刀掛岩・雷電夕日

刀掛岩と背景の夕日のコントラストがなんとも美しく北海道らしさがでている。

弁慶が、雷電峠で休息した際、岩をひねって大刀を置いたという伝説や海岸で釣りをする際に大刀を掛けたという様々な伝説が伝えられてます。
岩内町のシンボル的な岩です。有島武郎文学碑からの写真は、絶好のスポットです。
●有島武郎文学碑はこちら