交通事故にあったとき(第三者行為)

国民健康保険の加入者が、交通事故など「第三者(加害者)行為」により、ケガや病気で治療を受ける場合は、国保の保険証を使って治療を受けることができます。
しかし、原則、保険者(町)が立て替えた治療費は、本来ならば加害者が負担すべきものです。国保の保険証を使って治療を受けた場合は、必ず町に届出をしてください。

●交通事故以外の「第三者行為」の例

  • 他人のペットに噛まれたとき
  • 暴力行為を受けたとき
  • 飲食店で食べたものが原因で食中毒になったとき
  • スキーやスノーボード中の衝突事故

※労災保険が適用された場合は届出の必要はありません。

●届出に必要なもの

●示談は安易にしないこと

町に届ける前に、加害者から治療費を受け取ったり、示談で済ませてしまうと、加害者に請求ができなくなります。示談の前に、必ず町に届出をしてください。

民生部保健福祉課(医療保険担当)
TEL 0135-67-7084  FAX 0135-67-7104