避難行動要援護者の登録

風水害や地震などの災害時に、自力での避難が困難な方(避難行動要援護者)の安否確認や支援を行うことは重要な課題です。
もちろん、町、消防、警察などが総力を挙げて救助等を行うことになりますが、そうした方を災害から守るためには、地域の方々の協力を得ることも不可欠です。
そこで町では、いざというときに支援等に役立てるため、避難行動要援護者避難支援のしくみ作りを進めています。

<避難行動要援護者とは>

避難行動要援護者の対象となる方は、つぎの要件に該当し、かつ災害時の避難行動に支援を必要とする方です。
在宅で生活されている方のうち、

  1. 介護認定3以上の方
  2. 障がい者手帳1級・2級の方
  3. 知的障がいA1・A2の方
  4. 精神障がいで自立支援医療費支給認定の方
  5. 70歳以上で一人暮らし、または70歳以上のみの世帯の方

<町ではどんなことをしているの>

町では現在、避難行動要援護者の対象となる方を把握するため、台帳への登録作業を進めており、調査員が対象となる方へ個別に連絡し生活状況を伺っております。

<ぜひ私も登録したい>

災害時に支援を行うためには、そのような方々の情報を地域の方々に提供しなければ協力を得ることは難しく、また個人情報の取り扱いとなることから、ご本人に第三者への情報提供に同意していただく必要があります。
避難行動要援護者の対象となる方で、地域の方々への情報提供に同意していただける方は、次により申し込みをお願いいたします。

●申し込み先
岩内町役場防災交通担当
または62-1011までお申し込みください。
内容の説明と、現在の生活状況等を詳しくお聞きするため、後日調査員がお伺いいたします。