乳がん検診

●2年に1度、町の乳がん検診を受けられます。
●岩内町にお住まいの方が対象です。

2年に1度町の乳がん検診を受けられます。
岩内町にお住まいの40歳以上の女性が対象です。

  • 乳房のはたらきとしくみ

    乳房には、母乳をつくり、運ぶ働きをする乳腺が乳頭を中心に15〜20個並んでいます。乳がんはこの乳腺にできるがんです。

  • 乳がんの状況

    40歳から50歳代の乳がんが増えています。
    乳がんは、閉経後の肥満や喫煙が関連すると言われています。また、運動や授乳、大豆製品の摂取がリスクを下げるとの研究があります。

  • 乳がん検診の方法

    マンモグラフィ(乳房のエックス線撮影)を実施します。
    ※マンモグラフィは乳房をプラスチックの板にはさみ、平らにしてエックス線写真をとる検査です。しこりになる前の早期の異常を発見できます

  • 検診の機会

    保健センターで指定の日にちに受診する「集団検診」、指定医療機関等で受ける「個別検診」、北海道対がん協会まで無料バスで送迎する「送迎バス検診」があります。ご都合の良い方法をお選びいただけます。→ 詳細は乳がん検診の受け方(PDF, 402.2KB)乳がん検診の受け方

  • 自分でできる乳がんの早期発見

    月に1回「自己触診」を行う習慣をつけて、異常がないかチェックしましょう。
    「触診」とは、手や指で体に触れて、診ることです。月経がある方は月経開始から1週間後、閉経後の方は毎月一定の日にちを決めて行います。
    自己触診の詳しい方法は、公益財団法人北海道対がん協会提供の資料をご覧ください。→ 資料「乳がんのセルフチェック」 (PDF, 389.5KB)資料「乳がんのセルフチェック」

    検診後でも新たにしこりを見つけた場合は、乳房の診察ができる外科を受診しましょう。

岩内町役場 民生部 保健福祉課 健康推進担当
045-8555 北海道岩内郡岩内町字高台134番地1
TEL0135-67-7086