の違いで保険料を個人が負担するかしないかという事になる。会社としては30日退職にした方が負担額も少なくなるので、会社は、従業員のことを考えて、あえて3月31日の退職、4月1日喪失にしたのではないだろうか。1日の違いで1カ月の厚生年金の期間が違ってくる。

会社から通年雇用助成金の対象労働者にしたいといわれたが、内容を教えてほしい

通年雇用助成金とは、季節労働者を通年雇用し、常用労働者にさせていく制度で、会社にとっては対象とした労働者に支払った賃金に対しての助成が有り、3年間は対象となる。
対象労働者にとっては、冬期間における失業がなくなり通年労働が保証される。但し通年雇用になり退職する場合は、失業給付は季節の一時金ではなくなる。

家族出産育児一時金差額申請はどのようにしたらよいか教えてほしい。

申請用紙に必要事項を記入し、出産確認証明をもらった後に健康保険協会に郵送すると良い。

11月に期間満了するが、来年度も作業員として働くのは無理だと退職時に伝えた方が良いのでしょうか?

事業所から、来年度も頼むと言われたら、ハッキリと自分の考えを伝えれば良い。敢えて言う必要も無いが、自分の考えを伝えるのは自由。

昨年5月より休業補償給付を受けているが、いつ頃まで受けることができるでしょうか?

休業補償給付については、「診療担当者の証明」欄の傷病の経過31欄に労務不労期間が証明されている間は可能であるが、診療日数があまり少ない場合は、労基署で調査した上で日数を決定する場合がある。基本的には、医師の労務不能証明がある間は、受給することが可能。

子供を病院に連れて行きたいが退職後はどうしたらよいのか教えてほしい

退職後は保険証の種類が変わるのでその旨を病院側に知らせておき、病院側から指示があると思うが、保険証の種類が決まったら病院側に知らせると良い。

健康保険の被扶養者にしている妻が働く場合の認定基準について教えてほしい

認定基準は、対象者の年収が①60歳未満は130万円未満、②60歳以上または障害者は180万円未満。60歳未満の妻であれば月額108,300円以下でなければならない事になっている。また所得税の被扶養者は、103万円以下になっているので、両方をクリアするのであれば月額85,833円以下にしなければならない。

自己都合で退職したが社会保険料を控除した場合不足額が生じる可能性があるのか教えてほしい。

社会保険料の場合、資格喪失日の属する月の保険料は控除できないが資格取得日と資格喪失日が同じ月の場合、1カ月として計算される。

4月3日付けで資格取得をしたが健康保健所がないため、病院へ行きたいがどうすれば良いか教えてほしい。

4月から5月上旬までは、資格取得の繁忙期になるので3週間ほどかかる場合があります。病院へ行くためには会社側に手続き中である事の証明書を作成してもらうか、一時的に10割の支払をし、保険証が来たら病院へ持参して7割を返金してもらう。今後、健康保険の資格取得をする際に「健康保険被保険者資格証明書交付申請書」も一緒に提出してもらい「健康保険被保険者資格証明書」をもらいましょう。

今まで期間満了で退職した際、任意継続をしていたが、今回は任意継続をしても意味がないと言われたが理由を教えてほしい。

年齢を聞いたところ1月に75歳になるので手続をしても任意継続の保険証が届く前に75歳の後期高齢者の健康保険になってしまう。
12月分の保険料をただ払うだけになって継続しても意味がないということではないか?

現在休業補償給付を受けて休んでいて社会保険を掛けてもらっているが、退職の場合任意継続した場合の保険料はどれくらいになるか教えてほしい。

任意継続の保険料は、現在控除されている保険料の金額の倍である。
国民健康保険の金額を確認してどちらにするか判断するのが良い。

11月末日までの契約で5日間の有給休暇が残っているが11月中に使い切ることはできるのか教えてほしい。

季節労働者の場合、採用後6ヵ月後に10日間の有給休暇の権利が発生する。
しかし、4月1日に採用され、工事等の追い込み時期である10月から10日間の有休休暇を消化するのは難しいため、採用後有給休暇を与えるよう指導されている。
相談の内容からいくと、有給休暇は早めに与えられているようで有給休暇の5日間については取得可能であるが、時期的なものもあるので、事業主と話し合いをした方が良いのではないか。11月までの雇用期間であるが有給休暇消化後(12月に入って)に退職することも可能である。

出産育児一時金直接支払い制度を利用して妻が出産した。産院から貰った明細を見たら42万円未満だった

出産費用が42万円未満の場合は、出産育児一時金差額請求により差額の請求ができる。その際に、添付書類としては「出産育児一時金直接支払い制度利用確認書」「明細書及び領収書」等をコピーしたものを申請書と一緒に提出が必要。

主人が作業現場で朝礼中に倒れ、救急搬送された。病院より「限度額適用認定申請」の手続をするように言われたが、これは何なのか教えてほしい

以前は医療費等を窓口で支払い、その後高額医療費の申請をして医療費の自己負担限度額以上の医療費について返金の手続をしていたが、支払いが一時的にも高額になる場合があるので「限度額適用認定申請」をすることによって、自己負担限度額だけを病院の窓口で支払えば良いことになり、医療費負担の軽減をする制度である。

1 2

出産育児一時金直接支払い制度について

病院で治療を受けたが注射と薬代で15万円近くかかってしまった。高額医療費の請求をしたいので教えてほしい。

高額医療費の請求は、一度自己負担して、限度額を超えた分をあとで払い戻してもらう制度。この場合、一時的でも持ち出すお金が多くなる。今後も、治療代等がこのような金額になるような場合は、「限度額適用認定」の申請をした方が良い。限度額適用認定とは、限度額までの支払でいい。

現在傷病手当を受けているが今月末で退職した場合、退職後も受けることは出来るか知りたい

退職後の傷病手当は、資格喪失日の前日までに継続して1年以上の被保険者期間がある人が、資格喪失時に傷病手当を受けているか、季節雇用の場合1年以上の被保険者期間がないため退職後の傷病手当は受けられない。

現在72歳なのだが雇用保険は掛けてもらえるのか知りたい

季節雇用の場合は、年齢に関係なく4カ月以上雇用の見込みの場合は雇用保険に入らなければいけないことになっている。

今月の社会保険料が先月より多く引かれているのは保険料の改定でしょうか?

保険料の改定は、健康保険3月、厚生年金9月となっているので、8月に保険料が変更されているとすれば、昇級した賃金の支払い月から3カ月の平均賃金が、従来の標準報酬月額より2等級以上の上昇があった場合7月から変更になり8月の給与から7月分の保険料となる。

作業中に足首を捻り労災保険の休業補償給付を受けたが退職したら休業補償給付は受けられるか教えてほしい

休業補償給付の請求の場合、事業主の証明印を押印しているが、退職をしていても医師の証明欄に労務不能の証明があれば休業補償給付の請求ができる。

先月分の給料に午後11時までの賃金が入っていなかったので、計算の仕方を教えて欲しい

休日出勤の場合は、始業時間から午後10時までは35%増、午後10時からは深夜残業になるので25%増になる。つまり、時間外も含めて始業時間から午後10時までは35%増で計算し、午後10時以降は60%増の計算になる。また、休日の振替というものもあるので、平日に休んでいるのであれば、休日を振替し、平日の計算の場合の時間外は25%増、深夜労働25%増で時間外と深夜労働が重なった場合は、50%増の計算になる。

今年の5月9日から勤務していたが、持病が出たため退職したら任意継続は出来るか教えてほしい

任意継続の要件として資格喪失日の前日まで継続して2カ月以上の被保険者期間が必要とされているので、6月に退職した場合は継続することが出来ない。

5月から勤務しているのに社会保険の手続きをしてくれないのはなぜか知りたい

4カ月以内の季節的勤務で雇用された場合、社会保険の被保険者になれないので、雇い入れの際にどのような雇用契約だったのかを確認する必要がある。また、当初から4カ月を超えて雇用される予定であったのなら、当然、社会保険に加入しなければならない。

5月1日から臨時的に働いていたが、連休明けに任意継続の保険料を納めたあとに、5月1日から雇用すると言われた。納めてしまった保険料は返金されるのか教えてほしい。

資格取得と保険料の納付の確認後に返金の手続きに必要な請求申請書が送られてくる。

現場に向かっている途中で追突されたが、労災保険の対象になるか教えてほしい

災害(交通事故)が第三者の行為によって生じたものは、「第三者行為災害」といい、第三者行為災害届を提出する事によって労災保険給付の請求ができる。しかし、自動車事故の場合、同一事由によるものについては、労災保険給付と自賠責保険等による保険金支払いとの間で、損害に対する二重の補填とならないよう支給調整が行われ、労災保険給付と自賠責保険等のどちらを先に受けるかについては、被災労働者が自由に選ぶことができる。

退職時に任意継続をしなかったが今からでも入れるか教えてほしい

健康保険任意継続は退職後20日以内に手続をすれば加入できる。ただ、保険料は勤務時に控除されていた健康保険料の倍額になるため、国民健康保険の保険料と比較して決めた方が良い。

期間満了前に自己都合で退職。6ヵ月の受給資格はあるが、給付制限中に一般で働いた場合、一時給付金はどうなるのか教えてほしい。

特例一時金は、退職した日の翌日から6ヵ月間が受給期限であり、受給期限を経過すると支給されない。
今回の場合は、給付制限中であり、働いているので特例一時金を受給することはできない。
しかし、受給要件を満たさず一般を退職し、前(季節雇用)の離職日から6ヵ月以内であれば受給期限の残日数により特例一時金の全部又は一部を受給することができる。

今月期間満了で離職するが、会社から任意継続するか聞かれたが任意継続保険とはどういうものか教えてほしい

任意継続とは、健康保険を継続することができる制度で、保険料は、現在控除されている保険料の倍額になる。継続するかどうかは、国民健康保険に切り替えた場合の保険料額と比較してから決めた方が良い。

9月1日~11日まで理由を言わず病気のために休んでいたが今からでも傷病手当の請求はできるのか教えてほしい。

傷病手当金の請求の際には、医者の「労務不能証明」が必要になるので、9月1日から11日迄の労務不能証明があれば請求できる。

国民健康保険加入の手続きで、喪失日を確認できる書類がないと言われた。

喪失日を確認する書類としては

  1. 退職証明書(退職した会社が発行したもの)
  2. 資格喪失確認通知書(日本年金機構が発行したもの)
  3. 離職票(ハローワークが発行)

などがある。離職票が届いていないのであれば、会社に「退職証明書」を発行してもらうのが早い。

既に6月分の任意継続の保険料を支払ったが6月5日に就職したため支払った保険料は戻ってくるのか教えてほしい。

任意継続の保険証を返納する際に「任意継続被保険者資格喪失申出書」を提出しなければならないので、この申出書を提出することにより、重複していた場合には、後日「還付請求書」が送られてくる。送られてきたら必要事項を記入し、返還請求すると保険料は返還される。

3月31日に退職し、3月分の給与明細書を見たら、社会保険料が2か月分引かれていたがどういうことか教えてほしい

前月分の社会保険を当月給料から控除する基本的な控除の仕方であるが、3月31日が休みになっているので本来ならば退職日は、3月30日で、喪失日は、3月31日となり、3月分の社会保険料は控除しない。1日の違いで保険料を個人が負担するかしないかという事になる。会社としては30日退職にした方が負担額も少なくなるので、会社は、従業員のことを考えて、あえて3月31日の退職、4月1日喪失にしたのではないだろうか。1日の違いで1カ月の厚生年金の期間が違ってくる。

会社から通年雇用助成金の対象労働者にしたいといわれたが、内容を教えてほしい

通年雇用助成金とは、季節労働者を通年雇用し、常用労働者にさせていく制度で、会社にとっては対象とした労働者に支払った賃金に対しての助成が有り、3年間は対象となる。
対象労働者にとっては、冬期間における失業がなくなり通年労働が保証される。但し通年雇用になり退職する場合は、失業給付は季節の一時金ではなくなる。

家族出産育児一時金差額申請はどのようにしたらよいか教えてほしい。

申請用紙に必要事項を記入し、出産確認証明をもらった後に健康保険協会に郵送すると良い。

11月に期間満了するが、来年度も作業員として働くのは無理だと退職時に伝えた方が良いのでしょうか?

事業所から、来年度も頼むと言われたら、ハッキリと自分の考えを伝えれば良い。敢えて言う必要も無いが、自分の考えを伝えるのは自由。

昨年5月より休業補償給付を受けているが、いつ頃まで受けることができるでしょうか?

休業補償給付については、「診療担当者の証明」欄の傷病の経過31欄に労務不労期間が証明されている間は可能であるが、診療日数があまり少ない場合は、労基署で調査した上で日数を決定する場合がある。基本的には、医師の労務不能証明がある間は、受給することが可能。

子供を病院に連れて行きたいが退職後はどうしたらよいのか教えてほしい

退職後は保険証の種類が変わるのでその旨を病院側に知らせておき、病院側から指示があると思うが、保険証の種類が決まったら病院側に知らせると良い。

健康保険の被扶養者にしている妻が働く場合の認定基準について教えてほしい

認定基準は、対象者の年収が①60歳未満は130万円未満、②60歳以上または障害者は180万円未満。60歳未満の妻であれば月額108,300円以下でなければならない事になっている。また所得税の被扶養者は、103万円以下になっているので、両方をクリアするのであれば月額85,833円以下にしなければならない。

自己都合で退職したが社会保険料を控除した場合不足額が生じる可能性があるのか教えてほしい。

社会保険料の場合、資格喪失日の属する月の保険料は控除できないが資格取得日と資格喪失日が同じ月の場合、1カ月として計算される。

4月3日付けで資格取得をしたが健康保健所がないため、病院へ行きたいがどうすれば良いか教えてほしい。

4月から5月上旬までは、資格取得の繁忙期になるので3週間ほどかかる場合があります。病院へ行くためには会社側に手続き中である事の証明書を作成してもらうか、一時的に10割の支払をし、保険証が来たら病院へ持参して7割を返金してもらう。今後、健康保険の資格取得をする際に「健康保険被保険者資格証明書交付申請書」も一緒に提出してもらい「健康保険被保険者資格証明書」をもらいましょう。

今まで期間満了で退職した際、任意継続をしていたが、今回は任意継続をしても意味がないと言われたが理由を教えてほしい。

年齢を聞いたところ1月に75歳になるので手続をしても任意継続の保険証が届く前に75歳の後期高齢者の健康保険になってしまう。
12月分の保険料をただ払うだけになって継続しても意味がないということではないか?

現在休業補償給付を受けて休んでいて社会保険を掛けてもらっているが、退職の場合任意継続した場合の保険料はどれくらいになるか教えてほしい。

任意継続の保険料は、現在控除されている保険料の金額の倍である。
国民健康保険の金額を確認してどちらにするか判断するのが良い。

11月末日までの契約で5日間の有給休暇が残っているが11月中に使い切ることはできるのか教えてほしい。

季節労働者の場合、採用後6ヵ月後に10日間の有給休暇の権利が発生する。
しかし、4月1日に採用され、工事等の追い込み時期である10月から10日間の有休休暇を消化するのは難しいため、採用後有給休暇を与えるよう指導されている。
相談の内容からいくと、有給休暇は早めに与えられているようで有給休暇の5日間については取得可能であるが、時期的なものもあるので、事業主と話し合いをした方が良いのではないか。11月までの雇用期間であるが有給休暇消化後(12月に入って)に退職することも可能である。

出産育児一時金直接支払い制度を利用して妻が出産した。産院から貰った明細を見たら42万円未満だった

出産費用が42万円未満の場合は、出産育児一時金差額請求により差額の請求ができる。その際に、添付書類としては「出産育児一時金直接支払い制度利用確認書」「明細書及び領収書」等をコピーしたものを申請書と一緒に提出が必要。

主人が作業現場で朝礼中に倒れ、救急搬送された。病院より「限度額適用認定申請」の手続をするように言われたが、これは何なのか教えてほしい

以前は医療費等を窓口で支払い、その後高額医療費の申請をして医療費の自己負担限度額以上の医療費について返金の手続をしていたが、支払いが一時的にも高額になる場合があるので「限度額適用認定申請」をすることによって、自己負担限度額だけを病院の窓口で支払えば良いことになり、医療費負担の軽減をする制度である。

1 2

限度額適用認定申請について

病院で治療を受けたが注射と薬代で15万円近くかかってしまった。高額医療費の請求をしたいので教えてほしい。

高額医療費の請求は、一度自己負担して、限度額を超えた分をあとで払い戻してもらう制度。この場合、一時的でも持ち出すお金が多くなる。今後も、治療代等がこのような金額になるような場合は、「限度額適用認定」の申請をした方が良い。限度額適用認定とは、限度額までの支払でいい。

現在傷病手当を受けているが今月末で退職した場合、退職後も受けることは出来るか知りたい

退職後の傷病手当は、資格喪失日の前日までに継続して1年以上の被保険者期間がある人が、資格喪失時に傷病手当を受けているか、季節雇用の場合1年以上の被保険者期間がないため退職後の傷病手当は受けられない。

現在72歳なのだが雇用保険は掛けてもらえるのか知りたい

季節雇用の場合は、年齢に関係なく4カ月以上雇用の見込みの場合は雇用保険に入らなければいけないことになっている。

今月の社会保険料が先月より多く引かれているのは保険料の改定でしょうか?

保険料の改定は、健康保険3月、厚生年金9月となっているので、8月に保険料が変更されているとすれば、昇級した賃金の支払い月から3カ月の平均賃金が、従来の標準報酬月額より2等級以上の上昇があった場合7月から変更になり8月の給与から7月分の保険料となる。

作業中に足首を捻り労災保険の休業補償給付を受けたが退職したら休業補償給付は受けられるか教えてほしい

休業補償給付の請求の場合、事業主の証明印を押印しているが、退職をしていても医師の証明欄に労務不能の証明があれば休業補償給付の請求ができる。

先月分の給料に午後11時までの賃金が入っていなかったので、計算の仕方を教えて欲しい

休日出勤の場合は、始業時間から午後10時までは35%増、午後10時からは深夜残業になるので25%増になる。つまり、時間外も含めて始業時間から午後10時までは35%増で計算し、午後10時以降は60%増の計算になる。また、休日の振替というものもあるので、平日に休んでいるのであれば、休日を振替し、平日の計算の場合の時間外は25%増、深夜労働25%増で時間外と深夜労働が重なった場合は、50%増の計算になる。

今年の5月9日から勤務していたが、持病が出たため退職したら任意継続は出来るか教えてほしい

任意継続の要件として資格喪失日の前日まで継続して2カ月以上の被保険者期間が必要とされているので、6月に退職した場合は継続することが出来ない。

5月から勤務しているのに社会保険の手続きをしてくれないのはなぜか知りたい

4カ月以内の季節的勤務で雇用された場合、社会保険の被保険者になれないので、雇い入れの際にどのような雇用契約だったのかを確認する必要がある。また、当初から4カ月を超えて雇用される予定であったのなら、当然、社会保険に加入しなければならない。

5月1日から臨時的に働いていたが、連休明けに任意継続の保険料を納めたあとに、5月1日から雇用すると言われた。納めてしまった保険料は返金されるのか教えてほしい。

資格取得と保険料の納付の確認後に返金の手続きに必要な請求申請書が送られてくる。

現場に向かっている途中で追突されたが、労災保険の対象になるか教えてほしい

災害(交通事故)が第三者の行為によって生じたものは、「第三者行為災害」といい、第三者行為災害届を提出する事によって労災保険給付の請求ができる。しかし、自動車事故の場合、同一事由によるものについては、労災保険給付と自賠責保険等による保険金支払いとの間で、損害に対する二重の補填とならないよう支給調整が行われ、労災保険給付と自賠責保険等のどちらを先に受けるかについては、被災労働者が自由に選ぶことができる。

退職時に任意継続をしなかったが今からでも入れるか教えてほしい

健康保険任意継続は退職後20日以内に手続をすれば加入できる。ただ、保険料は勤務時に控除されていた健康保険料の倍額になるため、国民健康保険の保険料と比較して決めた方が良い。

期間満了前に自己都合で退職。6ヵ月の受給資格はあるが、給付制限中に一般で働いた場合、一時給付金はどうなるのか教えてほしい。

特例一時金は、退職した日の翌日から6ヵ月間が受給期限であり、受給期限を経過すると支給されない。
今回の場合は、給付制限中であり、働いているので特例一時金を受給することはできない。
しかし、受給要件を満たさず一般を退職し、前(季節雇用)の離職日から6ヵ月以内であれば受給期限の残日数により特例一時金の全部又は一部を受給することができる。

今月期間満了で離職するが、会社から任意継続するか聞かれたが任意継続保険とはどういうものか教えてほしい

任意継続とは、健康保険を継続することができる制度で、保険料は、現在控除されている保険料の倍額になる。継続するかどうかは、国民健康保険に切り替えた場合の保険料額と比較してから決めた方が良い。

9月1日~11日まで理由を言わず病気のために休んでいたが今からでも傷病手当の請求はできるのか教えてほしい。

傷病手当金の請求の際には、医者の「労務不能証明」が必要になるので、9月1日から11日迄の労務不能証明があれば請求できる。

国民健康保険加入の手続きで、喪失日を確認できる書類がないと言われた。

喪失日を確認する書類としては

  1. 退職証明書(退職した会社が発行したもの)
  2. 資格喪失確認通知書(日本年金機構が発行したもの)
  3. 離職票(ハローワークが発行)

などがある。離職票が届いていないのであれば、会社に「退職証明書」を発行してもらうのが早い。

既に6月分の任意継続の保険料を支払ったが6月5日に就職したため支払った保険料は戻ってくるのか教えてほしい。

任意継続の保険証を返納する際に「任意継続被保険者資格喪失申出書」を提出しなければならないので、この申出書を提出することにより、重複していた場合には、後日「還付請求書」が送られてくる。送られてきたら必要事項を記入し、返還請求すると保険料は返還される。

3月31日に退職し、3月分の給与明細書を見たら、社会保険料が2か月分引かれていたがどういうことか教えてほしい

前月分の社会保険を当月給料から控除する基本的な控除の仕方であるが、3月31日が休みになっているので本来ならば退職日は、3月30日で、喪失日は、3月31日となり、3月分の社会保険料は控除しない。1日の違いで保険料を個人が負担するかしないかという事になる。会社としては30日退職にした方が負担額も少なくなるので、会社は、従業員のことを考えて、あえて3月31日の退職、4月1日喪失にしたのではないだろうか。1日の違いで1カ月の厚生年金の期間が違ってくる。

会社から通年雇用助成金の対象労働者にしたいといわれたが、内容を教えてほしい

通年雇用助成金とは、季節労働者を通年雇用し、常用労働者にさせていく制度で、会社にとっては対象とした労働者に支払った賃金に対しての助成が有り、3年間は対象となる。
対象労働者にとっては、冬期間における失業がなくなり通年労働が保証される。但し通年雇用になり退職する場合は、失業給付は季節の一時金ではなくなる。

家族出産育児一時金差額申請はどのようにしたらよいか教えてほしい。

申請用紙に必要事項を記入し、出産確認証明をもらった後に健康保険協会に郵送すると良い。

11月に期間満了するが、来年度も作業員として働くのは無理だと退職時に伝えた方が良いのでしょうか?

事業所から、来年度も頼むと言われたら、ハッキリと自分の考えを伝えれば良い。敢えて言う必要も無いが、自分の考えを伝えるのは自由。

昨年5月より休業補償給付を受けているが、いつ頃まで受けることができるでしょうか?

休業補償給付については、「診療担当者の証明」欄の傷病の経過31欄に労務不労期間が証明されている間は可能であるが、診療日数があまり少ない場合は、労基署で調査した上で日数を決定する場合がある。基本的には、医師の労務不能証明がある間は、受給することが可能。

子供を病院に連れて行きたいが退職後はどうしたらよいのか教えてほしい

退職後は保険証の種類が変わるのでその旨を病院側に知らせておき、病院側から指示があると思うが、保険証の種類が決まったら病院側に知らせると良い。

健康保険の被扶養者にしている妻が働く場合の認定基準について教えてほしい

認定基準は、対象者の年収が①60歳未満は130万円未満、②60歳以上または障害者は180万円未満。60歳未満の妻であれば月額108,300円以下でなければならない事になっている。また所得税の被扶養者は、103万円以下になっているので、両方をクリアするのであれば月額85,833円以下にしなければならない。

自己都合で退職したが社会保険料を控除した場合不足額が生じる可能性があるのか教えてほしい。

社会保険料の場合、資格喪失日の属する月の保険料は控除できないが資格取得日と資格喪失日が同じ月の場合、1カ月として計算される。

4月3日付けで資格取得をしたが健康保健所がないため、病院へ行きたいがどうすれば良いか教えてほしい。

4月から5月上旬までは、資格取得の繁忙期になるので3週間ほどかかる場合があります。病院へ行くためには会社側に手続き中である事の証明書を作成してもらうか、一時的に10割の支払をし、保険証が来たら病院へ持参して7割を返金してもらう。今後、健康保険の資格取得をする際に「健康保険被保険者資格証明書交付申請書」も一緒に提出してもらい「健康保険被保険者資格証明書」をもらいましょう。

今まで期間満了で退職した際、任意継続をしていたが、今回は任意継続をしても意味がないと言われたが理由を教えてほしい。

年齢を聞いたところ1月に75歳になるので手続をしても任意継続の保険証が届く前に75歳の後期高齢者の健康保険になってしまう。
12月分の保険料をただ払うだけになって継続しても意味がないということではないか?

現在休業補償給付を受けて休んでいて社会保険を掛けてもらっているが、退職の場合任意継続した場合の保険料はどれくらいになるか教えてほしい。

任意継続の保険料は、現在控除されている保険料の金額の倍である。
国民健康保険の金額を確認してどちらにするか判断するのが良い。

11月末日までの契約で5日間の有給休暇が残っているが11月中に使い切ることはできるのか教えてほしい。

季節労働者の場合、採用後6ヵ月後に10日間の有給休暇の権利が発生する。
しかし、4月1日に採用され、工事等の追い込み時期である10月から10日間の有休休暇を消化するのは難しいため、採用後有給休暇を与えるよう指導されている。
相談の内容からいくと、有給休暇は早めに与えられているようで有給休暇の5日間については取得可能であるが、時期的なものもあるので、事業主と話し合いをした方が良いのではないか。11月までの雇用期間であるが有給休暇消化後(12月に入って)に退職することも可能である。

出産育児一時金直接支払い制度を利用して妻が出産した。産院から貰った明細を見たら42万円未満だった

出産費用が42万円未満の場合は、出産育児一時金差額請求により差額の請求ができる。その際に、添付書類としては「出産育児一時金直接支払い制度利用確認書」「明細書及び領収書」等をコピーしたものを申請書と一緒に提出が必要。

主人が作業現場で朝礼中に倒れ、救急搬送された。病院より「限度額適用認定申請」の手続をするように言われたが、これは何なのか教えてほしい

以前は医療費等を窓口で支払い、その後高額医療費の申請をして医療費の自己負担限度額以上の医療費について返金の手続をしていたが、支払いが一時的にも高額になる場合があるので「限度額適用認定申請」をすることによって、自己負担限度額だけを病院の窓口で支払えば良いことになり、医療費負担の軽減をする制度である。

1 2

高額医療費について

病院で治療を受けたが注射と薬代で15万円近くかかってしまった。高額医療費の請求をしたいので教えてほしい。

高額医療費の請求は、一度自己負担して、限度額を超えた分をあとで払い戻してもらう制度。この場合、一時的でも持ち出すお金が多くなる。今後も、治療代等がこのような金額になるような場合は、「限度額適用認定」の申請をした方が良い。限度額適用認定とは、限度額までの支払でいい。

現在傷病手当を受けているが今月末で退職した場合、退職後も受けることは出来るか知りたい

退職後の傷病手当は、資格喪失日の前日までに継続して1年以上の被保険者期間がある人が、資格喪失時に傷病手当を受けているか、季節雇用の場合1年以上の被保険者期間がないため退職後の傷病手当は受けられない。

現在72歳なのだが雇用保険は掛けてもらえるのか知りたい

季節雇用の場合は、年齢に関係なく4カ月以上雇用の見込みの場合は雇用保険に入らなければいけないことになっている。

今月の社会保険料が先月より多く引かれているのは保険料の改定でしょうか?

保険料の改定は、健康保険3月、厚生年金9月となっているので、8月に保険料が変更されているとすれば、昇級した賃金の支払い月から3カ月の平均賃金が、従来の標準報酬月額より2等級以上の上昇があった場合7月から変更になり8月の給与から7月分の保険料となる。

作業中に足首を捻り労災保険の休業補償給付を受けたが退職したら休業補償給付は受けられるか教えてほしい

休業補償給付の請求の場合、事業主の証明印を押印しているが、退職をしていても医師の証明欄に労務不能の証明があれば休業補償給付の請求ができる。

先月分の給料に午後11時までの賃金が入っていなかったので、計算の仕方を教えて欲しい

休日出勤の場合は、始業時間から午後10時までは35%増、午後10時からは深夜残業になるので25%増になる。つまり、時間外も含めて始業時間から午後10時までは35%増で計算し、午後10時以降は60%増の計算になる。また、休日の振替というものもあるので、平日に休んでいるのであれば、休日を振替し、平日の計算の場合の時間外は25%増、深夜労働25%増で時間外と深夜労働が重なった場合は、50%増の計算になる。

今年の5月9日から勤務していたが、持病が出たため退職したら任意継続は出来るか教えてほしい

任意継続の要件として資格喪失日の前日まで継続して2カ月以上の被保険者期間が必要とされているので、6月に退職した場合は継続することが出来ない。

5月から勤務しているのに社会保険の手続きをしてくれないのはなぜか知りたい

4カ月以内の季節的勤務で雇用された場合、社会保険の被保険者になれないので、雇い入れの際にどのような雇用契約だったのかを確認する必要がある。また、当初から4カ月を超えて雇用される予定であったのなら、当然、社会保険に加入しなければならない。

5月1日から臨時的に働いていたが、連休明けに任意継続の保険料を納めたあとに、5月1日から雇用すると言われた。納めてしまった保険料は返金されるのか教えてほしい。

資格取得と保険料の納付の確認後に返金の手続きに必要な請求申請書が送られてくる。

現場に向かっている途中で追突されたが、労災保険の対象になるか教えてほしい

災害(交通事故)が第三者の行為によって生じたものは、「第三者行為災害」といい、第三者行為災害届を提出する事によって労災保険給付の請求ができる。しかし、自動車事故の場合、同一事由によるものについては、労災保険給付と自賠責保険等による保険金支払いとの間で、損害に対する二重の補填とならないよう支給調整が行われ、労災保険給付と自賠責保険等のどちらを先に受けるかについては、被災労働者が自由に選ぶことができる。

退職時に任意継続をしなかったが今からでも入れるか教えてほしい

健康保険任意継続は退職後20日以内に手続をすれば加入できる。ただ、保険料は勤務時に控除されていた健康保険料の倍額になるため、国民健康保険の保険料と比較して決めた方が良い。

期間満了前に自己都合で退職。6ヵ月の受給資格はあるが、給付制限中に一般で働いた場合、一時給付金はどうなるのか教えてほしい。

特例一時金は、退職した日の翌日から6ヵ月間が受給期限であり、受給期限を経過すると支給されない。
今回の場合は、給付制限中であり、働いているので特例一時金を受給することはできない。
しかし、受給要件を満たさず一般を退職し、前(季節雇用)の離職日から6ヵ月以内であれば受給期限の残日数により特例一時金の全部又は一部を受給することができる。

今月期間満了で離職するが、会社から任意継続するか聞かれたが任意継続保険とはどういうものか教えてほしい

任意継続とは、健康保険を継続することができる制度で、保険料は、現在控除されている保険料の倍額になる。継続するかどうかは、国民健康保険に切り替えた場合の保険料額と比較してから決めた方が良い。

9月1日~11日まで理由を言わず病気のために休んでいたが今からでも傷病手当の請求はできるのか教えてほしい。

傷病手当金の請求の際には、医者の「労務不能証明」が必要になるので、9月1日から11日迄の労務不能証明があれば請求できる。

国民健康保険加入の手続きで、喪失日を確認できる書類がないと言われた。

喪失日を確認する書類としては

  1. 退職証明書(退職した会社が発行したもの)
  2. 資格喪失確認通知書(日本年金機構が発行したもの)
  3. 離職票(ハローワークが発行)

などがある。離職票が届いていないのであれば、会社に「退職証明書」を発行してもらうのが早い。

既に6月分の任意継続の保険料を支払ったが6月5日に就職したため支払った保険料は戻ってくるのか教えてほしい。

任意継続の保険証を返納する際に「任意継続被保険者資格喪失申出書」を提出しなければならないので、この申出書を提出することにより、重複していた場合には、後日「還付請求書」が送られてくる。送られてきたら必要事項を記入し、返還請求すると保険料は返還される。

3月31日に退職し、3月分の給与明細書を見たら、社会保険料が2か月分引かれていたがどういうことか教えてほしい

前月分の社会保険を当月給料から控除する基本的な控除の仕方であるが、3月31日が休みになっているので本来ならば退職日は、3月30日で、喪失日は、3月31日となり、3月分の社会保険料は控除しない。1日の違いで保険料を個人が負担するかしないかという事になる。会社としては30日退職にした方が負担額も少なくなるので、会社は、従業員のことを考えて、あえて3月31日の退職、4月1日喪失にしたのではないだろうか。1日の違いで1カ月の厚生年金の期間が違ってくる。

会社から通年雇用助成金の対象労働者にしたいといわれたが、内容を教えてほしい

通年雇用助成金とは、季節労働者を通年雇用し、常用労働者にさせていく制度で、会社にとっては対象とした労働者に支払った賃金に対しての助成が有り、3年間は対象となる。
対象労働者にとっては、冬期間における失業がなくなり通年労働が保証される。但し通年雇用になり退職する場合は、失業給付は季節の一時金ではなくなる。

家族出産育児一時金差額申請はどのようにしたらよいか教えてほしい。

申請用紙に必要事項を記入し、出産確認証明をもらった後に健康保険協会に郵送すると良い。

11月に期間満了するが、来年度も作業員として働くのは無理だと退職時に伝えた方が良いのでしょうか?

事業所から、来年度も頼むと言われたら、ハッキリと自分の考えを伝えれば良い。敢えて言う必要も無いが、自分の考えを伝えるのは自由。

昨年5月より休業補償給付を受けているが、いつ頃まで受けることができるでしょうか?

休業補償給付については、「診療担当者の証明」欄の傷病の経過31欄に労務不労期間が証明されている間は可能であるが、診療日数があまり少ない場合は、労基署で調査した上で日数を決定する場合がある。基本的には、医師の労務不能証明がある間は、受給することが可能。

子供を病院に連れて行きたいが退職後はどうしたらよいのか教えてほしい

退職後は保険証の種類が変わるのでその旨を病院側に知らせておき、病院側から指示があると思うが、保険証の種類が決まったら病院側に知らせると良い。

健康保険の被扶養者にしている妻が働く場合の認定基準について教えてほしい

認定基準は、対象者の年収が①60歳未満は130万円未満、②60歳以上または障害者は180万円未満。60歳未満の妻であれば月額108,300円以下でなければならない事になっている。また所得税の被扶養者は、103万円以下になっているので、両方をクリアするのであれば月額85,833円以下にしなければならない。

自己都合で退職したが社会保険料を控除した場合不足額が生じる可能性があるのか教えてほしい。

社会保険料の場合、資格喪失日の属する月の保険料は控除できないが資格取得日と資格喪失日が同じ月の場合、1カ月として計算される。

4月3日付けで資格取得をしたが健康保健所がないため、病院へ行きたいがどうすれば良いか教えてほしい。

4月から5月上旬までは、資格取得の繁忙期になるので3週間ほどかかる場合があります。病院へ行くためには会社側に手続き中である事の証明書を作成してもらうか、一時的に10割の支払をし、保険証が来たら病院へ持参して7割を返金してもらう。今後、健康保険の資格取得をする際に「健康保険被保険者資格証明書交付申請書」も一緒に提出してもらい「健康保険被保険者資格証明書」をもらいましょう。

今まで期間満了で退職した際、任意継続をしていたが、今回は任意継続をしても意味がないと言われたが理由を教えてほしい。

年齢を聞いたところ1月に75歳になるので手続をしても任意継続の保険証が届く前に75歳の後期高齢者の健康保険になってしまう。
12月分の保険料をただ払うだけになって継続しても意味がないということではないか?

現在休業補償給付を受けて休んでいて社会保険を掛けてもらっているが、退職の場合任意継続した場合の保険料はどれくらいになるか教えてほしい。

任意継続の保険料は、現在控除されている保険料の金額の倍である。
国民健康保険の金額を確認してどちらにするか判断するのが良い。

11月末日までの契約で5日間の有給休暇が残っているが11月中に使い切ることはできるのか教えてほしい。

季節労働者の場合、採用後6ヵ月後に10日間の有給休暇の権利が発生する。
しかし、4月1日に採用され、工事等の追い込み時期である10月から10日間の有休休暇を消化するのは難しいため、採用後有給休暇を与えるよう指導されている。
相談の内容からいくと、有給休暇は早めに与えられているようで有給休暇の5日間については取得可能であるが、時期的なものもあるので、事業主と話し合いをした方が良いのではないか。11月までの雇用期間であるが有給休暇消化後(12月に入って)に退職することも可能である。

出産育児一時金直接支払い制度を利用して妻が出産した。産院から貰った明細を見たら42万円未満だった

出産費用が42万円未満の場合は、出産育児一時金差額請求により差額の請求ができる。その際に、添付書類としては「出産育児一時金直接支払い制度利用確認書」「明細書及び領収書」等をコピーしたものを申請書と一緒に提出が必要。

主人が作業現場で朝礼中に倒れ、救急搬送された。病院より「限度額適用認定申請」の手続をするように言われたが、これは何なのか教えてほしい

以前は医療費等を窓口で支払い、その後高額医療費の申請をして医療費の自己負担限度額以上の医療費について返金の手続をしていたが、支払いが一時的にも高額になる場合があるので「限度額適用認定申請」をすることによって、自己負担限度額だけを病院の窓口で支払えば良いことになり、医療費負担の軽減をする制度である。

1 2

労災について

病院で治療を受けたが注射と薬代で15万円近くかかってしまった。高額医療費の請求をしたいので教えてほしい。

高額医療費の請求は、一度自己負担して、限度額を超えた分をあとで払い戻してもらう制度。この場合、一時的でも持ち出すお金が多くなる。今後も、治療代等がこのような金額になるような場合は、「限度額適用認定」の申請をした方が良い。限度額適用認定とは、限度額までの支払でいい。

現在傷病手当を受けているが今月末で退職した場合、退職後も受けることは出来るか知りたい

退職後の傷病手当は、資格喪失日の前日までに継続して1年以上の被保険者期間がある人が、資格喪失時に傷病手当を受けているか、季節雇用の場合1年以上の被保険者期間がないため退職後の傷病手当は受けられない。

現在72歳なのだが雇用保険は掛けてもらえるのか知りたい

季節雇用の場合は、年齢に関係なく4カ月以上雇用の見込みの場合は雇用保険に入らなければいけないことになっている。

今月の社会保険料が先月より多く引かれているのは保険料の改定でしょうか?

保険料の改定は、健康保険3月、厚生年金9月となっているので、8月に保険料が変更されているとすれば、昇級した賃金の支払い月から3カ月の平均賃金が、従来の標準報酬月額より2等級以上の上昇があった場合7月から変更になり8月の給与から7月分の保険料となる。

作業中に足首を捻り労災保険の休業補償給付を受けたが退職したら休業補償給付は受けられるか教えてほしい

休業補償給付の請求の場合、事業主の証明印を押印しているが、退職をしていても医師の証明欄に労務不能の証明があれば休業補償給付の請求ができる。

先月分の給料に午後11時までの賃金が入っていなかったので、計算の仕方を教えて欲しい

休日出勤の場合は、始業時間から午後10時までは35%増、午後10時からは深夜残業になるので25%増になる。つまり、時間外も含めて始業時間から午後10時までは35%増で計算し、午後10時以降は60%増の計算になる。また、休日の振替というものもあるので、平日に休んでいるのであれば、休日を振替し、平日の計算の場合の時間外は25%増、深夜労働25%増で時間外と深夜労働が重なった場合は、50%増の計算になる。

今年の5月9日から勤務していたが、持病が出たため退職したら任意継続は出来るか教えてほしい

任意継続の要件として資格喪失日の前日まで継続して2カ月以上の被保険者期間が必要とされているので、6月に退職した場合は継続することが出来ない。

5月から勤務しているのに社会保険の手続きをしてくれないのはなぜか知りたい

4カ月以内の季節的勤務で雇用された場合、社会保険の被保険者になれないので、雇い入れの際にどのような雇用契約だったのかを確認する必要がある。また、当初から4カ月を超えて雇用される予定であったのなら、当然、社会保険に加入しなければならない。

5月1日から臨時的に働いていたが、連休明けに任意継続の保険料を納めたあとに、5月1日から雇用すると言われた。納めてしまった保険料は返金されるのか教えてほしい。

資格取得と保険料の納付の確認後に返金の手続きに必要な請求申請書が送られてくる。

現場に向かっている途中で追突されたが、労災保険の対象になるか教えてほしい

災害(交通事故)が第三者の行為によって生じたものは、「第三者行為災害」といい、第三者行為災害届を提出する事によって労災保険給付の請求ができる。しかし、自動車事故の場合、同一事由によるものについては、労災保険給付と自賠責保険等による保険金支払いとの間で、損害に対する二重の補填とならないよう支給調整が行われ、労災保険給付と自賠責保険等のどちらを先に受けるかについては、被災労働者が自由に選ぶことができる。

退職時に任意継続をしなかったが今からでも入れるか教えてほしい

健康保険任意継続は退職後20日以内に手続をすれば加入できる。ただ、保険料は勤務時に控除されていた健康保険料の倍額になるため、国民健康保険の保険料と比較して決めた方が良い。

期間満了前に自己都合で退職。6ヵ月の受給資格はあるが、給付制限中に一般で働いた場合、一時給付金はどうなるのか教えてほしい。

特例一時金は、退職した日の翌日から6ヵ月間が受給期限であり、受給期限を経過すると支給されない。
今回の場合は、給付制限中であり、働いているので特例一時金を受給することはできない。
しかし、受給要件を満たさず一般を退職し、前(季節雇用)の離職日から6ヵ月以内であれば受給期限の残日数により特例一時金の全部又は一部を受給することができる。

今月期間満了で離職するが、会社から任意継続するか聞かれたが任意継続保険とはどういうものか教えてほしい

任意継続とは、健康保険を継続することができる制度で、保険料は、現在控除されている保険料の倍額になる。継続するかどうかは、国民健康保険に切り替えた場合の保険料額と比較してから決めた方が良い。

9月1日~11日まで理由を言わず病気のために休んでいたが今からでも傷病手当の請求はできるのか教えてほしい。

傷病手当金の請求の際には、医者の「労務不能証明」が必要になるので、9月1日から11日迄の労務不能証明があれば請求できる。

国民健康保険加入の手続きで、喪失日を確認できる書類がないと言われた。

喪失日を確認する書類としては

  1. 退職証明書(退職した会社が発行したもの)
  2. 資格喪失確認通知書(日本年金機構が発行したもの)
  3. 離職票(ハローワークが発行)

などがある。離職票が届いていないのであれば、会社に「退職証明書」を発行してもらうのが早い。

既に6月分の任意継続の保険料を支払ったが6月5日に就職したため支払った保険料は戻ってくるのか教えてほしい。

任意継続の保険証を返納する際に「任意継続被保険者資格喪失申出書」を提出しなければならないので、この申出書を提出することにより、重複していた場合には、後日「還付請求書」が送られてくる。送られてきたら必要事項を記入し、返還請求すると保険料は返還される。

3月31日に退職し、3月分の給与明細書を見たら、社会保険料が2か月分引かれていたがどういうことか教えてほしい

前月分の社会保険を当月給料から控除する基本的な控除の仕方であるが、3月31日が休みになっているので本来ならば退職日は、3月30日で、喪失日は、3月31日となり、3月分の社会保険料は控除しない。1日の違いで保険料を個人が負担するかしないかという事になる。会社としては30日退職にした方が負担額も少なくなるので、会社は、従業員のことを考えて、あえて3月31日の退職、4月1日喪失にしたのではないだろうか。1日の違いで1カ月の厚生年金の期間が違ってくる。

会社から通年雇用助成金の対象労働者にしたいといわれたが、内容を教えてほしい

通年雇用助成金とは、季節労働者を通年雇用し、常用労働者にさせていく制度で、会社にとっては対象とした労働者に支払った賃金に対しての助成が有り、3年間は対象となる。
対象労働者にとっては、冬期間における失業がなくなり通年労働が保証される。但し通年雇用になり退職する場合は、失業給付は季節の一時金ではなくなる。

家族出産育児一時金差額申請はどのようにしたらよいか教えてほしい。

申請用紙に必要事項を記入し、出産確認証明をもらった後に健康保険協会に郵送すると良い。

11月に期間満了するが、来年度も作業員として働くのは無理だと退職時に伝えた方が良いのでしょうか?

事業所から、来年度も頼むと言われたら、ハッキリと自分の考えを伝えれば良い。敢えて言う必要も無いが、自分の考えを伝えるのは自由。

昨年5月より休業補償給付を受けているが、いつ頃まで受けることができるでしょうか?

休業補償給付については、「診療担当者の証明」欄の傷病の経過31欄に労務不労期間が証明されている間は可能であるが、診療日数があまり少ない場合は、労基署で調査した上で日数を決定する場合がある。基本的には、医師の労務不能証明がある間は、受給することが可能。

子供を病院に連れて行きたいが退職後はどうしたらよいのか教えてほしい

退職後は保険証の種類が変わるのでその旨を病院側に知らせておき、病院側から指示があると思うが、保険証の種類が決まったら病院側に知らせると良い。

健康保険の被扶養者にしている妻が働く場合の認定基準について教えてほしい

認定基準は、対象者の年収が①60歳未満は130万円未満、②60歳以上または障害者は180万円未満。60歳未満の妻であれば月額108,300円以下でなければならない事になっている。また所得税の被扶養者は、103万円以下になっているので、両方をクリアするのであれば月額85,833円以下にしなければならない。

自己都合で退職したが社会保険料を控除した場合不足額が生じる可能性があるのか教えてほしい。

社会保険料の場合、資格喪失日の属する月の保険料は控除できないが資格取得日と資格喪失日が同じ月の場合、1カ月として計算される。

4月3日付けで資格取得をしたが健康保健所がないため、病院へ行きたいがどうすれば良いか教えてほしい。

4月から5月上旬までは、資格取得の繁忙期になるので3週間ほどかかる場合があります。病院へ行くためには会社側に手続き中である事の証明書を作成してもらうか、一時的に10割の支払をし、保険証が来たら病院へ持参して7割を返金してもらう。今後、健康保険の資格取得をする際に「健康保険被保険者資格証明書交付申請書」も一緒に提出してもらい「健康保険被保険者資格証明書」をもらいましょう。

今まで期間満了で退職した際、任意継続をしていたが、今回は任意継続をしても意味がないと言われたが理由を教えてほしい。

年齢を聞いたところ1月に75歳になるので手続をしても任意継続の保険証が届く前に75歳の後期高齢者の健康保険になってしまう。
12月分の保険料をただ払うだけになって継続しても意味がないということではないか?

現在休業補償給付を受けて休んでいて社会保険を掛けてもらっているが、退職の場合任意継続した場合の保険料はどれくらいになるか教えてほしい。

任意継続の保険料は、現在控除されている保険料の金額の倍である。
国民健康保険の金額を確認してどちらにするか判断するのが良い。

11月末日までの契約で5日間の有給休暇が残っているが11月中に使い切ることはできるのか教えてほしい。

季節労働者の場合、採用後6ヵ月後に10日間の有給休暇の権利が発生する。
しかし、4月1日に採用され、工事等の追い込み時期である10月から10日間の有休休暇を消化するのは難しいため、採用後有給休暇を与えるよう指導されている。
相談の内容からいくと、有給休暇は早めに与えられているようで有給休暇の5日間については取得可能であるが、時期的なものもあるので、事業主と話し合いをした方が良いのではないか。11月までの雇用期間であるが有給休暇消化後(12月に入って)に退職することも可能である。

出産育児一時金直接支払い制度を利用して妻が出産した。産院から貰った明細を見たら42万円未満だった

出産費用が42万円未満の場合は、出産育児一時金差額請求により差額の請求ができる。その際に、添付書類としては「出産育児一時金直接支払い制度利用確認書」「明細書及び領収書」等をコピーしたものを申請書と一緒に提出が必要。

主人が作業現場で朝礼中に倒れ、救急搬送された。病院より「限度額適用認定申請」の手続をするように言われたが、これは何なのか教えてほしい

以前は医療費等を窓口で支払い、その後高額医療費の申請をして医療費の自己負担限度額以上の医療費について返金の手続をしていたが、支払いが一時的にも高額になる場合があるので「限度額適用認定申請」をすることによって、自己負担限度額だけを病院の窓口で支払えば良いことになり、医療費負担の軽減をする制度である。

1 2

雇用保険について

病院で治療を受けたが注射と薬代で15万円近くかかってしまった。高額医療費の請求をしたいので教えてほしい。

高額医療費の請求は、一度自己負担して、限度額を超えた分をあとで払い戻してもらう制度。この場合、一時的でも持ち出すお金が多くなる。今後も、治療代等がこのような金額になるような場合は、「限度額適用認定」の申請をした方が良い。限度額適用認定とは、限度額までの支払でいい。

現在傷病手当を受けているが今月末で退職した場合、退職後も受けることは出来るか知りたい

退職後の傷病手当は、資格喪失日の前日までに継続して1年以上の被保険者期間がある人が、資格喪失時に傷病手当を受けているか、季節雇用の場合1年以上の被保険者期間がないため退職後の傷病手当は受けられない。

現在72歳なのだが雇用保険は掛けてもらえるのか知りたい

季節雇用の場合は、年齢に関係なく4カ月以上雇用の見込みの場合は雇用保険に入らなければいけないことになっている。

今月の社会保険料が先月より多く引かれているのは保険料の改定でしょうか?

保険料の改定は、健康保険3月、厚生年金9月となっているので、8月に保険料が変更されているとすれば、昇級した賃金の支払い月から3カ月の平均賃金が、従来の標準報酬月額より2等級以上の上昇があった場合7月から変更になり8月の給与から7月分の保険料となる。

作業中に足首を捻り労災保険の休業補償給付を受けたが退職したら休業補償給付は受けられるか教えてほしい

休業補償給付の請求の場合、事業主の証明印を押印しているが、退職をしていても医師の証明欄に労務不能の証明があれば休業補償給付の請求ができる。

先月分の給料に午後11時までの賃金が入っていなかったので、計算の仕方を教えて欲しい

休日出勤の場合は、始業時間から午後10時までは35%増、午後10時からは深夜残業になるので25%増になる。つまり、時間外も含めて始業時間から午後10時までは35%増で計算し、午後10時以降は60%増の計算になる。また、休日の振替というものもあるので、平日に休んでいるのであれば、休日を振替し、平日の計算の場合の時間外は25%増、深夜労働25%増で時間外と深夜労働が重なった場合は、50%増の計算になる。

今年の5月9日から勤務していたが、持病が出たため退職したら任意継続は出来るか教えてほしい

任意継続の要件として資格喪失日の前日まで継続して2カ月以上の被保険者期間が必要とされているので、6月に退職した場合は継続することが出来ない。

5月から勤務しているのに社会保険の手続きをしてくれないのはなぜか知りたい

4カ月以内の季節的勤務で雇用された場合、社会保険の被保険者になれないので、雇い入れの際にどのような雇用契約だったのかを確認する必要がある。また、当初から4カ月を超えて雇用される予定であったのなら、当然、社会保険に加入しなければならない。

5月1日から臨時的に働いていたが、連休明けに任意継続の保険料を納めたあとに、5月1日から雇用すると言われた。納めてしまった保険料は返金されるのか教えてほしい。

資格取得と保険料の納付の確認後に返金の手続きに必要な請求申請書が送られてくる。

現場に向かっている途中で追突されたが、労災保険の対象になるか教えてほしい

災害(交通事故)が第三者の行為によって生じたものは、「第三者行為災害」といい、第三者行為災害届を提出する事によって労災保険給付の請求ができる。しかし、自動車事故の場合、同一事由によるものについては、労災保険給付と自賠責保険等による保険金支払いとの間で、損害に対する二重の補填とならないよう支給調整が行われ、労災保険給付と自賠責保険等のどちらを先に受けるかについては、被災労働者が自由に選ぶことができる。

退職時に任意継続をしなかったが今からでも入れるか教えてほしい

健康保険任意継続は退職後20日以内に手続をすれば加入できる。ただ、保険料は勤務時に控除されていた健康保険料の倍額になるため、国民健康保険の保険料と比較して決めた方が良い。

期間満了前に自己都合で退職。6ヵ月の受給資格はあるが、給付制限中に一般で働いた場合、一時給付金はどうなるのか教えてほしい。

特例一時金は、退職した日の翌日から6ヵ月間が受給期限であり、受給期限を経過すると支給されない。
今回の場合は、給付制限中であり、働いているので特例一時金を受給することはできない。
しかし、受給要件を満たさず一般を退職し、前(季節雇用)の離職日から6ヵ月以内であれば受給期限の残日数により特例一時金の全部又は一部を受給することができる。

今月期間満了で離職するが、会社から任意継続するか聞かれたが任意継続保険とはどういうものか教えてほしい

任意継続とは、健康保険を継続することができる制度で、保険料は、現在控除されている保険料の倍額になる。継続するかどうかは、国民健康保険に切り替えた場合の保険料額と比較してから決めた方が良い。

9月1日~11日まで理由を言わず病気のために休んでいたが今からでも傷病手当の請求はできるのか教えてほしい。

傷病手当金の請求の際には、医者の「労務不能証明」が必要になるので、9月1日から11日迄の労務不能証明があれば請求できる。

国民健康保険加入の手続きで、喪失日を確認できる書類がないと言われた。

喪失日を確認する書類としては

  1. 退職証明書(退職した会社が発行したもの)
  2. 資格喪失確認通知書(日本年金機構が発行したもの)
  3. 離職票(ハローワークが発行)

などがある。離職票が届いていないのであれば、会社に「退職証明書」を発行してもらうのが早い。

既に6月分の任意継続の保険料を支払ったが6月5日に就職したため支払った保険料は戻ってくるのか教えてほしい。

任意継続の保険証を返納する際に「任意継続被保険者資格喪失申出書」を提出しなければならないので、この申出書を提出することにより、重複していた場合には、後日「還付請求書」が送られてくる。送られてきたら必要事項を記入し、返還請求すると保険料は返還される。

3月31日に退職し、3月分の給与明細書を見たら、社会保険料が2か月分引かれていたがどういうことか教えてほしい

前月分の社会保険を当月給料から控除する基本的な控除の仕方であるが、3月31日が休みになっているので本来ならば退職日は、3月30日で、喪失日は、3月31日となり、3月分の社会保険料は控除しない。1日の違いで保険料を個人が負担するかしないかという事になる。会社としては30日退職にした方が負担額も少なくなるので、会社は、従業員のことを考えて、あえて3月31日の退職、4月1日喪失にしたのではないだろうか。1日の違いで1カ月の厚生年金の期間が違ってくる。

会社から通年雇用助成金の対象労働者にしたいといわれたが、内容を教えてほしい

通年雇用助成金とは、季節労働者を通年雇用し、常用労働者にさせていく制度で、会社にとっては対象とした労働者に支払った賃金に対しての助成が有り、3年間は対象となる。
対象労働者にとっては、冬期間における失業がなくなり通年労働が保証される。但し通年雇用になり退職する場合は、失業給付は季節の一時金ではなくなる。

家族出産育児一時金差額申請はどのようにしたらよいか教えてほしい。

申請用紙に必要事項を記入し、出産確認証明をもらった後に健康保険協会に郵送すると良い。

11月に期間満了するが、来年度も作業員として働くのは無理だと退職時に伝えた方が良いのでしょうか?

事業所から、来年度も頼むと言われたら、ハッキリと自分の考えを伝えれば良い。敢えて言う必要も無いが、自分の考えを伝えるのは自由。

昨年5月より休業補償給付を受けているが、いつ頃まで受けることができるでしょうか?

休業補償給付については、「診療担当者の証明」欄の傷病の経過31欄に労務不労期間が証明されている間は可能であるが、診療日数があまり少ない場合は、労基署で調査した上で日数を決定する場合がある。基本的には、医師の労務不能証明がある間は、受給することが可能。

子供を病院に連れて行きたいが退職後はどうしたらよいのか教えてほしい

退職後は保険証の種類が変わるのでその旨を病院側に知らせておき、病院側から指示があると思うが、保険証の種類が決まったら病院側に知らせると良い。

健康保険の被扶養者にしている妻が働く場合の認定基準について教えてほしい

認定基準は、対象者の年収が①60歳未満は130万円未満、②60歳以上または障害者は180万円未満。60歳未満の妻であれば月額108,300円以下でなければならない事になっている。また所得税の被扶養者は、103万円以下になっているので、両方をクリアするのであれば月額85,833円以下にしなければならない。

自己都合で退職したが社会保険料を控除した場合不足額が生じる可能性があるのか教えてほしい。

社会保険料の場合、資格喪失日の属する月の保険料は控除できないが資格取得日と資格喪失日が同じ月の場合、1カ月として計算される。

4月3日付けで資格取得をしたが健康保健所がないため、病院へ行きたいがどうすれば良いか教えてほしい。

4月から5月上旬までは、資格取得の繁忙期になるので3週間ほどかかる場合があります。病院へ行くためには会社側に手続き中である事の証明書を作成してもらうか、一時的に10割の支払をし、保険証が来たら病院へ持参して7割を返金してもらう。今後、健康保険の資格取得をする際に「健康保険被保険者資格証明書交付申請書」も一緒に提出してもらい「健康保険被保険者資格証明書」をもらいましょう。

今まで期間満了で退職した際、任意継続をしていたが、今回は任意継続をしても意味がないと言われたが理由を教えてほしい。

年齢を聞いたところ1月に75歳になるので手続をしても任意継続の保険証が届く前に75歳の後期高齢者の健康保険になってしまう。
12月分の保険料をただ払うだけになって継続しても意味がないということではないか?

現在休業補償給付を受けて休んでいて社会保険を掛けてもらっているが、退職の場合任意継続した場合の保険料はどれくらいになるか教えてほしい。

任意継続の保険料は、現在控除されている保険料の金額の倍である。
国民健康保険の金額を確認してどちらにするか判断するのが良い。

11月末日までの契約で5日間の有給休暇が残っているが11月中に使い切ることはできるのか教えてほしい。

季節労働者の場合、採用後6ヵ月後に10日間の有給休暇の権利が発生する。
しかし、4月1日に採用され、工事等の追い込み時期である10月から10日間の有休休暇を消化するのは難しいため、採用後有給休暇を与えるよう指導されている。
相談の内容からいくと、有給休暇は早めに与えられているようで有給休暇の5日間については取得可能であるが、時期的なものもあるので、事業主と話し合いをした方が良いのではないか。11月までの雇用期間であるが有給休暇消化後(12月に入って)に退職することも可能である。

出産育児一時金直接支払い制度を利用して妻が出産した。産院から貰った明細を見たら42万円未満だった

出産費用が42万円未満の場合は、出産育児一時金差額請求により差額の請求ができる。その際に、添付書類としては「出産育児一時金直接支払い制度利用確認書」「明細書及び領収書」等をコピーしたものを申請書と一緒に提出が必要。

主人が作業現場で朝礼中に倒れ、救急搬送された。病院より「限度額適用認定申請」の手続をするように言われたが、これは何なのか教えてほしい

以前は医療費等を窓口で支払い、その後高額医療費の申請をして医療費の自己負担限度額以上の医療費について返金の手続をしていたが、支払いが一時的にも高額になる場合があるので「限度額適用認定申請」をすることによって、自己負担限度額だけを病院の窓口で支払えば良いことになり、医療費負担の軽減をする制度である。

1 2

休業補償給付について

病院で治療を受けたが注射と薬代で15万円近くかかってしまった。高額医療費の請求をしたいので教えてほしい。

高額医療費の請求は、一度自己負担して、限度額を超えた分をあとで払い戻してもらう制度。この場合、一時的でも持ち出すお金が多くなる。今後も、治療代等がこのような金額になるような場合は、「限度額適用認定」の申請をした方が良い。限度額適用認定とは、限度額までの支払でいい。

現在傷病手当を受けているが今月末で退職した場合、退職後も受けることは出来るか知りたい

退職後の傷病手当は、資格喪失日の前日までに継続して1年以上の被保険者期間がある人が、資格喪失時に傷病手当を受けているか、季節雇用の場合1年以上の被保険者期間がないため退職後の傷病手当は受けられない。

現在72歳なのだが雇用保険は掛けてもらえるのか知りたい

季節雇用の場合は、年齢に関係なく4カ月以上雇用の見込みの場合は雇用保険に入らなければいけないことになっている。

今月の社会保険料が先月より多く引かれているのは保険料の改定でしょうか?

保険料の改定は、健康保険3月、厚生年金9月となっているので、8月に保険料が変更されているとすれば、昇級した賃金の支払い月から3カ月の平均賃金が、従来の標準報酬月額より2等級以上の上昇があった場合7月から変更になり8月の給与から7月分の保険料となる。

作業中に足首を捻り労災保険の休業補償給付を受けたが退職したら休業補償給付は受けられるか教えてほしい

休業補償給付の請求の場合、事業主の証明印を押印しているが、退職をしていても医師の証明欄に労務不能の証明があれば休業補償給付の請求ができる。

先月分の給料に午後11時までの賃金が入っていなかったので、計算の仕方を教えて欲しい

休日出勤の場合は、始業時間から午後10時までは35%増、午後10時からは深夜残業になるので25%増になる。つまり、時間外も含めて始業時間から午後10時までは35%増で計算し、午後10時以降は60%増の計算になる。また、休日の振替というものもあるので、平日に休んでいるのであれば、休日を振替し、平日の計算の場合の時間外は25%増、深夜労働25%増で時間外と深夜労働が重なった場合は、50%増の計算になる。

今年の5月9日から勤務していたが、持病が出たため退職したら任意継続は出来るか教えてほしい

任意継続の要件として資格喪失日の前日まで継続して2カ月以上の被保険者期間が必要とされているので、6月に退職した場合は継続することが出来ない。

5月から勤務しているのに社会保険の手続きをしてくれないのはなぜか知りたい

4カ月以内の季節的勤務で雇用された場合、社会保険の被保険者になれないので、雇い入れの際にどのような雇用契約だったのかを確認する必要がある。また、当初から4カ月を超えて雇用される予定であったのなら、当然、社会保険に加入しなければならない。

5月1日から臨時的に働いていたが、連休明けに任意継続の保険料を納めたあとに、5月1日から雇用すると言われた。納めてしまった保険料は返金されるのか教えてほしい。

資格取得と保険料の納付の確認後に返金の手続きに必要な請求申請書が送られてくる。

現場に向かっている途中で追突されたが、労災保険の対象になるか教えてほしい

災害(交通事故)が第三者の行為によって生じたものは、「第三者行為災害」といい、第三者行為災害届を提出する事によって労災保険給付の請求ができる。しかし、自動車事故の場合、同一事由によるものについては、労災保険給付と自賠責保険等による保険金支払いとの間で、損害に対する二重の補填とならないよう支給調整が行われ、労災保険給付と自賠責保険等のどちらを先に受けるかについては、被災労働者が自由に選ぶことができる。

退職時に任意継続をしなかったが今からでも入れるか教えてほしい

健康保険任意継続は退職後20日以内に手続をすれば加入できる。ただ、保険料は勤務時に控除されていた健康保険料の倍額になるため、国民健康保険の保険料と比較して決めた方が良い。

期間満了前に自己都合で退職。6ヵ月の受給資格はあるが、給付制限中に一般で働いた場合、一時給付金はどうなるのか教えてほしい。

特例一時金は、退職した日の翌日から6ヵ月間が受給期限であり、受給期限を経過すると支給されない。
今回の場合は、給付制限中であり、働いているので特例一時金を受給することはできない。
しかし、受給要件を満たさず一般を退職し、前(季節雇用)の離職日から6ヵ月以内であれば受給期限の残日数により特例一時金の全部又は一部を受給することができる。

今月期間満了で離職するが、会社から任意継続するか聞かれたが任意継続保険とはどういうものか教えてほしい

任意継続とは、健康保険を継続することができる制度で、保険料は、現在控除されている保険料の倍額になる。継続するかどうかは、国民健康保険に切り替えた場合の保険料額と比較してから決めた方が良い。

9月1日~11日まで理由を言わず病気のために休んでいたが今からでも傷病手当の請求はできるのか教えてほしい。

傷病手当金の請求の際には、医者の「労務不能証明」が必要になるので、9月1日から11日迄の労務不能証明があれば請求できる。

国民健康保険加入の手続きで、喪失日を確認できる書類がないと言われた。

喪失日を確認する書類としては

  1. 退職証明書(退職した会社が発行したもの)
  2. 資格喪失確認通知書(日本年金機構が発行したもの)
  3. 離職票(ハローワークが発行)

などがある。離職票が届いていないのであれば、会社に「退職証明書」を発行してもらうのが早い。

既に6月分の任意継続の保険料を支払ったが6月5日に就職したため支払った保険料は戻ってくるのか教えてほしい。

任意継続の保険証を返納する際に「任意継続被保険者資格喪失申出書」を提出しなければならないので、この申出書を提出することにより、重複していた場合には、後日「還付請求書」が送られてくる。送られてきたら必要事項を記入し、返還請求すると保険料は返還される。

3月31日に退職し、3月分の給与明細書を見たら、社会保険料が2か月分引かれていたがどういうことか教えてほしい

前月分の社会保険を当月給料から控除する基本的な控除の仕方であるが、3月31日が休みになっているので本来ならば退職日は、3月30日で、喪失日は、3月31日となり、3月分の社会保険料は控除しない。1日の違いで保険料を個人が負担するかしないかという事になる。会社としては30日退職にした方が負担額も少なくなるので、会社は、従業員のことを考えて、あえて3月31日の退職、4月1日喪失にしたのではないだろうか。1日の違いで1カ月の厚生年金の期間が違ってくる。

会社から通年雇用助成金の対象労働者にしたいといわれたが、内容を教えてほしい

通年雇用助成金とは、季節労働者を通年雇用し、常用労働者にさせていく制度で、会社にとっては対象とした労働者に支払った賃金に対しての助成が有り、3年間は対象となる。
対象労働者にとっては、冬期間における失業がなくなり通年労働が保証される。但し通年雇用になり退職する場合は、失業給付は季節の一時金ではなくなる。

家族出産育児一時金差額申請はどのようにしたらよいか教えてほしい。

申請用紙に必要事項を記入し、出産確認証明をもらった後に健康保険協会に郵送すると良い。

11月に期間満了するが、来年度も作業員として働くのは無理だと退職時に伝えた方が良いのでしょうか?

事業所から、来年度も頼むと言われたら、ハッキリと自分の考えを伝えれば良い。敢えて言う必要も無いが、自分の考えを伝えるのは自由。

昨年5月より休業補償給付を受けているが、いつ頃まで受けることができるでしょうか?

休業補償給付については、「診療担当者の証明」欄の傷病の経過31欄に労務不労期間が証明されている間は可能であるが、診療日数があまり少ない場合は、労基署で調査した上で日数を決定する場合がある。基本的には、医師の労務不能証明がある間は、受給することが可能。

子供を病院に連れて行きたいが退職後はどうしたらよいのか教えてほしい

退職後は保険証の種類が変わるのでその旨を病院側に知らせておき、病院側から指示があると思うが、保険証の種類が決まったら病院側に知らせると良い。

健康保険の被扶養者にしている妻が働く場合の認定基準について教えてほしい

認定基準は、対象者の年収が①60歳未満は130万円未満、②60歳以上または障害者は180万円未満。60歳未満の妻であれば月額108,300円以下でなければならない事になっている。また所得税の被扶養者は、103万円以下になっているので、両方をクリアするのであれば月額85,833円以下にしなければならない。

自己都合で退職したが社会保険料を控除した場合不足額が生じる可能性があるのか教えてほしい。

社会保険料の場合、資格喪失日の属する月の保険料は控除できないが資格取得日と資格喪失日が同じ月の場合、1カ月として計算される。

4月3日付けで資格取得をしたが健康保健所がないため、病院へ行きたいがどうすれば良いか教えてほしい。

4月から5月上旬までは、資格取得の繁忙期になるので3週間ほどかかる場合があります。病院へ行くためには会社側に手続き中である事の証明書を作成してもらうか、一時的に10割の支払をし、保険証が来たら病院へ持参して7割を返金してもらう。今後、健康保険の資格取得をする際に「健康保険被保険者資格証明書交付申請書」も一緒に提出してもらい「健康保険被保険者資格証明書」をもらいましょう。

今まで期間満了で退職した際、任意継続をしていたが、今回は任意継続をしても意味がないと言われたが理由を教えてほしい。

年齢を聞いたところ1月に75歳になるので手続をしても任意継続の保険証が届く前に75歳の後期高齢者の健康保険になってしまう。
12月分の保険料をただ払うだけになって継続しても意味がないということではないか?

現在休業補償給付を受けて休んでいて社会保険を掛けてもらっているが、退職の場合任意継続した場合の保険料はどれくらいになるか教えてほしい。

任意継続の保険料は、現在控除されている保険料の金額の倍である。
国民健康保険の金額を確認してどちらにするか判断するのが良い。

11月末日までの契約で5日間の有給休暇が残っているが11月中に使い切ることはできるのか教えてほしい。

季節労働者の場合、採用後6ヵ月後に10日間の有給休暇の権利が発生する。
しかし、4月1日に採用され、工事等の追い込み時期である10月から10日間の有休休暇を消化するのは難しいため、採用後有給休暇を与えるよう指導されている。
相談の内容からいくと、有給休暇は早めに与えられているようで有給休暇の5日間については取得可能であるが、時期的なものもあるので、事業主と話し合いをした方が良いのではないか。11月までの雇用期間であるが有給休暇消化後(12月に入って)に退職することも可能である。

出産育児一時金直接支払い制度を利用して妻が出産した。産院から貰った明細を見たら42万円未満だった

出産費用が42万円未満の場合は、出産育児一時金差額請求により差額の請求ができる。その際に、添付書類としては「出産育児一時金直接支払い制度利用確認書」「明細書及び領収書」等をコピーしたものを申請書と一緒に提出が必要。

主人が作業現場で朝礼中に倒れ、救急搬送された。病院より「限度額適用認定申請」の手続をするように言われたが、これは何なのか教えてほしい

以前は医療費等を窓口で支払い、その後高額医療費の申請をして医療費の自己負担限度額以上の医療費について返金の手続をしていたが、支払いが一時的にも高額になる場合があるので「限度額適用認定申請」をすることによって、自己負担限度額だけを病院の窓口で支払えば良いことになり、医療費負担の軽減をする制度である。

1 2

傷病手当金について

病院で治療を受けたが注射と薬代で15万円近くかかってしまった。高額医療費の請求をしたいので教えてほしい。

高額医療費の請求は、一度自己負担して、限度額を超えた分をあとで払い戻してもらう制度。この場合、一時的でも持ち出すお金が多くなる。今後も、治療代等がこのような金額になるような場合は、「限度額適用認定」の申請をした方が良い。限度額適用認定とは、限度額までの支払でいい。

現在傷病手当を受けているが今月末で退職した場合、退職後も受けることは出来るか知りたい

退職後の傷病手当は、資格喪失日の前日までに継続して1年以上の被保険者期間がある人が、資格喪失時に傷病手当を受けているか、季節雇用の場合1年以上の被保険者期間がないため退職後の傷病手当は受けられない。

現在72歳なのだが雇用保険は掛けてもらえるのか知りたい

季節雇用の場合は、年齢に関係なく4カ月以上雇用の見込みの場合は雇用保険に入らなければいけないことになっている。

今月の社会保険料が先月より多く引かれているのは保険料の改定でしょうか?

保険料の改定は、健康保険3月、厚生年金9月となっているので、8月に保険料が変更されているとすれば、昇級した賃金の支払い月から3カ月の平均賃金が、従来の標準報酬月額より2等級以上の上昇があった場合7月から変更になり8月の給与から7月分の保険料となる。

作業中に足首を捻り労災保険の休業補償給付を受けたが退職したら休業補償給付は受けられるか教えてほしい

休業補償給付の請求の場合、事業主の証明印を押印しているが、退職をしていても医師の証明欄に労務不能の証明があれば休業補償給付の請求ができる。

先月分の給料に午後11時までの賃金が入っていなかったので、計算の仕方を教えて欲しい

休日出勤の場合は、始業時間から午後10時までは35%増、午後10時からは深夜残業になるので25%増になる。つまり、時間外も含めて始業時間から午後10時までは35%増で計算し、午後10時以降は60%増の計算になる。また、休日の振替というものもあるので、平日に休んでいるのであれば、休日を振替し、平日の計算の場合の時間外は25%増、深夜労働25%増で時間外と深夜労働が重なった場合は、50%増の計算になる。

今年の5月9日から勤務していたが、持病が出たため退職したら任意継続は出来るか教えてほしい

任意継続の要件として資格喪失日の前日まで継続して2カ月以上の被保険者期間が必要とされているので、6月に退職した場合は継続することが出来ない。

5月から勤務しているのに社会保険の手続きをしてくれないのはなぜか知りたい

4カ月以内の季節的勤務で雇用された場合、社会保険の被保険者になれないので、雇い入れの際にどのような雇用契約だったのかを確認する必要がある。また、当初から4カ月を超えて雇用される予定であったのなら、当然、社会保険に加入しなければならない。

5月1日から臨時的に働いていたが、連休明けに任意継続の保険料を納めたあとに、5月1日から雇用すると言われた。納めてしまった保険料は返金されるのか教えてほしい。

資格取得と保険料の納付の確認後に返金の手続きに必要な請求申請書が送られてくる。

現場に向かっている途中で追突されたが、労災保険の対象になるか教えてほしい

災害(交通事故)が第三者の行為によって生じたものは、「第三者行為災害」といい、第三者行為災害届を提出する事によって労災保険給付の請求ができる。しかし、自動車事故の場合、同一事由によるものについては、労災保険給付と自賠責保険等による保険金支払いとの間で、損害に対する二重の補填とならないよう支給調整が行われ、労災保険給付と自賠責保険等のどちらを先に受けるかについては、被災労働者が自由に選ぶことができる。

退職時に任意継続をしなかったが今からでも入れるか教えてほしい

健康保険任意継続は退職後20日以内に手続をすれば加入できる。ただ、保険料は勤務時に控除されていた健康保険料の倍額になるため、国民健康保険の保険料と比較して決めた方が良い。

期間満了前に自己都合で退職。6ヵ月の受給資格はあるが、給付制限中に一般で働いた場合、一時給付金はどうなるのか教えてほしい。

特例一時金は、退職した日の翌日から6ヵ月間が受給期限であり、受給期限を経過すると支給されない。
今回の場合は、給付制限中であり、働いているので特例一時金を受給することはできない。
しかし、受給要件を満たさず一般を退職し、前(季節雇用)の離職日から6ヵ月以内であれば受給期限の残日数により特例一時金の全部又は一部を受給することができる。

今月期間満了で離職するが、会社から任意継続するか聞かれたが任意継続保険とはどういうものか教えてほしい

任意継続とは、健康保険を継続することができる制度で、保険料は、現在控除されている保険料の倍額になる。継続するかどうかは、国民健康保険に切り替えた場合の保険料額と比較してから決めた方が良い。

9月1日~11日まで理由を言わず病気のために休んでいたが今からでも傷病手当の請求はできるのか教えてほしい。

傷病手当金の請求の際には、医者の「労務不能証明」が必要になるので、9月1日から11日迄の労務不能証明があれば請求できる。

国民健康保険加入の手続きで、喪失日を確認できる書類がないと言われた。

喪失日を確認する書類としては

  1. 退職証明書(退職した会社が発行したもの)
  2. 資格喪失確認通知書(日本年金機構が発行したもの)
  3. 離職票(ハローワークが発行)

などがある。離職票が届いていないのであれば、会社に「退職証明書」を発行してもらうのが早い。

既に6月分の任意継続の保険料を支払ったが6月5日に就職したため支払った保険料は戻ってくるのか教えてほしい。

任意継続の保険証を返納する際に「任意継続被保険者資格喪失申出書」を提出しなければならないので、この申出書を提出することにより、重複していた場合には、後日「還付請求書」が送られてくる。送られてきたら必要事項を記入し、返還請求すると保険料は返還される。

3月31日に退職し、3月分の給与明細書を見たら、社会保険料が2か月分引かれていたがどういうことか教えてほしい

前月分の社会保険を当月給料から控除する基本的な控除の仕方であるが、3月31日が休みになっているので本来ならば退職日は、3月30日で、喪失日は、3月31日となり、3月分の社会保険料は控除しない。1日の違いで保険料を個人が負担するかしないかという事になる。会社としては30日退職にした方が負担額も少なくなるので、会社は、従業員のことを考えて、あえて3月31日の退職、4月1日喪失にしたのではないだろうか。1日の違いで1カ月の厚生年金の期間が違ってくる。

会社から通年雇用助成金の対象労働者にしたいといわれたが、内容を教えてほしい

通年雇用助成金とは、季節労働者を通年雇用し、常用労働者にさせていく制度で、会社にとっては対象とした労働者に支払った賃金に対しての助成が有り、3年間は対象となる。
対象労働者にとっては、冬期間における失業がなくなり通年労働が保証される。但し通年雇用になり退職する場合は、失業給付は季節の一時金ではなくなる。

家族出産育児一時金差額申請はどのようにしたらよいか教えてほしい。

申請用紙に必要事項を記入し、出産確認証明をもらった後に健康保険協会に郵送すると良い。

11月に期間満了するが、来年度も作業員として働くのは無理だと退職時に伝えた方が良いのでしょうか?

事業所から、来年度も頼むと言われたら、ハッキリと自分の考えを伝えれば良い。敢えて言う必要も無いが、自分の考えを伝えるのは自由。

昨年5月より休業補償給付を受けているが、いつ頃まで受けることができるでしょうか?

休業補償給付については、「診療担当者の証明」欄の傷病の経過31欄に労務不労期間が証明されている間は可能であるが、診療日数があまり少ない場合は、労基署で調査した上で日数を決定する場合がある。基本的には、医師の労務不能証明がある間は、受給することが可能。

子供を病院に連れて行きたいが退職後はどうしたらよいのか教えてほしい

退職後は保険証の種類が変わるのでその旨を病院側に知らせておき、病院側から指示があると思うが、保険証の種類が決まったら病院側に知らせると良い。

健康保険の被扶養者にしている妻が働く場合の認定基準について教えてほしい

認定基準は、対象者の年収が①60歳未満は130万円未満、②60歳以上または障害者は180万円未満。60歳未満の妻であれば月額108,300円以下でなければならない事になっている。また所得税の被扶養者は、103万円以下になっているので、両方をクリアするのであれば月額85,833円以下にしなければならない。

自己都合で退職したが社会保険料を控除した場合不足額が生じる可能性があるのか教えてほしい。

社会保険料の場合、資格喪失日の属する月の保険料は控除できないが資格取得日と資格喪失日が同じ月の場合、1カ月として計算される。

4月3日付けで資格取得をしたが健康保健所がないため、病院へ行きたいがどうすれば良いか教えてほしい。

4月から5月上旬までは、資格取得の繁忙期になるので3週間ほどかかる場合があります。病院へ行くためには会社側に手続き中である事の証明書を作成してもらうか、一時的に10割の支払をし、保険証が来たら病院へ持参して7割を返金してもらう。今後、健康保険の資格取得をする際に「健康保険被保険者資格証明書交付申請書」も一緒に提出してもらい「健康保険被保険者資格証明書」をもらいましょう。

今まで期間満了で退職した際、任意継続をしていたが、今回は任意継続をしても意味がないと言われたが理由を教えてほしい。

年齢を聞いたところ1月に75歳になるので手続をしても任意継続の保険証が届く前に75歳の後期高齢者の健康保険になってしまう。
12月分の保険料をただ払うだけになって継続しても意味がないということではないか?

現在休業補償給付を受けて休んでいて社会保険を掛けてもらっているが、退職の場合任意継続した場合の保険料はどれくらいになるか教えてほしい。

任意継続の保険料は、現在控除されている保険料の金額の倍である。
国民健康保険の金額を確認してどちらにするか判断するのが良い。

11月末日までの契約で5日間の有給休暇が残っているが11月中に使い切ることはできるのか教えてほしい。

季節労働者の場合、採用後6ヵ月後に10日間の有給休暇の権利が発生する。
しかし、4月1日に採用され、工事等の追い込み時期である10月から10日間の有休休暇を消化するのは難しいため、採用後有給休暇を与えるよう指導されている。
相談の内容からいくと、有給休暇は早めに与えられているようで有給休暇の5日間については取得可能であるが、時期的なものもあるので、事業主と話し合いをした方が良いのではないか。11月までの雇用期間であるが有給休暇消化後(12月に入って)に退職することも可能である。

出産育児一時金直接支払い制度を利用して妻が出産した。産院から貰った明細を見たら42万円未満だった

出産費用が42万円未満の場合は、出産育児一時金差額請求により差額の請求ができる。その際に、添付書類としては「出産育児一時金直接支払い制度利用確認書」「明細書及び領収書」等をコピーしたものを申請書と一緒に提出が必要。

主人が作業現場で朝礼中に倒れ、救急搬送された。病院より「限度額適用認定申請」の手続をするように言われたが、これは何なのか教えてほしい

以前は医療費等を窓口で支払い、その後高額医療費の申請をして医療費の自己負担限度額以上の医療費について返金の手続をしていたが、支払いが一時的にも高額になる場合があるので「限度額適用認定申請」をすることによって、自己負担限度額だけを病院の窓口で支払えば良いことになり、医療費負担の軽減をする制度である。

1 2

特例一時給付金について

病院で治療を受けたが注射と薬代で15万円近くかかってしまった。高額医療費の請求をしたいので教えてほしい。

高額医療費の請求は、一度自己負担して、限度額を超えた分をあとで払い戻してもらう制度。この場合、一時的でも持ち出すお金が多くなる。今後も、治療代等がこのような金額になるような場合は、「限度額適用認定」の申請をした方が良い。限度額適用認定とは、限度額までの支払でいい。

現在傷病手当を受けているが今月末で退職した場合、退職後も受けることは出来るか知りたい

退職後の傷病手当は、資格喪失日の前日までに継続して1年以上の被保険者期間がある人が、資格喪失時に傷病手当を受けているか、季節雇用の場合1年以上の被保険者期間がないため退職後の傷病手当は受けられない。

現在72歳なのだが雇用保険は掛けてもらえるのか知りたい

季節雇用の場合は、年齢に関係なく4カ月以上雇用の見込みの場合は雇用保険に入らなければいけないことになっている。

今月の社会保険料が先月より多く引かれているのは保険料の改定でしょうか?

保険料の改定は、健康保険3月、厚生年金9月となっているので、8月に保険料が変更されているとすれば、昇級した賃金の支払い月から3カ月の平均賃金が、従来の標準報酬月額より2等級以上の上昇があった場合7月から変更になり8月の給与から7月分の保険料となる。

作業中に足首を捻り労災保険の休業補償給付を受けたが退職したら休業補償給付は受けられるか教えてほしい

休業補償給付の請求の場合、事業主の証明印を押印しているが、退職をしていても医師の証明欄に労務不能の証明があれば休業補償給付の請求ができる。

先月分の給料に午後11時までの賃金が入っていなかったので、計算の仕方を教えて欲しい

休日出勤の場合は、始業時間から午後10時までは35%増、午後10時からは深夜残業になるので25%増になる。つまり、時間外も含めて始業時間から午後10時までは35%増で計算し、午後10時以降は60%増の計算になる。また、休日の振替というものもあるので、平日に休んでいるのであれば、休日を振替し、平日の計算の場合の時間外は25%増、深夜労働25%増で時間外と深夜労働が重なった場合は、50%増の計算になる。

今年の5月9日から勤務していたが、持病が出たため退職したら任意継続は出来るか教えてほしい

任意継続の要件として資格喪失日の前日まで継続して2カ月以上の被保険者期間が必要とされているので、6月に退職した場合は継続することが出来ない。

5月から勤務しているのに社会保険の手続きをしてくれないのはなぜか知りたい

4カ月以内の季節的勤務で雇用された場合、社会保険の被保険者になれないので、雇い入れの際にどのような雇用契約だったのかを確認する必要がある。また、当初から4カ月を超えて雇用される予定であったのなら、当然、社会保険に加入しなければならない。

5月1日から臨時的に働いていたが、連休明けに任意継続の保険料を納めたあとに、5月1日から雇用すると言われた。納めてしまった保険料は返金されるのか教えてほしい。

資格取得と保険料の納付の確認後に返金の手続きに必要な請求申請書が送られてくる。

現場に向かっている途中で追突されたが、労災保険の対象になるか教えてほしい

災害(交通事故)が第三者の行為によって生じたものは、「第三者行為災害」といい、第三者行為災害届を提出する事によって労災保険給付の請求ができる。しかし、自動車事故の場合、同一事由によるものについては、労災保険給付と自賠責保険等による保険金支払いとの間で、損害に対する二重の補填とならないよう支給調整が行われ、労災保険給付と自賠責保険等のどちらを先に受けるかについては、被災労働者が自由に選ぶことができる。

退職時に任意継続をしなかったが今からでも入れるか教えてほしい

健康保険任意継続は退職後20日以内に手続をすれば加入できる。ただ、保険料は勤務時に控除されていた健康保険料の倍額になるため、国民健康保険の保険料と比較して決めた方が良い。

期間満了前に自己都合で退職。6ヵ月の受給資格はあるが、給付制限中に一般で働いた場合、一時給付金はどうなるのか教えてほしい。

特例一時金は、退職した日の翌日から6ヵ月間が受給期限であり、受給期限を経過すると支給されない。
今回の場合は、給付制限中であり、働いているので特例一時金を受給することはできない。
しかし、受給要件を満たさず一般を退職し、前(季節雇用)の離職日から6ヵ月以内であれば受給期限の残日数により特例一時金の全部又は一部を受給することができる。

今月期間満了で離職するが、会社から任意継続するか聞かれたが任意継続保険とはどういうものか教えてほしい

任意継続とは、健康保険を継続することができる制度で、保険料は、現在控除されている保険料の倍額になる。継続するかどうかは、国民健康保険に切り替えた場合の保険料額と比較してから決めた方が良い。

9月1日~11日まで理由を言わず病気のために休んでいたが今からでも傷病手当の請求はできるのか教えてほしい。

傷病手当金の請求の際には、医者の「労務不能証明」が必要になるので、9月1日から11日迄の労務不能証明があれば請求できる。

国民健康保険加入の手続きで、喪失日を確認できる書類がないと言われた。

喪失日を確認する書類としては

  1. 退職証明書(退職した会社が発行したもの)
  2. 資格喪失確認通知書(日本年金機構が発行したもの)
  3. 離職票(ハローワークが発行)

などがある。離職票が届いていないのであれば、会社に「退職証明書」を発行してもらうのが早い。

既に6月分の任意継続の保険料を支払ったが6月5日に就職したため支払った保険料は戻ってくるのか教えてほしい。

任意継続の保険証を返納する際に「任意継続被保険者資格喪失申出書」を提出しなければならないので、この申出書を提出することにより、重複していた場合には、後日「還付請求書」が送られてくる。送られてきたら必要事項を記入し、返還請求すると保険料は返還される。

3月31日に退職し、3月分の給与明細書を見たら、社会保険料が2か月分引かれていたがどういうことか教えてほしい

前月分の社会保険を当月給料から控除する基本的な控除の仕方であるが、3月31日が休みになっているので本来ならば退職日は、3月30日で、喪失日は、3月31日となり、3月分の社会保険料は控除しない。1日の違いで保険料を個人が負担するかしないかという事になる。会社としては30日退職にした方が負担額も少なくなるので、会社は、従業員のことを考えて、あえて3月31日の退職、4月1日喪失にしたのではないだろうか。1日の違いで1カ月の厚生年金の期間が違ってくる。

会社から通年雇用助成金の対象労働者にしたいといわれたが、内容を教えてほしい

通年雇用助成金とは、季節労働者を通年雇用し、常用労働者にさせていく制度で、会社にとっては対象とした労働者に支払った賃金に対しての助成が有り、3年間は対象となる。
対象労働者にとっては、冬期間における失業がなくなり通年労働が保証される。但し通年雇用になり退職する場合は、失業給付は季節の一時金ではなくなる。

家族出産育児一時金差額申請はどのようにしたらよいか教えてほしい。

申請用紙に必要事項を記入し、出産確認証明をもらった後に健康保険協会に郵送すると良い。

11月に期間満了するが、来年度も作業員として働くのは無理だと退職時に伝えた方が良いのでしょうか?

事業所から、来年度も頼むと言われたら、ハッキリと自分の考えを伝えれば良い。敢えて言う必要も無いが、自分の考えを伝えるのは自由。

昨年5月より休業補償給付を受けているが、いつ頃まで受けることができるでしょうか?

休業補償給付については、「診療担当者の証明」欄の傷病の経過31欄に労務不労期間が証明されている間は可能であるが、診療日数があまり少ない場合は、労基署で調査した上で日数を決定する場合がある。基本的には、医師の労務不能証明がある間は、受給することが可能。

子供を病院に連れて行きたいが退職後はどうしたらよいのか教えてほしい

退職後は保険証の種類が変わるのでその旨を病院側に知らせておき、病院側から指示があると思うが、保険証の種類が決まったら病院側に知らせると良い。

健康保険の被扶養者にしている妻が働く場合の認定基準について教えてほしい

認定基準は、対象者の年収が①60歳未満は130万円未満、②60歳以上または障害者は180万円未満。60歳未満の妻であれば月額108,300円以下でなければならない事になっている。また所得税の被扶養者は、103万円以下になっているので、両方をクリアするのであれば月額85,833円以下にしなければならない。

自己都合で退職したが社会保険料を控除した場合不足額が生じる可能性があるのか教えてほしい。

社会保険料の場合、資格喪失日の属する月の保険料は控除できないが資格取得日と資格喪失日が同じ月の場合、1カ月として計算される。

4月3日付けで資格取得をしたが健康保健所がないため、病院へ行きたいがどうすれば良いか教えてほしい。

4月から5月上旬までは、資格取得の繁忙期になるので3週間ほどかかる場合があります。病院へ行くためには会社側に手続き中である事の証明書を作成してもらうか、一時的に10割の支払をし、保険証が来たら病院へ持参して7割を返金してもらう。今後、健康保険の資格取得をする際に「健康保険被保険者資格証明書交付申請書」も一緒に提出してもらい「健康保険被保険者資格証明書」をもらいましょう。

今まで期間満了で退職した際、任意継続をしていたが、今回は任意継続をしても意味がないと言われたが理由を教えてほしい。

年齢を聞いたところ1月に75歳になるので手続をしても任意継続の保険証が届く前に75歳の後期高齢者の健康保険になってしまう。
12月分の保険料をただ払うだけになって継続しても意味がないということではないか?

現在休業補償給付を受けて休んでいて社会保険を掛けてもらっているが、退職の場合任意継続した場合の保険料はどれくらいになるか教えてほしい。

任意継続の保険料は、現在控除されている保険料の金額の倍である。
国民健康保険の金額を確認してどちらにするか判断するのが良い。

11月末日までの契約で5日間の有給休暇が残っているが11月中に使い切ることはできるのか教えてほしい。

季節労働者の場合、採用後6ヵ月後に10日間の有給休暇の権利が発生する。
しかし、4月1日に採用され、工事等の追い込み時期である10月から10日間の有休休暇を消化するのは難しいため、採用後有給休暇を与えるよう指導されている。
相談の内容からいくと、有給休暇は早めに与えられているようで有給休暇の5日間については取得可能であるが、時期的なものもあるので、事業主と話し合いをした方が良いのではないか。11月までの雇用期間であるが有給休暇消化後(12月に入って)に退職することも可能である。

出産育児一時金直接支払い制度を利用して妻が出産した。産院から貰った明細を見たら42万円未満だった

出産費用が42万円未満の場合は、出産育児一時金差額請求により差額の請求ができる。その際に、添付書類としては「出産育児一時金直接支払い制度利用確認書」「明細書及び領収書」等をコピーしたものを申請書と一緒に提出が必要。

主人が作業現場で朝礼中に倒れ、救急搬送された。病院より「限度額適用認定申請」の手続をするように言われたが、これは何なのか教えてほしい

以前は医療費等を窓口で支払い、その後高額医療費の申請をして医療費の自己負担限度額以上の医療費について返金の手続をしていたが、支払いが一時的にも高額になる場合があるので「限度額適用認定申請」をすることによって、自己負担限度額だけを病院の窓口で支払えば良いことになり、医療費負担の軽減をする制度である。

1 2

通年雇用助成金について

病院で治療を受けたが注射と薬代で15万円近くかかってしまった。高額医療費の請求をしたいので教えてほしい。

高額医療費の請求は、一度自己負担して、限度額を超えた分をあとで払い戻してもらう制度。この場合、一時的でも持ち出すお金が多くなる。今後も、治療代等がこのような金額になるような場合は、「限度額適用認定」の申請をした方が良い。限度額適用認定とは、限度額までの支払でいい。

現在傷病手当を受けているが今月末で退職した場合、退職後も受けることは出来るか知りたい

退職後の傷病手当は、資格喪失日の前日までに継続して1年以上の被保険者期間がある人が、資格喪失時に傷病手当を受けているか、季節雇用の場合1年以上の被保険者期間がないため退職後の傷病手当は受けられない。

現在72歳なのだが雇用保険は掛けてもらえるのか知りたい

季節雇用の場合は、年齢に関係なく4カ月以上雇用の見込みの場合は雇用保険に入らなければいけないことになっている。

今月の社会保険料が先月より多く引かれているのは保険料の改定でしょうか?

保険料の改定は、健康保険3月、厚生年金9月となっているので、8月に保険料が変更されているとすれば、昇級した賃金の支払い月から3カ月の平均賃金が、従来の標準報酬月額より2等級以上の上昇があった場合7月から変更になり8月の給与から7月分の保険料となる。

作業中に足首を捻り労災保険の休業補償給付を受けたが退職したら休業補償給付は受けられるか教えてほしい

休業補償給付の請求の場合、事業主の証明印を押印しているが、退職をしていても医師の証明欄に労務不能の証明があれば休業補償給付の請求ができる。

先月分の給料に午後11時までの賃金が入っていなかったので、計算の仕方を教えて欲しい

休日出勤の場合は、始業時間から午後10時までは35%増、午後10時からは深夜残業になるので25%増になる。つまり、時間外も含めて始業時間から午後10時までは35%増で計算し、午後10時以降は60%増の計算になる。また、休日の振替というものもあるので、平日に休んでいるのであれば、休日を振替し、平日の計算の場合の時間外は25%増、深夜労働25%増で時間外と深夜労働が重なった場合は、50%増の計算になる。

今年の5月9日から勤務していたが、持病が出たため退職したら任意継続は出来るか教えてほしい

任意継続の要件として資格喪失日の前日まで継続して2カ月以上の被保険者期間が必要とされているので、6月に退職した場合は継続することが出来ない。

5月から勤務しているのに社会保険の手続きをしてくれないのはなぜか知りたい

4カ月以内の季節的勤務で雇用された場合、社会保険の被保険者になれないので、雇い入れの際にどのような雇用契約だったのかを確認する必要がある。また、当初から4カ月を超えて雇用される予定であったのなら、当然、社会保険に加入しなければならない。

5月1日から臨時的に働いていたが、連休明けに任意継続の保険料を納めたあとに、5月1日から雇用すると言われた。納めてしまった保険料は返金されるのか教えてほしい。

資格取得と保険料の納付の確認後に返金の手続きに必要な請求申請書が送られてくる。

現場に向かっている途中で追突されたが、労災保険の対象になるか教えてほしい

災害(交通事故)が第三者の行為によって生じたものは、「第三者行為災害」といい、第三者行為災害届を提出する事によって労災保険給付の請求ができる。しかし、自動車事故の場合、同一事由によるものについては、労災保険給付と自賠責保険等による保険金支払いとの間で、損害に対する二重の補填とならないよう支給調整が行われ、労災保険給付と自賠責保険等のどちらを先に受けるかについては、被災労働者が自由に選ぶことができる。

退職時に任意継続をしなかったが今からでも入れるか教えてほしい

健康保険任意継続は退職後20日以内に手続をすれば加入できる。ただ、保険料は勤務時に控除されていた健康保険料の倍額になるため、国民健康保険の保険料と比較して決めた方が良い。

期間満了前に自己都合で退職。6ヵ月の受給資格はあるが、給付制限中に一般で働いた場合、一時給付金はどうなるのか教えてほしい。

特例一時金は、退職した日の翌日から6ヵ月間が受給期限であり、受給期限を経過すると支給されない。
今回の場合は、給付制限中であり、働いているので特例一時金を受給することはできない。
しかし、受給要件を満たさず一般を退職し、前(季節雇用)の離職日から6ヵ月以内であれば受給期限の残日数により特例一時金の全部又は一部を受給することができる。

今月期間満了で離職するが、会社から任意継続するか聞かれたが任意継続保険とはどういうものか教えてほしい

任意継続とは、健康保険を継続することができる制度で、保険料は、現在控除されている保険料の倍額になる。継続するかどうかは、国民健康保険に切り替えた場合の保険料額と比較してから決めた方が良い。

9月1日~11日まで理由を言わず病気のために休んでいたが今からでも傷病手当の請求はできるのか教えてほしい。

傷病手当金の請求の際には、医者の「労務不能証明」が必要になるので、9月1日から11日迄の労務不能証明があれば請求できる。

国民健康保険加入の手続きで、喪失日を確認できる書類がないと言われた。

喪失日を確認する書類としては

  1. 退職証明書(退職した会社が発行したもの)
  2. 資格喪失確認通知書(日本年金機構が発行したもの)
  3. 離職票(ハローワークが発行)

などがある。離職票が届いていないのであれば、会社に「退職証明書」を発行してもらうのが早い。

既に6月分の任意継続の保険料を支払ったが6月5日に就職したため支払った保険料は戻ってくるのか教えてほしい。

任意継続の保険証を返納する際に「任意継続被保険者資格喪失申出書」を提出しなければならないので、この申出書を提出することにより、重複していた場合には、後日「還付請求書」が送られてくる。送られてきたら必要事項を記入し、返還請求すると保険料は返還される。

3月31日に退職し、3月分の給与明細書を見たら、社会保険料が2か月分引かれていたがどういうことか教えてほしい

前月分の社会保険を当月給料から控除する基本的な控除の仕方であるが、3月31日が休みになっているので本来ならば退職日は、3月30日で、喪失日は、3月31日となり、3月分の社会保険料は控除しない。1日の違いで保険料を個人が負担するかしないかという事になる。会社としては30日退職にした方が負担額も少なくなるので、会社は、従業員のことを考えて、あえて3月31日の退職、4月1日喪失にしたのではないだろうか。1日の違いで1カ月の厚生年金の期間が違ってくる。

会社から通年雇用助成金の対象労働者にしたいといわれたが、内容を教えてほしい

通年雇用助成金とは、季節労働者を通年雇用し、常用労働者にさせていく制度で、会社にとっては対象とした労働者に支払った賃金に対しての助成が有り、3年間は対象となる。
対象労働者にとっては、冬期間における失業がなくなり通年労働が保証される。但し通年雇用になり退職する場合は、失業給付は季節の一時金ではなくなる。

家族出産育児一時金差額申請はどのようにしたらよいか教えてほしい。

申請用紙に必要事項を記入し、出産確認証明をもらった後に健康保険協会に郵送すると良い。

11月に期間満了するが、来年度も作業員として働くのは無理だと退職時に伝えた方が良いのでしょうか?

事業所から、来年度も頼むと言われたら、ハッキリと自分の考えを伝えれば良い。敢えて言う必要も無いが、自分の考えを伝えるのは自由。

昨年5月より休業補償給付を受けているが、いつ頃まで受けることができるでしょうか?

休業補償給付については、「診療担当者の証明」欄の傷病の経過31欄に労務不労期間が証明されている間は可能であるが、診療日数があまり少ない場合は、労基署で調査した上で日数を決定する場合がある。基本的には、医師の労務不能証明がある間は、受給することが可能。

子供を病院に連れて行きたいが退職後はどうしたらよいのか教えてほしい

退職後は保険証の種類が変わるのでその旨を病院側に知らせておき、病院側から指示があると思うが、保険証の種類が決まったら病院側に知らせると良い。

健康保険の被扶養者にしている妻が働く場合の認定基準について教えてほしい

認定基準は、対象者の年収が①60歳未満は130万円未満、②60歳以上または障害者は180万円未満。60歳未満の妻であれば月額108,300円以下でなければならない事になっている。また所得税の被扶養者は、103万円以下になっているので、両方をクリアするのであれば月額85,833円以下にしなければならない。

自己都合で退職したが社会保険料を控除した場合不足額が生じる可能性があるのか教えてほしい。

社会保険料の場合、資格喪失日の属する月の保険料は控除できないが資格取得日と資格喪失日が同じ月の場合、1カ月として計算される。

4月3日付けで資格取得をしたが健康保健所がないため、病院へ行きたいがどうすれば良いか教えてほしい。

4月から5月上旬までは、資格取得の繁忙期になるので3週間ほどかかる場合があります。病院へ行くためには会社側に手続き中である事の証明書を作成してもらうか、一時的に10割の支払をし、保険証が来たら病院へ持参して7割を返金してもらう。今後、健康保険の資格取得をする際に「健康保険被保険者資格証明書交付申請書」も一緒に提出してもらい「健康保険被保険者資格証明書」をもらいましょう。

今まで期間満了で退職した際、任意継続をしていたが、今回は任意継続をしても意味がないと言われたが理由を教えてほしい。

年齢を聞いたところ1月に75歳になるので手続をしても任意継続の保険証が届く前に75歳の後期高齢者の健康保険になってしまう。
12月分の保険料をただ払うだけになって継続しても意味がないということではないか?

現在休業補償給付を受けて休んでいて社会保険を掛けてもらっているが、退職の場合任意継続した場合の保険料はどれくらいになるか教えてほしい。

任意継続の保険料は、現在控除されている保険料の金額の倍である。
国民健康保険の金額を確認してどちらにするか判断するのが良い。

11月末日までの契約で5日間の有給休暇が残っているが11月中に使い切ることはできるのか教えてほしい。

季節労働者の場合、採用後6ヵ月後に10日間の有給休暇の権利が発生する。
しかし、4月1日に採用され、工事等の追い込み時期である10月から10日間の有休休暇を消化するのは難しいため、採用後有給休暇を与えるよう指導されている。
相談の内容からいくと、有給休暇は早めに与えられているようで有給休暇の5日間については取得可能であるが、時期的なものもあるので、事業主と話し合いをした方が良いのではないか。11月までの雇用期間であるが有給休暇消化後(12月に入って)に退職することも可能である。

出産育児一時金直接支払い制度を利用して妻が出産した。産院から貰った明細を見たら42万円未満だった

出産費用が42万円未満の場合は、出産育児一時金差額請求により差額の請求ができる。その際に、添付書類としては「出産育児一時金直接支払い制度利用確認書」「明細書及び領収書」等をコピーしたものを申請書と一緒に提出が必要。

主人が作業現場で朝礼中に倒れ、救急搬送された。病院より「限度額適用認定申請」の手続をするように言われたが、これは何なのか教えてほしい

以前は医療費等を窓口で支払い、その後高額医療費の申請をして医療費の自己負担限度額以上の医療費について返金の手続をしていたが、支払いが一時的にも高額になる場合があるので「限度額適用認定申請」をすることによって、自己負担限度額だけを病院の窓口で支払えば良いことになり、医療費負担の軽減をする制度である。

1 2

雇用契約について

病院で治療を受けたが注射と薬代で15万円近くかかってしまった。高額医療費の請求をしたいので教えてほしい。

高額医療費の請求は、一度自己負担して、限度額を超えた分をあとで払い戻してもらう制度。この場合、一時的でも持ち出すお金が多くなる。今後も、治療代等がこのような金額になるような場合は、「限度額適用認定」の申請をした方が良い。限度額適用認定とは、限度額までの支払でいい。

現在傷病手当を受けているが今月末で退職した場合、退職後も受けることは出来るか知りたい

退職後の傷病手当は、資格喪失日の前日までに継続して1年以上の被保険者期間がある人が、資格喪失時に傷病手当を受けているか、季節雇用の場合1年以上の被保険者期間がないため退職後の傷病手当は受けられない。

現在72歳なのだが雇用保険は掛けてもらえるのか知りたい

季節雇用の場合は、年齢に関係なく4カ月以上雇用の見込みの場合は雇用保険に入らなければいけないことになっている。

今月の社会保険料が先月より多く引かれているのは保険料の改定でしょうか?

保険料の改定は、健康保険3月、厚生年金9月となっているので、8月に保険料が変更されているとすれば、昇級した賃金の支払い月から3カ月の平均賃金が、従来の標準報酬月額より2等級以上の上昇があった場合7月から変更になり8月の給与から7月分の保険料となる。

作業中に足首を捻り労災保険の休業補償給付を受けたが退職したら休業補償給付は受けられるか教えてほしい

休業補償給付の請求の場合、事業主の証明印を押印しているが、退職をしていても医師の証明欄に労務不能の証明があれば休業補償給付の請求ができる。

先月分の給料に午後11時までの賃金が入っていなかったので、計算の仕方を教えて欲しい

休日出勤の場合は、始業時間から午後10時までは35%増、午後10時からは深夜残業になるので25%増になる。つまり、時間外も含めて始業時間から午後10時までは35%増で計算し、午後10時以降は60%増の計算になる。また、休日の振替というものもあるので、平日に休んでいるのであれば、休日を振替し、平日の計算の場合の時間外は25%増、深夜労働25%増で時間外と深夜労働が重なった場合は、50%増の計算になる。

今年の5月9日から勤務していたが、持病が出たため退職したら任意継続は出来るか教えてほしい

任意継続の要件として資格喪失日の前日まで継続して2カ月以上の被保険者期間が必要とされているので、6月に退職した場合は継続することが出来ない。

5月から勤務しているのに社会保険の手続きをしてくれないのはなぜか知りたい

4カ月以内の季節的勤務で雇用された場合、社会保険の被保険者になれないので、雇い入れの際にどのような雇用契約だったのかを確認する必要がある。また、当初から4カ月を超えて雇用される予定であったのなら、当然、社会保険に加入しなければならない。

5月1日から臨時的に働いていたが、連休明けに任意継続の保険料を納めたあとに、5月1日から雇用すると言われた。納めてしまった保険料は返金されるのか教えてほしい。

資格取得と保険料の納付の確認後に返金の手続きに必要な請求申請書が送られてくる。

現場に向かっている途中で追突されたが、労災保険の対象になるか教えてほしい

災害(交通事故)が第三者の行為によって生じたものは、「第三者行為災害」といい、第三者行為災害届を提出する事によって労災保険給付の請求ができる。しかし、自動車事故の場合、同一事由によるものについては、労災保険給付と自賠責保険等による保険金支払いとの間で、損害に対する二重の補填とならないよう支給調整が行われ、労災保険給付と自賠責保険等のどちらを先に受けるかについては、被災労働者が自由に選ぶことができる。

退職時に任意継続をしなかったが今からでも入れるか教えてほしい

健康保険任意継続は退職後20日以内に手続をすれば加入できる。ただ、保険料は勤務時に控除されていた健康保険料の倍額になるため、国民健康保険の保険料と比較して決めた方が良い。

期間満了前に自己都合で退職。6ヵ月の受給資格はあるが、給付制限中に一般で働いた場合、一時給付金はどうなるのか教えてほしい。

特例一時金は、退職した日の翌日から6ヵ月間が受給期限であり、受給期限を経過すると支給されない。
今回の場合は、給付制限中であり、働いているので特例一時金を受給することはできない。
しかし、受給要件を満たさず一般を退職し、前(季節雇用)の離職日から6ヵ月以内であれば受給期限の残日数により特例一時金の全部又は一部を受給することができる。

今月期間満了で離職するが、会社から任意継続するか聞かれたが任意継続保険とはどういうものか教えてほしい

任意継続とは、健康保険を継続することができる制度で、保険料は、現在控除されている保険料の倍額になる。継続するかどうかは、国民健康保険に切り替えた場合の保険料額と比較してから決めた方が良い。

9月1日~11日まで理由を言わず病気のために休んでいたが今からでも傷病手当の請求はできるのか教えてほしい。

傷病手当金の請求の際には、医者の「労務不能証明」が必要になるので、9月1日から11日迄の労務不能証明があれば請求できる。

国民健康保険加入の手続きで、喪失日を確認できる書類がないと言われた。

喪失日を確認する書類としては

  1. 退職証明書(退職した会社が発行したもの)
  2. 資格喪失確認通知書(日本年金機構が発行したもの)
  3. 離職票(ハローワークが発行)

などがある。離職票が届いていないのであれば、会社に「退職証明書」を発行してもらうのが早い。

既に6月分の任意継続の保険料を支払ったが6月5日に就職したため支払った保険料は戻ってくるのか教えてほしい。

任意継続の保険証を返納する際に「任意継続被保険者資格喪失申出書」を提出しなければならないので、この申出書を提出することにより、重複していた場合には、後日「還付請求書」が送られてくる。送られてきたら必要事項を記入し、返還請求すると保険料は返還される。

3月31日に退職し、3月分の給与明細書を見たら、社会保険料が2か月分引かれていたがどういうことか教えてほしい

前月分の社会保険を当月給料から控除する基本的な控除の仕方であるが、3月31日が休みになっているので本来ならば退職日は、3月30日で、喪失日は、3月31日となり、3月分の社会保険料は控除しない。1日の違いで保険料を個人が負担するかしないかという事になる。会社としては30日退職にした方が負担額も少なくなるので、会社は、従業員のことを考えて、あえて3月31日の退職、4月1日喪失にしたのではないだろうか。1日の違いで1カ月の厚生年金の期間が違ってくる。

会社から通年雇用助成金の対象労働者にしたいといわれたが、内容を教えてほしい

通年雇用助成金とは、季節労働者を通年雇用し、常用労働者にさせていく制度で、会社にとっては対象とした労働者に支払った賃金に対しての助成が有り、3年間は対象となる。
対象労働者にとっては、冬期間における失業がなくなり通年労働が保証される。但し通年雇用になり退職する場合は、失業給付は季節の一時金ではなくなる。

家族出産育児一時金差額申請はどのようにしたらよいか教えてほしい。

申請用紙に必要事項を記入し、出産確認証明をもらった後に健康保険協会に郵送すると良い。

11月に期間満了するが、来年度も作業員として働くのは無理だと退職時に伝えた方が良いのでしょうか?

事業所から、来年度も頼むと言われたら、ハッキリと自分の考えを伝えれば良い。敢えて言う必要も無いが、自分の考えを伝えるのは自由。

昨年5月より休業補償給付を受けているが、いつ頃まで受けることができるでしょうか?

休業補償給付については、「診療担当者の証明」欄の傷病の経過31欄に労務不労期間が証明されている間は可能であるが、診療日数があまり少ない場合は、労基署で調査した上で日数を決定する場合がある。基本的には、医師の労務不能証明がある間は、受給することが可能。

子供を病院に連れて行きたいが退職後はどうしたらよいのか教えてほしい

退職後は保険証の種類が変わるのでその旨を病院側に知らせておき、病院側から指示があると思うが、保険証の種類が決まったら病院側に知らせると良い。

健康保険の被扶養者にしている妻が働く場合の認定基準について教えてほしい

認定基準は、対象者の年収が①60歳未満は130万円未満、②60歳以上または障害者は180万円未満。60歳未満の妻であれば月額108,300円以下でなければならない事になっている。また所得税の被扶養者は、103万円以下になっているので、両方をクリアするのであれば月額85,833円以下にしなければならない。

自己都合で退職したが社会保険料を控除した場合不足額が生じる可能性があるのか教えてほしい。

社会保険料の場合、資格喪失日の属する月の保険料は控除できないが資格取得日と資格喪失日が同じ月の場合、1カ月として計算される。

4月3日付けで資格取得をしたが健康保健所がないため、病院へ行きたいがどうすれば良いか教えてほしい。

4月から5月上旬までは、資格取得の繁忙期になるので3週間ほどかかる場合があります。病院へ行くためには会社側に手続き中である事の証明書を作成してもらうか、一時的に10割の支払をし、保険証が来たら病院へ持参して7割を返金してもらう。今後、健康保険の資格取得をする際に「健康保険被保険者資格証明書交付申請書」も一緒に提出してもらい「健康保険被保険者資格証明書」をもらいましょう。

今まで期間満了で退職した際、任意継続をしていたが、今回は任意継続をしても意味がないと言われたが理由を教えてほしい。

年齢を聞いたところ1月に75歳になるので手続をしても任意継続の保険証が届く前に75歳の後期高齢者の健康保険になってしまう。
12月分の保険料をただ払うだけになって継続しても意味がないということではないか?

現在休業補償給付を受けて休んでいて社会保険を掛けてもらっているが、退職の場合任意継続した場合の保険料はどれくらいになるか教えてほしい。

任意継続の保険料は、現在控除されている保険料の金額の倍である。
国民健康保険の金額を確認してどちらにするか判断するのが良い。

11月末日までの契約で5日間の有給休暇が残っているが11月中に使い切ることはできるのか教えてほしい。

季節労働者の場合、採用後6ヵ月後に10日間の有給休暇の権利が発生する。
しかし、4月1日に採用され、工事等の追い込み時期である10月から10日間の有休休暇を消化するのは難しいため、採用後有給休暇を与えるよう指導されている。
相談の内容からいくと、有給休暇は早めに与えられているようで有給休暇の5日間については取得可能であるが、時期的なものもあるので、事業主と話し合いをした方が良いのではないか。11月までの雇用期間であるが有給休暇消化後(12月に入って)に退職することも可能である。

出産育児一時金直接支払い制度を利用して妻が出産した。産院から貰った明細を見たら42万円未満だった

出産費用が42万円未満の場合は、出産育児一時金差額請求により差額の請求ができる。その際に、添付書類としては「出産育児一時金直接支払い制度利用確認書」「明細書及び領収書」等をコピーしたものを申請書と一緒に提出が必要。

主人が作業現場で朝礼中に倒れ、救急搬送された。病院より「限度額適用認定申請」の手続をするように言われたが、これは何なのか教えてほしい

以前は医療費等を窓口で支払い、その後高額医療費の申請をして医療費の自己負担限度額以上の医療費について返金の手続をしていたが、支払いが一時的にも高額になる場合があるので「限度額適用認定申請」をすることによって、自己負担限度額だけを病院の窓口で支払えば良いことになり、医療費負担の軽減をする制度である。

1 2

時間外労働について

病院で治療を受けたが注射と薬代で15万円近くかかってしまった。高額医療費の請求をしたいので教えてほしい。

高額医療費の請求は、一度自己負担して、限度額を超えた分をあとで払い戻してもらう制度。この場合、一時的でも持ち出すお金が多くなる。今後も、治療代等がこのような金額になるような場合は、「限度額適用認定」の申請をした方が良い。限度額適用認定とは、限度額までの支払でいい。

現在傷病手当を受けているが今月末で退職した場合、退職後も受けることは出来るか知りたい

退職後の傷病手当は、資格喪失日の前日までに継続して1年以上の被保険者期間がある人が、資格喪失時に傷病手当を受けているか、季節雇用の場合1年以上の被保険者期間がないため退職後の傷病手当は受けられない。

現在72歳なのだが雇用保険は掛けてもらえるのか知りたい

季節雇用の場合は、年齢に関係なく4カ月以上雇用の見込みの場合は雇用保険に入らなければいけないことになっている。

今月の社会保険料が先月より多く引かれているのは保険料の改定でしょうか?

保険料の改定は、健康保険3月、厚生年金9月となっているので、8月に保険料が変更されているとすれば、昇級した賃金の支払い月から3カ月の平均賃金が、従来の標準報酬月額より2等級以上の上昇があった場合7月から変更になり8月の給与から7月分の保険料となる。

作業中に足首を捻り労災保険の休業補償給付を受けたが退職したら休業補償給付は受けられるか教えてほしい

休業補償給付の請求の場合、事業主の証明印を押印しているが、退職をしていても医師の証明欄に労務不能の証明があれば休業補償給付の請求ができる。

先月分の給料に午後11時までの賃金が入っていなかったので、計算の仕方を教えて欲しい

休日出勤の場合は、始業時間から午後10時までは35%増、午後10時からは深夜残業になるので25%増になる。つまり、時間外も含めて始業時間から午後10時までは35%増で計算し、午後10時以降は60%増の計算になる。また、休日の振替というものもあるので、平日に休んでいるのであれば、休日を振替し、平日の計算の場合の時間外は25%増、深夜労働25%増で時間外と深夜労働が重なった場合は、50%増の計算になる。

今年の5月9日から勤務していたが、持病が出たため退職したら任意継続は出来るか教えてほしい

任意継続の要件として資格喪失日の前日まで継続して2カ月以上の被保険者期間が必要とされているので、6月に退職した場合は継続することが出来ない。

5月から勤務しているのに社会保険の手続きをしてくれないのはなぜか知りたい

4カ月以内の季節的勤務で雇用された場合、社会保険の被保険者になれないので、雇い入れの際にどのような雇用契約だったのかを確認する必要がある。また、当初から4カ月を超えて雇用される予定であったのなら、当然、社会保険に加入しなければならない。

5月1日から臨時的に働いていたが、連休明けに任意継続の保険料を納めたあとに、5月1日から雇用すると言われた。納めてしまった保険料は返金されるのか教えてほしい。

資格取得と保険料の納付の確認後に返金の手続きに必要な請求申請書が送られてくる。

現場に向かっている途中で追突されたが、労災保険の対象になるか教えてほしい

災害(交通事故)が第三者の行為によって生じたものは、「第三者行為災害」といい、第三者行為災害届を提出する事によって労災保険給付の請求ができる。しかし、自動車事故の場合、同一事由によるものについては、労災保険給付と自賠責保険等による保険金支払いとの間で、損害に対する二重の補填とならないよう支給調整が行われ、労災保険給付と自賠責保険等のどちらを先に受けるかについては、被災労働者が自由に選ぶことができる。

退職時に任意継続をしなかったが今からでも入れるか教えてほしい

健康保険任意継続は退職後20日以内に手続をすれば加入できる。ただ、保険料は勤務時に控除されていた健康保険料の倍額になるため、国民健康保険の保険料と比較して決めた方が良い。

期間満了前に自己都合で退職。6ヵ月の受給資格はあるが、給付制限中に一般で働いた場合、一時給付金はどうなるのか教えてほしい。

特例一時金は、退職した日の翌日から6ヵ月間が受給期限であり、受給期限を経過すると支給されない。
今回の場合は、給付制限中であり、働いているので特例一時金を受給することはできない。
しかし、受給要件を満たさず一般を退職し、前(季節雇用)の離職日から6ヵ月以内であれば受給期限の残日数により特例一時金の全部又は一部を受給することができる。

今月期間満了で離職するが、会社から任意継続するか聞かれたが任意継続保険とはどういうものか教えてほしい

任意継続とは、健康保険を継続することができる制度で、保険料は、現在控除されている保険料の倍額になる。継続するかどうかは、国民健康保険に切り替えた場合の保険料額と比較してから決めた方が良い。

9月1日~11日まで理由を言わず病気のために休んでいたが今からでも傷病手当の請求はできるのか教えてほしい。

傷病手当金の請求の際には、医者の「労務不能証明」が必要になるので、9月1日から11日迄の労務不能証明があれば請求できる。

国民健康保険加入の手続きで、喪失日を確認できる書類がないと言われた。

喪失日を確認する書類としては

  1. 退職証明書(退職した会社が発行したもの)
  2. 資格喪失確認通知書(日本年金機構が発行したもの)
  3. 離職票(ハローワークが発行)

などがある。離職票が届いていないのであれば、会社に「退職証明書」を発行してもらうのが早い。

既に6月分の任意継続の保険料を支払ったが6月5日に就職したため支払った保険料は戻ってくるのか教えてほしい。

任意継続の保険証を返納する際に「任意継続被保険者資格喪失申出書」を提出しなければならないので、この申出書を提出することにより、重複していた場合には、後日「還付請求書」が送られてくる。送られてきたら必要事項を記入し、返還請求すると保険料は返還される。

3月31日に退職し、3月分の給与明細書を見たら、社会保険料が2か月分引かれていたがどういうことか教えてほしい

前月分の社会保険を当月給料から控除する基本的な控除の仕方であるが、3月31日が休みになっているので本来ならば退職日は、3月30日で、喪失日は、3月31日となり、3月分の社会保険料は控除しない。1日の違いで保険料を個人が負担するかしないかという事になる。会社としては30日退職にした方が負担額も少なくなるので、会社は、従業員のことを考えて、あえて3月31日の退職、4月1日喪失にしたのではないだろうか。1日の違いで1カ月の厚生年金の期間が違ってくる。

会社から通年雇用助成金の対象労働者にしたいといわれたが、内容を教えてほしい

通年雇用助成金とは、季節労働者を通年雇用し、常用労働者にさせていく制度で、会社にとっては対象とした労働者に支払った賃金に対しての助成が有り、3年間は対象となる。
対象労働者にとっては、冬期間における失業がなくなり通年労働が保証される。但し通年雇用になり退職する場合は、失業給付は季節の一時金ではなくなる。

家族出産育児一時金差額申請はどのようにしたらよいか教えてほしい。

申請用紙に必要事項を記入し、出産確認証明をもらった後に健康保険協会に郵送すると良い。

11月に期間満了するが、来年度も作業員として働くのは無理だと退職時に伝えた方が良いのでしょうか?

事業所から、来年度も頼むと言われたら、ハッキリと自分の考えを伝えれば良い。敢えて言う必要も無いが、自分の考えを伝えるのは自由。

昨年5月より休業補償給付を受けているが、いつ頃まで受けることができるでしょうか?

休業補償給付については、「診療担当者の証明」欄の傷病の経過31欄に労務不労期間が証明されている間は可能であるが、診療日数があまり少ない場合は、労基署で調査した上で日数を決定する場合がある。基本的には、医師の労務不能証明がある間は、受給することが可能。

子供を病院に連れて行きたいが退職後はどうしたらよいのか教えてほしい

退職後は保険証の種類が変わるのでその旨を病院側に知らせておき、病院側から指示があると思うが、保険証の種類が決まったら病院側に知らせると良い。

健康保険の被扶養者にしている妻が働く場合の認定基準について教えてほしい

認定基準は、対象者の年収が①60歳未満は130万円未満、②60歳以上または障害者は180万円未満。60歳未満の妻であれば月額108,300円以下でなければならない事になっている。また所得税の被扶養者は、103万円以下になっているので、両方をクリアするのであれば月額85,833円以下にしなければならない。

自己都合で退職したが社会保険料を控除した場合不足額が生じる可能性があるのか教えてほしい。

社会保険料の場合、資格喪失日の属する月の保険料は控除できないが資格取得日と資格喪失日が同じ月の場合、1カ月として計算される。

4月3日付けで資格取得をしたが健康保健所がないため、病院へ行きたいがどうすれば良いか教えてほしい。

4月から5月上旬までは、資格取得の繁忙期になるので3週間ほどかかる場合があります。病院へ行くためには会社側に手続き中である事の証明書を作成してもらうか、一時的に10割の支払をし、保険証が来たら病院へ持参して7割を返金してもらう。今後、健康保険の資格取得をする際に「健康保険被保険者資格証明書交付申請書」も一緒に提出してもらい「健康保険被保険者資格証明書」をもらいましょう。

今まで期間満了で退職した際、任意継続をしていたが、今回は任意継続をしても意味がないと言われたが理由を教えてほしい。

年齢を聞いたところ1月に75歳になるので手続をしても任意継続の保険証が届く前に75歳の後期高齢者の健康保険になってしまう。
12月分の保険料をただ払うだけになって継続しても意味がないということではないか?

現在休業補償給付を受けて休んでいて社会保険を掛けてもらっているが、退職の場合任意継続した場合の保険料はどれくらいになるか教えてほしい。

任意継続の保険料は、現在控除されている保険料の金額の倍である。
国民健康保険の金額を確認してどちらにするか判断するのが良い。

11月末日までの契約で5日間の有給休暇が残っているが11月中に使い切ることはできるのか教えてほしい。

季節労働者の場合、採用後6ヵ月後に10日間の有給休暇の権利が発生する。
しかし、4月1日に採用され、工事等の追い込み時期である10月から10日間の有休休暇を消化するのは難しいため、採用後有給休暇を与えるよう指導されている。
相談の内容からいくと、有給休暇は早めに与えられているようで有給休暇の5日間については取得可能であるが、時期的なものもあるので、事業主と話し合いをした方が良いのではないか。11月までの雇用期間であるが有給休暇消化後(12月に入って)に退職することも可能である。

出産育児一時金直接支払い制度を利用して妻が出産した。産院から貰った明細を見たら42万円未満だった

出産費用が42万円未満の場合は、出産育児一時金差額請求により差額の請求ができる。その際に、添付書類としては「出産育児一時金直接支払い制度利用確認書」「明細書及び領収書」等をコピーしたものを申請書と一緒に提出が必要。

主人が作業現場で朝礼中に倒れ、救急搬送された。病院より「限度額適用認定申請」の手続をするように言われたが、これは何なのか教えてほしい

以前は医療費等を窓口で支払い、その後高額医療費の申請をして医療費の自己負担限度額以上の医療費について返金の手続をしていたが、支払いが一時的にも高額になる場合があるので「限度額適用認定申請」をすることによって、自己負担限度額だけを病院の窓口で支払えば良いことになり、医療費負担の軽減をする制度である。

1 2

有給休暇について

病院で治療を受けたが注射と薬代で15万円近くかかってしまった。高額医療費の請求をしたいので教えてほしい。

高額医療費の請求は、一度自己負担して、限度額を超えた分をあとで払い戻してもらう制度。この場合、一時的でも持ち出すお金が多くなる。今後も、治療代等がこのような金額になるような場合は、「限度額適用認定」の申請をした方が良い。限度額適用認定とは、限度額までの支払でいい。

現在傷病手当を受けているが今月末で退職した場合、退職後も受けることは出来るか知りたい

退職後の傷病手当は、資格喪失日の前日までに継続して1年以上の被保険者期間がある人が、資格喪失時に傷病手当を受けているか、季節雇用の場合1年以上の被保険者期間がないため退職後の傷病手当は受けられない。

現在72歳なのだが雇用保険は掛けてもらえるのか知りたい

季節雇用の場合は、年齢に関係なく4カ月以上雇用の見込みの場合は雇用保険に入らなければいけないことになっている。

今月の社会保険料が先月より多く引かれているのは保険料の改定でしょうか?

保険料の改定は、健康保険3月、厚生年金9月となっているので、8月に保険料が変更されているとすれば、昇級した賃金の支払い月から3カ月の平均賃金が、従来の標準報酬月額より2等級以上の上昇があった場合7月から変更になり8月の給与から7月分の保険料となる。

作業中に足首を捻り労災保険の休業補償給付を受けたが退職したら休業補償給付は受けられるか教えてほしい

休業補償給付の請求の場合、事業主の証明印を押印しているが、退職をしていても医師の証明欄に労務不能の証明があれば休業補償給付の請求ができる。

先月分の給料に午後11時までの賃金が入っていなかったので、計算の仕方を教えて欲しい

休日出勤の場合は、始業時間から午後10時までは35%増、午後10時からは深夜残業になるので25%増になる。つまり、時間外も含めて始業時間から午後10時までは35%増で計算し、午後10時以降は60%増の計算になる。また、休日の振替というものもあるので、平日に休んでいるのであれば、休日を振替し、平日の計算の場合の時間外は25%増、深夜労働25%増で時間外と深夜労働が重なった場合は、50%増の計算になる。

今年の5月9日から勤務していたが、持病が出たため退職したら任意継続は出来るか教えてほしい

任意継続の要件として資格喪失日の前日まで継続して2カ月以上の被保険者期間が必要とされているので、6月に退職した場合は継続することが出来ない。

5月から勤務しているのに社会保険の手続きをしてくれないのはなぜか知りたい

4カ月以内の季節的勤務で雇用された場合、社会保険の被保険者になれないので、雇い入れの際にどのような雇用契約だったのかを確認する必要がある。また、当初から4カ月を超えて雇用される予定であったのなら、当然、社会保険に加入しなければならない。

5月1日から臨時的に働いていたが、連休明けに任意継続の保険料を納めたあとに、5月1日から雇用すると言われた。納めてしまった保険料は返金されるのか教えてほしい。

資格取得と保険料の納付の確認後に返金の手続きに必要な請求申請書が送られてくる。

現場に向かっている途中で追突されたが、労災保険の対象になるか教えてほしい

災害(交通事故)が第三者の行為によって生じたものは、「第三者行為災害」といい、第三者行為災害届を提出する事によって労災保険給付の請求ができる。しかし、自動車事故の場合、同一事由によるものについては、労災保険給付と自賠責保険等による保険金支払いとの間で、損害に対する二重の補填とならないよう支給調整が行われ、労災保険給付と自賠責保険等のどちらを先に受けるかについては、被災労働者が自由に選ぶことができる。

退職時に任意継続をしなかったが今からでも入れるか教えてほしい

健康保険任意継続は退職後20日以内に手続をすれば加入できる。ただ、保険料は勤務時に控除されていた健康保険料の倍額になるため、国民健康保険の保険料と比較して決めた方が良い。

期間満了前に自己都合で退職。6ヵ月の受給資格はあるが、給付制限中に一般で働いた場合、一時給付金はどうなるのか教えてほしい。

特例一時金は、退職した日の翌日から6ヵ月間が受給期限であり、受給期限を経過すると支給されない。
今回の場合は、給付制限中であり、働いているので特例一時金を受給することはできない。
しかし、受給要件を満たさず一般を退職し、前(季節雇用)の離職日から6ヵ月以内であれば受給期限の残日数により特例一時金の全部又は一部を受給することができる。

今月期間満了で離職するが、会社から任意継続するか聞かれたが任意継続保険とはどういうものか教えてほしい

任意継続とは、健康保険を継続することができる制度で、保険料は、現在控除されている保険料の倍額になる。継続するかどうかは、国民健康保険に切り替えた場合の保険料額と比較してから決めた方が良い。

9月1日~11日まで理由を言わず病気のために休んでいたが今からでも傷病手当の請求はできるのか教えてほしい。

傷病手当金の請求の際には、医者の「労務不能証明」が必要になるので、9月1日から11日迄の労務不能証明があれば請求できる。

国民健康保険加入の手続きで、喪失日を確認できる書類がないと言われた。

喪失日を確認する書類としては

  1. 退職証明書(退職した会社が発行したもの)
  2. 資格喪失確認通知書(日本年金機構が発行したもの)
  3. 離職票(ハローワークが発行)

などがある。離職票が届いていないのであれば、会社に「退職証明書」を発行してもらうのが早い。

既に6月分の任意継続の保険料を支払ったが6月5日に就職したため支払った保険料は戻ってくるのか教えてほしい。

任意継続の保険証を返納する際に「任意継続被保険者資格喪失申出書」を提出しなければならないので、この申出書を提出することにより、重複していた場合には、後日「還付請求書」が送られてくる。送られてきたら必要事項を記入し、返還請求すると保険料は返還される。

3月31日に退職し、3月分の給与明細書を見たら、社会保険料が2か月分引かれていたがどういうことか教えてほしい

前月分の社会保険を当月給料から控除する基本的な控除の仕方であるが、3月31日が休みになっているので本来ならば退職日は、3月30日で、喪失日は、3月31日となり、3月分の社会保険料は控除しない。1日の違いで保険料を個人が負担するかしないかという事になる。会社としては30日退職にした方が負担額も少なくなるので、会社は、従業員のことを考えて、あえて3月31日の退職、4月1日喪失にしたのではないだろうか。1日の違いで1カ月の厚生年金の期間が違ってくる。

会社から通年雇用助成金の対象労働者にしたいといわれたが、内容を教えてほしい

通年雇用助成金とは、季節労働者を通年雇用し、常用労働者にさせていく制度で、会社にとっては対象とした労働者に支払った賃金に対しての助成が有り、3年間は対象となる。
対象労働者にとっては、冬期間における失業がなくなり通年労働が保証される。但し通年雇用になり退職する場合は、失業給付は季節の一時金ではなくなる。

家族出産育児一時金差額申請はどのようにしたらよいか教えてほしい。

申請用紙に必要事項を記入し、出産確認証明をもらった後に健康保険協会に郵送すると良い。

11月に期間満了するが、来年度も作業員として働くのは無理だと退職時に伝えた方が良いのでしょうか?

事業所から、来年度も頼むと言われたら、ハッキリと自分の考えを伝えれば良い。敢えて言う必要も無いが、自分の考えを伝えるのは自由。

昨年5月より休業補償給付を受けているが、いつ頃まで受けることができるでしょうか?

休業補償給付については、「診療担当者の証明」欄の傷病の経過31欄に労務不労期間が証明されている間は可能であるが、診療日数があまり少ない場合は、労基署で調査した上で日数を決定する場合がある。基本的には、医師の労務不能証明がある間は、受給することが可能。

子供を病院に連れて行きたいが退職後はどうしたらよいのか教えてほしい

退職後は保険証の種類が変わるのでその旨を病院側に知らせておき、病院側から指示があると思うが、保険証の種類が決まったら病院側に知らせると良い。

健康保険の被扶養者にしている妻が働く場合の認定基準について教えてほしい

認定基準は、対象者の年収が①60歳未満は130万円未満、②60歳以上または障害者は180万円未満。60歳未満の妻であれば月額108,300円以下でなければならない事になっている。また所得税の被扶養者は、103万円以下になっているので、両方をクリアするのであれば月額85,833円以下にしなければならない。

自己都合で退職したが社会保険料を控除した場合不足額が生じる可能性があるのか教えてほしい。

社会保険料の場合、資格喪失日の属する月の保険料は控除できないが資格取得日と資格喪失日が同じ月の場合、1カ月として計算される。

4月3日付けで資格取得をしたが健康保健所がないため、病院へ行きたいがどうすれば良いか教えてほしい。

4月から5月上旬までは、資格取得の繁忙期になるので3週間ほどかかる場合があります。病院へ行くためには会社側に手続き中である事の証明書を作成してもらうか、一時的に10割の支払をし、保険証が来たら病院へ持参して7割を返金してもらう。今後、健康保険の資格取得をする際に「健康保険被保険者資格証明書交付申請書」も一緒に提出してもらい「健康保険被保険者資格証明書」をもらいましょう。

今まで期間満了で退職した際、任意継続をしていたが、今回は任意継続をしても意味がないと言われたが理由を教えてほしい。

年齢を聞いたところ1月に75歳になるので手続をしても任意継続の保険証が届く前に75歳の後期高齢者の健康保険になってしまう。
12月分の保険料をただ払うだけになって継続しても意味がないということではないか?

現在休業補償給付を受けて休んでいて社会保険を掛けてもらっているが、退職の場合任意継続した場合の保険料はどれくらいになるか教えてほしい。

任意継続の保険料は、現在控除されている保険料の金額の倍である。
国民健康保険の金額を確認してどちらにするか判断するのが良い。

11月末日までの契約で5日間の有給休暇が残っているが11月中に使い切ることはできるのか教えてほしい。

季節労働者の場合、採用後6ヵ月後に10日間の有給休暇の権利が発生する。
しかし、4月1日に採用され、工事等の追い込み時期である10月から10日間の有休休暇を消化するのは難しいため、採用後有給休暇を与えるよう指導されている。
相談の内容からいくと、有給休暇は早めに与えられているようで有給休暇の5日間については取得可能であるが、時期的なものもあるので、事業主と話し合いをした方が良いのではないか。11月までの雇用期間であるが有給休暇消化後(12月に入って)に退職することも可能である。

出産育児一時金直接支払い制度を利用して妻が出産した。産院から貰った明細を見たら42万円未満だった

出産費用が42万円未満の場合は、出産育児一時金差額請求により差額の請求ができる。その際に、添付書類としては「出産育児一時金直接支払い制度利用確認書」「明細書及び領収書」等をコピーしたものを申請書と一緒に提出が必要。

主人が作業現場で朝礼中に倒れ、救急搬送された。病院より「限度額適用認定申請」の手続をするように言われたが、これは何なのか教えてほしい

以前は医療費等を窓口で支払い、その後高額医療費の申請をして医療費の自己負担限度額以上の医療費について返金の手続をしていたが、支払いが一時的にも高額になる場合があるので「限度額適用認定申請」をすることによって、自己負担限度額だけを病院の窓口で支払えば良いことになり、医療費負担の軽減をする制度である。

1 2

最低賃金について

病院で治療を受けたが注射と薬代で15万円近くかかってしまった。高額医療費の請求をしたいので教えてほしい。

高額医療費の請求は、一度自己負担して、限度額を超えた分をあとで払い戻してもらう制度。この場合、一時的でも持ち出すお金が多くなる。今後も、治療代等がこのような金額になるような場合は、「限度額適用認定」の申請をした方が良い。限度額適用認定とは、限度額までの支払でいい。

現在傷病手当を受けているが今月末で退職した場合、退職後も受けることは出来るか知りたい

退職後の傷病手当は、資格喪失日の前日までに継続して1年以上の被保険者期間がある人が、資格喪失時に傷病手当を受けているか、季節雇用の場合1年以上の被保険者期間がないため退職後の傷病手当は受けられない。

現在72歳なのだが雇用保険は掛けてもらえるのか知りたい

季節雇用の場合は、年齢に関係なく4カ月以上雇用の見込みの場合は雇用保険に入らなければいけないことになっている。

今月の社会保険料が先月より多く引かれているのは保険料の改定でしょうか?

保険料の改定は、健康保険3月、厚生年金9月となっているので、8月に保険料が変更されているとすれば、昇級した賃金の支払い月から3カ月の平均賃金が、従来の標準報酬月額より2等級以上の上昇があった場合7月から変更になり8月の給与から7月分の保険料となる。

作業中に足首を捻り労災保険の休業補償給付を受けたが退職したら休業補償給付は受けられるか教えてほしい

休業補償給付の請求の場合、事業主の証明印を押印しているが、退職をしていても医師の証明欄に労務不能の証明があれば休業補償給付の請求ができる。

先月分の給料に午後11時までの賃金が入っていなかったので、計算の仕方を教えて欲しい

休日出勤の場合は、始業時間から午後10時までは35%増、午後10時からは深夜残業になるので25%増になる。つまり、時間外も含めて始業時間から午後10時までは35%増で計算し、午後10時以降は60%増の計算になる。また、休日の振替というものもあるので、平日に休んでいるのであれば、休日を振替し、平日の計算の場合の時間外は25%増、深夜労働25%増で時間外と深夜労働が重なった場合は、50%増の計算になる。

今年の5月9日から勤務していたが、持病が出たため退職したら任意継続は出来るか教えてほしい

任意継続の要件として資格喪失日の前日まで継続して2カ月以上の被保険者期間が必要とされているので、6月に退職した場合は継続することが出来ない。

5月から勤務しているのに社会保険の手続きをしてくれないのはなぜか知りたい

4カ月以内の季節的勤務で雇用された場合、社会保険の被保険者になれないので、雇い入れの際にどのような雇用契約だったのかを確認する必要がある。また、当初から4カ月を超えて雇用される予定であったのなら、当然、社会保険に加入しなければならない。

5月1日から臨時的に働いていたが、連休明けに任意継続の保険料を納めたあとに、5月1日から雇用すると言われた。納めてしまった保険料は返金されるのか教えてほしい。

資格取得と保険料の納付の確認後に返金の手続きに必要な請求申請書が送られてくる。

現場に向かっている途中で追突されたが、労災保険の対象になるか教えてほしい

災害(交通事故)が第三者の行為によって生じたものは、「第三者行為災害」といい、第三者行為災害届を提出する事によって労災保険給付の請求ができる。しかし、自動車事故の場合、同一事由によるものについては、労災保険給付と自賠責保険等による保険金支払いとの間で、損害に対する二重の補填とならないよう支給調整が行われ、労災保険給付と自賠責保険等のどちらを先に受けるかについては、被災労働者が自由に選ぶことができる。

退職時に任意継続をしなかったが今からでも入れるか教えてほしい

健康保険任意継続は退職後20日以内に手続をすれば加入できる。ただ、保険料は勤務時に控除されていた健康保険料の倍額になるため、国民健康保険の保険料と比較して決めた方が良い。

期間満了前に自己都合で退職。6ヵ月の受給資格はあるが、給付制限中に一般で働いた場合、一時給付金はどうなるのか教えてほしい。

特例一時金は、退職した日の翌日から6ヵ月間が受給期限であり、受給期限を経過すると支給されない。
今回の場合は、給付制限中であり、働いているので特例一時金を受給することはできない。
しかし、受給要件を満たさず一般を退職し、前(季節雇用)の離職日から6ヵ月以内であれば受給期限の残日数により特例一時金の全部又は一部を受給することができる。

今月期間満了で離職するが、会社から任意継続するか聞かれたが任意継続保険とはどういうものか教えてほしい

任意継続とは、健康保険を継続することができる制度で、保険料は、現在控除されている保険料の倍額になる。継続するかどうかは、国民健康保険に切り替えた場合の保険料額と比較してから決めた方が良い。

9月1日~11日まで理由を言わず病気のために休んでいたが今からでも傷病手当の請求はできるのか教えてほしい。

傷病手当金の請求の際には、医者の「労務不能証明」が必要になるので、9月1日から11日迄の労務不能証明があれば請求できる。

国民健康保険加入の手続きで、喪失日を確認できる書類がないと言われた。

喪失日を確認する書類としては

  1. 退職証明書(退職した会社が発行したもの)
  2. 資格喪失確認通知書(日本年金機構が発行したもの)
  3. 離職票(ハローワークが発行)

などがある。離職票が届いていないのであれば、会社に「退職証明書」を発行してもらうのが早い。

既に6月分の任意継続の保険料を支払ったが6月5日に就職したため支払った保険料は戻ってくるのか教えてほしい。

任意継続の保険証を返納する際に「任意継続被保険者資格喪失申出書」を提出しなければならないので、この申出書を提出することにより、重複していた場合には、後日「還付請求書」が送られてくる。送られてきたら必要事項を記入し、返還請求すると保険料は返還される。

3月31日に退職し、3月分の給与明細書を見たら、社会保険料が2か月分引かれていたがどういうことか教えてほしい

前月分の社会保険を当月給料から控除する基本的な控除の仕方であるが、3月31日が休みになっているので本来ならば退職日は、3月30日で、喪失日は、3月31日となり、3月分の社会保険料は控除しない。1日の違いで保険料を個人が負担するかしないかという事になる。会社としては30日退職にした方が負担額も少なくなるので、会社は、従業員のことを考えて、あえて3月31日の退職、4月1日喪失にしたのではないだろうか。1日の違いで1カ月の厚生年金の期間が違ってくる。

会社から通年雇用助成金の対象労働者にしたいといわれたが、内容を教えてほしい

通年雇用助成金とは、季節労働者を通年雇用し、常用労働者にさせていく制度で、会社にとっては対象とした労働者に支払った賃金に対しての助成が有り、3年間は対象となる。
対象労働者にとっては、冬期間における失業がなくなり通年労働が保証される。但し通年雇用になり退職する場合は、失業給付は季節の一時金ではなくなる。

家族出産育児一時金差額申請はどのようにしたらよいか教えてほしい。

申請用紙に必要事項を記入し、出産確認証明をもらった後に健康保険協会に郵送すると良い。

11月に期間満了するが、来年度も作業員として働くのは無理だと退職時に伝えた方が良いのでしょうか?

事業所から、来年度も頼むと言われたら、ハッキリと自分の考えを伝えれば良い。敢えて言う必要も無いが、自分の考えを伝えるのは自由。

昨年5月より休業補償給付を受けているが、いつ頃まで受けることができるでしょうか?

休業補償給付については、「診療担当者の証明」欄の傷病の経過31欄に労務不労期間が証明されている間は可能であるが、診療日数があまり少ない場合は、労基署で調査した上で日数を決定する場合がある。基本的には、医師の労務不能証明がある間は、受給することが可能。

子供を病院に連れて行きたいが退職後はどうしたらよいのか教えてほしい

退職後は保険証の種類が変わるのでその旨を病院側に知らせておき、病院側から指示があると思うが、保険証の種類が決まったら病院側に知らせると良い。

健康保険の被扶養者にしている妻が働く場合の認定基準について教えてほしい

認定基準は、対象者の年収が①60歳未満は130万円未満、②60歳以上または障害者は180万円未満。60歳未満の妻であれば月額108,300円以下でなければならない事になっている。また所得税の被扶養者は、103万円以下になっているので、両方をクリアするのであれば月額85,833円以下にしなければならない。

自己都合で退職したが社会保険料を控除した場合不足額が生じる可能性があるのか教えてほしい。

社会保険料の場合、資格喪失日の属する月の保険料は控除できないが資格取得日と資格喪失日が同じ月の場合、1カ月として計算される。

4月3日付けで資格取得をしたが健康保健所がないため、病院へ行きたいがどうすれば良いか教えてほしい。

4月から5月上旬までは、資格取得の繁忙期になるので3週間ほどかかる場合があります。病院へ行くためには会社側に手続き中である事の証明書を作成してもらうか、一時的に10割の支払をし、保険証が来たら病院へ持参して7割を返金してもらう。今後、健康保険の資格取得をする際に「健康保険被保険者資格証明書交付申請書」も一緒に提出してもらい「健康保険被保険者資格証明書」をもらいましょう。

今まで期間満了で退職した際、任意継続をしていたが、今回は任意継続をしても意味がないと言われたが理由を教えてほしい。

年齢を聞いたところ1月に75歳になるので手続をしても任意継続の保険証が届く前に75歳の後期高齢者の健康保険になってしまう。
12月分の保険料をただ払うだけになって継続しても意味がないということではないか?

現在休業補償給付を受けて休んでいて社会保険を掛けてもらっているが、退職の場合任意継続した場合の保険料はどれくらいになるか教えてほしい。

任意継続の保険料は、現在控除されている保険料の金額の倍である。
国民健康保険の金額を確認してどちらにするか判断するのが良い。

11月末日までの契約で5日間の有給休暇が残っているが11月中に使い切ることはできるのか教えてほしい。

季節労働者の場合、採用後6ヵ月後に10日間の有給休暇の権利が発生する。
しかし、4月1日に採用され、工事等の追い込み時期である10月から10日間の有休休暇を消化するのは難しいため、採用後有給休暇を与えるよう指導されている。
相談の内容からいくと、有給休暇は早めに与えられているようで有給休暇の5日間については取得可能であるが、時期的なものもあるので、事業主と話し合いをした方が良いのではないか。11月までの雇用期間であるが有給休暇消化後(12月に入って)に退職することも可能である。

出産育児一時金直接支払い制度を利用して妻が出産した。産院から貰った明細を見たら42万円未満だった

出産費用が42万円未満の場合は、出産育児一時金差額請求により差額の請求ができる。その際に、添付書類としては「出産育児一時金直接支払い制度利用確認書」「明細書及び領収書」等をコピーしたものを申請書と一緒に提出が必要。

主人が作業現場で朝礼中に倒れ、救急搬送された。病院より「限度額適用認定申請」の手続をするように言われたが、これは何なのか教えてほしい

以前は医療費等を窓口で支払い、その後高額医療費の申請をして医療費の自己負担限度額以上の医療費について返金の手続をしていたが、支払いが一時的にも高額になる場合があるので「限度額適用認定申請」をすることによって、自己負担限度額だけを病院の窓口で支払えば良いことになり、医療費負担の軽減をする制度である。

1 2