郷土館

北海道で古い歴史をもつ岩内町。貴重な展示品はもちろん、興味深い内容がいっぱい。

北海道で古い歴史をもつ岩内町。貴重な展示品はもちろん、国産最古のオルガンは実際に弾くことができます。夏目漱石の戸籍謄本は籍を22年間この町に置いた動かぬ証拠です。岩内大火の記録等、興味深い内容がたくさんあります。

住所:岩内町清住5-3 TEL: 0135-62-8020

開館時間/
午前9時から午後5時まで
休館日/
毎週月曜日 (祝日の場合は翌日)  ・ 12月から翌年3月

①岩内町郷土館は、冬期間(12月1日~3月31日)まで休館いたします。
②なお、研究や調査などご用がある方は下記にご連絡ください。
  指定管理責任者 坂井弘治 
  電話0135-63-2628(ファックス同じ)
  〒045-0002 北海道岩内郡岩内町字東山86-6 

■見所

映像コーナーでは…3つの映像が楽しめます。

  昭和初期の岩内・札幌風景
  岩内から札幌までの国鉄戦線風景
  大変珍しいもの-小樽港沖合いにある停泊中の日本海軍連合艦隊の軍艦群

展示コーナーでは…

  ◆岩内の歴史(産業・経済)

・ニシン建網(定置網)漁の模型

・江戸時代末期に茅沼炭鉱で使用した日本で最古の鉄製レールや北海道最古となる茅沼炭鉱の資料

・北海道最古のオルガン(自由に演奏できます)

・日本アスパラガスの栽培及び加工の技術を外国からとり入れ、始めて日本で栽培に成功。”日本のアスパラガスの発祥の地”の石碑などの資料。

・北海道最初の水力発電の資料

・サッポロビールの源となった野生ホップ発見の地の石碑や資料

・北海道で2番目の馬車鉄道関係資料

  
  ◆岩内の歴史(文化・文芸)

・北海道有形文化財の縄文土器

・22年間在籍した夏目漱石の戸籍謄本

有島武郎と「生まれ出づる悩み(umareizurunayami)」のモデルである孤高の画家木田金次郎(キダ-キンジロウ)の資料

・長田幹彦の遺品「岩内音頭」

・水上勉の岩内町をモデルにした飢餓海峡や岩内町大火資料

・隠れキリシタンのマリヤ像ではないかと言われる「子育て地藏尊」

・明治から昭和にかけて発行された岩内の地方新聞

岩内郷土館観覧料
区分 個人 団体(10名以上)
一般 岩内町に住所を有する人 100円 70円
上記以外の人 200円 150円
学生及び生徒(小中学生を除く。) 100円 30円
小中学生 50円 30円

観覧料は一人につき1日です。
就学年齢に達しない者は無料です。