北海道による「北海道日本海沿岸の津波浸水想定」の公表について

平成29年2月9日に開催された北海道防災会議地震専門委員会において、「北海道日本海沿岸の津波浸水想定」が公表されました。

今回公表された津波浸水想定は、あらゆる可能性を考慮し、発生頻度は低いものの、発生すれば甚大な被害をもたらす最大クラスの津波を新たに想定して、その津波があった場合の浸水の区域及び水深を設定したものです。

市町村別の津波浸水想定区域図も公表されておりますので、詳細については北海道のホームページをご覧下さい。
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/kn/sbs/nihonkai_tsunami-sinnsuisoutei.htm

岩内町では今後、この新たな津波浸水想定をもとに、地域防災計画の見直しや防災マップの見直しなど、津波防災対策への取り組みを進めていく予定です。